初心者入門 格安SIM 格安SIM 音声通話プランから選ぶ

IP電話の050ならデータSIMでも通話ができるの?

更新日:

SIMには大きく分けて通話SIMとデータSIMの2種類に別れています。通話ができるかできないかの違いなのですが、データSIMでもIP電話サービスを使用することで通話ができるようになります。今回は、そのIP電話について解説していきます。 まず、通話SIMとデータSIMの違いが分からない方は先に下の記事をご覧ください。

IP電話とは?

IP電話とは?
IP電話とは、インターネット回線を利用した通話サービスのことを言い、主にインターネットプロバイダーが提供しています。
IP電話はインターネットプロトコルという技術を利用し、IPネットワーク上で音声を届ける仕組みを構築しています。
通常の電話線の代わりにVoLPゲートウェイと呼ばれる装置を利用し、音声をデジタル化した音声パケットをつくります。
そして、VoLPゲートウェイが音声パケットを通話相手に送信し、音声パケットは、ルーターを通して通話相手に届けられます。
その後、相手側のVoIPゲートウェイへ届いた音声パケットが再構成され、その情報が電話機へ送られ、ようやく音声として聞こえるようになるのです。
非常に難しい仕組みで技術的な説明になってしまいましたが、この仕組みまでは理解する必要はありません。
簡単にまとめると、「音声をデジタル化し、インターネットを利用して相手に送る。そして、相手側で音声を再現する。」というものになります。 090や080などから始まる携帯電話番号や市外局番から始まる固定電話番号は、電話回線を利用しているため通話品質が安定していますが、インターネット回線を利用する050電話(IP電話)の通話品質はやや不安定になることがあります。 ただ、050電話(IP電話)を上手く利用することで毎月の通話料を大幅に抑えることができます。

IP電話のメリットは?

通話料金が安い

IP電話はインターネットを使用した電話となります。
そのため、国内・国外のどこへ電話しても一律の電話料金となります。
固定回線は、地域によって交換局と呼ばれる施設が設置されていて、そこを通過するたびに料金が発生しています。ですから、市内局番があったり距離によって料金に違いが出てくるのです。
一方、インターネットは世界中の人が共通に使えるものなので交換機を使わずに直接、相手と電話をすることができます。
そのため、固定電話や携帯電話回線とは違った仕組みとなりコストを抑えることができ安い通話料金を実現しています。

基本料金が安い

先ほど紹介しましたが、通話料金と同様に基本料金も安くなります。
docomoなどの大手通信キャリアの基本料金は2000円ほどです。
また、格安SIMでは月に600円ほどの音声通話をするために料金が上乗せされます。
しかし、格安SIMの回線を利用したIP電話サービスの多くは基本料金が無料となっています。
そのため、通話をした分だけの料金が支払えば良いので無駄が無くトータルの料金もかなり安くなります。

特定の電話番号がもらえる

主に、「050」ではじまる電話番号を取得することができます。 電話料金が安くてもLINE電話のように無料で通話ができても実際の電話番号がないと困る場合が多いです。
しかし、IP電話は自分の電話番号を取得できるので電話番号を人に伝えることもでき、使い勝手としては通常の090や080の電話番号と変わりありません。

IP電話のデメリットは?

通話の音質が悪い場合がある

先ほどの紹介したようにIP電話はインターネットを使用した通話となっています。 普段、インターネットを利用していても通信速度が遅いときがありますよね? それと同じようなことが通話でも起きる可能性があります。

データが使われてしまう

スマートフォンでアプリを使用するとデータ容量が使用されます。 同様にIP電話でも通話時間に応じてデータが消費されます。 目安としては、1分間の通話で約250KBのデータが使われます。 この点が通常の音声通話とは異なるので注意が必要です。

119・110・0120にかけられない

緊急通報は総務省が発信できる機器を規則として定めています。 しかし、IP電話はその規則に該当しないため緊急通報を発信することができません。 同様に0120のフリーダイヤルにも発信することができません。

050のIP電話が使える格安SIMは?

