ユーザー登録(無料)
ログイン

格安SIM

【実体験】BIGLOBEモバイルのメリット・デメリット、1年使ってわかった本当の使い勝手


投稿日:

BIGLOBEモバイルのメリット・デメリット


BIGLOBEは、25年以上の歴史を持つ老舗のプロバイダ(インターネットへの接続サービスを提供する業者)。

そのBIGLOBEの格安SIMサービスが「BIGLOBEモバイル」です。

「BIGLOBEモバイル」は、Youtube・Spotifyといった動画・音楽サービスのデータ通信量がノーカウントとなる「エンタメフリーオプション」、家族や複数台でパケットを分け合える「シェアSIM」、家族で利用すると2回線目以降の月額料金が200円引きとなる「家族会員サービス」が特長の格安SIMです。

BIGLOBEは老舗のプロバイダということだけでなく、au(KDDI)の子会社でもあるため、ユーザーは安心&信頼して「BIGLOBEモバイル」を利用することができます。

そんなBIGLOBEモバイルを1年以上利用してきた筆者が、実際に使ってみて感じたメリットデメリットを紹介していきます。

BIGLOBEモバイルが気になる方は必見の内容です!

ぜひ、最後までご覧下さい!

BIGLOBEモバイルのデメリット

初めに、BIGLOBEモバイルのデメリットについて解説していきます。
BIGLOBEモバイルのデメリット
BIGLOBEモバイルのデメリットは以下の6つです。
  • キャリアメールが使えない
  • LINEのID検索ができない
  • サポートが受けられる実店舗がない
  • データSIMで1GBのプランが利用不可
  • 通信速度の切り替え(高速⇔低速)ができない
  • エンタメフリー・オプションで高画質な動画が視聴できない
順番に一つ一つ見ていきましょう。

キャリアメールが使えない

BIGLOBEモバイル キャリアメールが使えない
BIGLOBEモバイルでは、
ドコモ・au・Softbankといった
キャリアのメールアドレスを引き続き利用することができません

しかし、BIGLOBEモバイルでは、「BIGLOBEメール」が用意されているため、キャリアメールのように利用することができます。

BIGLOBEモバイルでは、契約時に自分の好きなメールアドレスを作成できます。

ただし、メールアドレスの変更には300円(税別)/回かかるので、契約前にメールアドレスを決めておくのがおススメです。

LINEのID検索・年齢認証ができない

LINEのID検索・年齢認証ができない
BIGLOBEモバイルに限った話ではありませんが、ほとんどの格安SIMでは友達登録時に使用するLINEのID検索や年齢認証は利用できません

ただ、URLやQRコードでは友だち登録ができるので、そこまで問題はないでしょう。

どうしても、LINEのID検索・年齢認証が必要な場合は、大手キャリア(docomo・au・Softbank)もしくはLINEモバイルをおススメします。

サポートが受けられる実店舗がない

サポートが受けられる実店舗がない
大手キャリアには、docomoショップ・auショップ・Softbankショップといったキャリアショップがあるため、トラブルがあった時にお世話になる方も多いのではないでしょうか。

しかし、BIGLOBEモバイルにはキャリアショップのような店舗はありません。

専門のショップでサポートを受けたい方は、Y!mobileをおすすめします。

docomo・auの2つの回線を契約できる店舗が少ない

docomo・auの2つの回線を契約できる店舗が少ない
BIGLOBEモバイルは、au・docomoの2つの回線から好きな方を選択できますが、docomo回線しか契約できない店舗が非常に多いため注意が必要です。

契約は取り扱い店舗でも行えるため、初期設定で不安な方は、au直営店(au SHINJUKU、au UENO)・家電量販店・併売店等を利用するのが良いかもしれません。

筆者が契約した都内の超大型家電量販店の場合、公式HPには、au・docomoの回線が契約可能と表記されていたものの、実際はdocomo回線しか契約できませんでした。

そのうえ、その日はBIGLOBEの担当者が休みで契約できず、翌日に同店で契約することになりました。

そのため、オンラインでの契約がおすすめです。

詳しくは後ほど紹介しますが、「自宅訪問設定サービス」が無料で受けられるため、初期設定で困ってもすぐに解決できます。

データSIMで1GBのプランが選択不可

データSIMで1GBのプランが選択不可
音声通話SIMでは、1GB/3GB/6GB/12GB/20GB/30GBからパケット容量を選択できますが、データSIMの場合、1GBのプランは選択できません

ただ、データSIM利用者はデータ容量を求めて契約するため、そこまで気にする必要はありません。

通信速度の切り替え(高速⇔低速)ができない

UQ mobile、OCN モバイル ONE、mineo、IIJmioなどの格安SIMでは、高速モードとパケットを消費しない低速モードを切り替えることができますが、BIGLOBEモバイルでは通信速度の切替はできません

LINEなどの送受信程度なら、低速モードでも問題ありません。

非常に便利な機能なだけに残念です。

通信速度の切り替えが必要な方は、BIGLOBEモバイル同様、通信速度が安定しているUQmobileがおすすめです。

エンタメフリー・オプションは制限あり

BIGLOBEモバイル エンタメフリー・オプション
エンタメフリー・オプションはYouTube、Apple Musicなどの対象サービス(全22種類)をどれだけ使っても通信量がノーカウント(消費しない)となるオプションです。

