初心者入門 格安SIM

データSIMにSMS機能は必要か?メリット・デメリットを解説

更新日:

データSIMにSMS機能は必要か?メリット・デメリットを解説
格安SIMには、通話SIMとデータSIMの2種類が大きな区別になりますが、データSIMにはSMS機能付きとSMS機能無しのものがあります。 SMSとは、ショートメッセージサービスの略称であり、電話番号でメッセージを送信できる機能のことを言います。 通話SIMには最初からSMS機能が備わっていますが、データSIMを選ぶ際にはSMS機能を付けるか付けないか決める必要があるので、今回はSMS機能について解説していきます。

SMS機能のメリット

LINEやゲームなどのアプリで認証が簡単

SMS機能を付けることでLINEやFacebookを利用する際の求められるSMS認証を問題なく行うことができます。 SMS機能がないと固定電話等を使用しての認証になるのでSMS認証よりも手間がかかります。 また、SMS認証は携帯電話の番号を使用して個人を認証する仕組みなので不正な利用を防止することができます。 そのため、安全性を高く保つことができます。

バッテリーの消費を抑えられる

最近ではあまり目立たなくなりましたが、以前まではSMS機能無しのスマホはSMS機能有りのスマホよりバッテリーの消費が激しいことがありました。 データSIMの場合、電話番号を持たないため「音声回線」と認識される場合があります。
そうなると、常に圏外状態になり通信が行われているか把握できなくなります。 また、常に電波をキャッチしようとして接続先を探し続けるのでバッテリーの減りが早くなります。 格安SIMの普及により、この問題も解決されつつありますが端末によっては解決されていないようなのでバッテリーを長持ちさせるためにもSMS機能を付けておくべきと言えます。

他のスマホにメッセージを送信できる

電話番号を使ってメッセージを他のスマホや携帯に送信することができます。
LINE等のメッセージアプリを普段から使用していても思ったより、SMSでのメッセージは使うことが多いです。
仕事や連絡手段でこの機能をよく使う方にはSMS機能は必須でしょう。

2段階認証でセキュリティの向上

ネットショッピングやネットバンキングなどのサービスではセキュリティが重視されIDとパスワードに加えて、SMSでの2段階認証を行うことを強く勧めています。 SMSでの2段階認証を行うことで、セキュリティがより高まります。

GPSの感度が高まる

GPS機能が搭載されていいるスマホは内蔵されているGPSセンサーの他に携帯基地局の位置情報も使われています。 携帯基地局がカバーする範囲は、通常は半径500m〜1kmと言われ、SMSが付いていれば、まず近くの携帯基地局の情報をキャッチすることができるので、GPSセンサーが位置情報を探すときに範囲が絞られ、感度が高まります。

SMS機能のデメリット

月額料金が少し高くなる

データSIMにSMS機能を付けると月々の料金が140円ほど高くなります。
また、SMS機能は途中で変更することができません。 つまり、データSIMを契約する際にSMS機能の有無を選択したら、途中でSMS機能の変更ができなく一度解約する必要があるのです。

まとめ:月100円払ってもSMSは付けるべし!

SMS機能を付けることでデメリットになるのは月額料金が若干高くなるだけです。
しかし、SMS機能がないことで困る場面が多く想定できます。 また、SMS機能の契約変更を行うこともできないので基本的にはSMS機能有りで申し込むのをオススメします。


▼人気の格安SIMはこちら▼

スポンサーリンク

-初心者入門, 格安SIM
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.