050のIP電話データSIMのある格安SIMは?
格安SIMで通話SIMではなくデータSIMを選択してもIP電話サービスを利用することでデータSIMでも音声通話をすることができます。
そんなプランが用意されている格安SIMを紹介します。

楽天モバイル

楽天モバイル 050

楽天モバイルの050データSIMのプランと料金

050データSIM月額料金
ベーシックプラン645円
3.1GBプラン1,020円
5GBプラン1,570円
10GBプラン2,380円
20GBプラン4,170円
30GBプラン 5,520円

楽天モバイルの050データSIMの特徴

楽天モバイルの050データSIMでは「050」からはじまる電話番号を取得することができ、番号通知機能もあります。 また、通話料金ですが携帯電話宛は1分10.60円・固定回線宛は1分3.24円で類似サービスと比較しても最安値の通話料金を設定しています。

イオンモバイル

イオンモバイル 050

イオンモバイルの050かけ放題の料金

格安SIMプラン月額料金
050かけ放題1500円

イオンモバイルの050かけ放題の特徴

イオンモバイルの050かけ放題のプランでは「050」の電話番号を取得することができます。 このプランは月額1500円の定額で国内の固定・携帯・IP電話への通話が定額制になるものです。 他のIP電話サービスとは違い、定額制でかけ放題のプランのみを提供していることが特徴になっています。

TONEモバイル

TONE電話
TONEモバイルは、基本プランにもともとIP電話が組み込まれていおり、電話回線を利用した090番号を使いたい場合は月額1,026円の「090音声オプション」に加入する必要があります。 そのため、090番号でなくても良い方は050番号を持つSIMの利用ができるようになっています。基本プランのIP電話はTONEモバイル同士なら通話料が無料で10分以内の国内通話が無料となる「TONE電話かけ放題オプション」は月額500円で加入することができます。

どの格安SIMでも使えるIP電話サービス

050 plus

050plus

050plusの料金

格安SIMプラン月額料金
050申し込み料金税込324円(最初の2ヶ月無料)
050の通話料金は一覧は以下の通りです。
通話相手通話時間料金
・050 plus
・OCN ドットフォン
・OCN ドットフォン オフィス
・Phone IP Centrex 等
-無料
一般の固定電話3分8.69円
国内の携帯1分17.18円
国際電話(アメリカ)1分9円
国際電話(中国)1分29円

050plusの特徴

OCNモバイルONE 050
050plusのみを単独で申し込むこともできますが、OCNモバイルONEのユーザーが050plusに申し込むと毎月150円のセット割引が適用されます。 050plusは「050」の電話番号が取得でき050plus同士なら通話料金が無料になるのが大きな特徴です。家族でこのプランに申し込めば家族間の通話が無料になるのでありがたいです。 また、NTT系の会社が運営するサービスのため通話品質が他のIP電話サービスより安定していると言う声も多く、知名度・利用者ともに多いです。

LaLa Call

LaLa Call
mineoを運営するケイ・オプティコムから提供されているIP電話サービス 月額108円で専用の050番号を取得することができます。また、mineoをご利用中であれば、毎月108円の割引がされるので基本料が実質無料となります。

LaLa Call の通話料

通話相手通話時間料金
LaLa Call
ビジネスLaLa Call
eoひかり電話
無料
携帯電話(国内)30秒8.64円
PHS(国内)1分21.6円
固定電話(国内)3分8.64円
国際電話1分アメリカ/6円

IP-Phone SMART

IP-Phone SMART
楽天モバイルを運営する楽天コミュニケーションズから提供されているIP電話サービス IP-Phone SMARTの特徴は月々の基本料金が無料と言うことです。IP電話を使用しなければ、料金は発生しません。 そのため、「もしものために」電話番号を持っておきたいと言う方にオススメになります。
通話相手通話時間料金
IP-Phone SMART
無料通話可能な050番号
無料
携帯電話・PHS(国内)
固定電話(国内)
有料の050番号
30秒8.64円
国際電話1分8円

まとめ:IP電話でお得に通話しよう!

今回はデータSIMでも050のIP電話サービスを用いて通話をする方法を説明しました。 このIP電話を利用することで既に安い格安SIMの料金をさらに安くすることができます。通話SIMより、データSIMの方が安いからデータSIMが良いけど電話番号を持ちたいと言う方にオススメです。 この際に検討してみてはいかがでしょうか?

-初心者入門, 格安SIM, 格安SIM, 音声通話プランから選ぶ
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.