パケットの消費が多い「動画や音楽」でパケットの消費がゼロ

こんな神ったオプション、他社には存在しません。

パケットが消費しない全22種類の対象サービスは以下の通りです。

動画配信
(動画視聴のみ)
YouTube
ABEMA
U-NEXT
YouTube Kids
音楽・ラジオ配信
(音楽再生/ラジオ聴取のみ)
Google Play Music
YouTube Music
Apple Music
Spotify
AWA
Amazon Music
LINE MUSIC
radiko
らじる★らじる
dヒッツ
RecMusic
楽天ミュージック
電子書籍配信
(閲覧・ダウンロードのみ)
dマガジン
dブック
楽天マガジン
楽天Kobo
その他のアプリFacebook Messenger
au PAY マーケット

皆さんが普段利用しているサービスも多く含まれているのではないでしょうか。

嬉しいお知らせで、2020年8月24日にショッピングサイト「au PAY マーケット」もエンタメフリー・オプションの対象になりました。

ただし、デメリットが2つあります

  1. エンタメフリー対象外となる場合がある
  2. 動画の画質・音楽の音質に制限(規制)がある
それぞれ解説していきます。


1.エンタメフリー対象外となる場合がある


エンタメ―フリーの対象サービスであっても、次の機能はエンタメフリー機能の対象外となります。

全サービス共通で、次の場合は対象外となります。

  • エンタメフリー機能を「オフ」に設定している場合
  • 公式アプリ以外での利用
  • 動画配信サービスや音楽・ラジオ配信サービスでの動画・音声の再生以外の操作に伴う通信
  • 複数台端末・複数アプリでのエンタメフリー対象サービスの同時利用
  • VPN(Virtual Private Network)プロキシサーバを介した通信
  • エンタメフリー対象サービスからの外部リンクへの接続

    エンタメフリー機能を「オン」にしていない場合や、公式アプリを使用していない場合は対象外になるため利用前は注意しましょう。

    複数台での同時利用ができないため、複数人での利用もできません。

    また、サービスごとにエンタメフリー・オプション対象外の機能もあります。
YouTube動画、音楽等のコンテンツのアップロード
U-NEXTダウンロード機能
Apple Musicビデオの再生
Spotifyポッドキャストに係る通信
Amazon Musicブラウザ上での再生
LINE MUSICダウンロード機能、動画の視聴
dヒッツdミュージックで購入した楽曲のダウンロード
RecMusic動画の視聴
Facebook Messengerビデオ通話、第三者が提供しているGIFやゲームなどのコンテンツ
au PAY マーケット動画視聴、特設ページの閲覧、購入手続き、アカウント管理、レビュー投稿、関連サービスの利用

動画・音楽に対応しているサービスやダウンロード機能を利用する場合は、事前に確認しましょう。

au PAY マーケットは、エンタメフリーに対応はしたものの、対象外の機能が多いため、注意が必要です。


2.動画の画質・音楽の音質に制限がある


各対象サービスの視聴において推奨する品質は以下のとおりです。

YouTube[画質 自動設定]
(視聴可能な画質: 360p以下)
ABEMA[画質設定 最低]以下
Google Play Music[ストリーミングの質:標準]以下
Apple Music推奨品質の指定なし
Spotify[音質 標準音質]以下
AWA[ストリーミング音質 Normal]以下
radiko.jp推奨品質の指定なし
Amazon Music[ストリーミング音質 低]以下
U-NEXT[画質 最低画質]
YouTube Kids[画質 自動設定]
(視聴可能な画質: 360p以下)
YouTube Music[モバイルネットワーク使用時の音質 標準]以下
LINE MUSIC推奨品質の指定なし
らじる★らじる推奨品質の指定なし
dヒッツ推奨品質の指定なし
RecMusic推奨品質の指定なし
楽天ミュージック推奨品質の指定なし

一覧の通り、エンタメフリー・オプションはスマートフォンを対象としたサービスのため、タブレットなどの大画面での視聴、ブラウザによる視聴、高品質な動画・音声の再生には適していません

エンタメフリー・オプションは、利用する機器、電波の状態、回線の混雑状況、利用エリアなどにより画質・音質の低下や、再生の停止が発生します。

8〜9時、12〜13時、18〜20時の時間帯はネットワークが混雑するため、エンタメフリー利用時の通信速度は遅いです。

1080pや720pといった高画質での動画視聴や高音質での音楽視聴は厳しいのが現実です。

エンタメフリー・オプションのメリットについては後ほど紹介します。

BIGLOBEモバイルのメリット

BIGLOBEモバイルのメリット
BIGLOBEモバイルのメリットは以下の15個です。

  • ドコモとauの2つの回線に対応
  • BIGLOBEモバイルは通信速度が速い
  • 安くてシンプルな料金プラン
  • シェアSIMが安い
  • 家族会員サービスを利用すると毎月200円引き
  • パケットが翌月まで繰り越し可能
  • 6GB以上のプランでBIGLOBE Wi-Fiが無料
  • BIGLOBEでんわで通話代節約
  • 通話オプションが豊富に用意されている
  • エンタメフリー・オプションで動画・音楽が楽しみ放題
  • BIGLOBEモバイルと光回線のセット割で毎月最大500円引き
  • 公式アプリが便利
  • 自宅訪問設定が無料
  • オプションの無料期間終了前にお知らせメール
  • 非常にお得なキャンペーンを実施中
BIGLOBEモバイルのメリットを順番に一つ一つ見ていきましょう。

ドコモとauの2つの回線に対応

元々、BIGLOBEモバイルでは、ドコモ回線(タイプD)しか提供されていませんでしたが、2017年10月10日からau回線(タイプA)の提供も開始しました。

2017年1月31日に、ビッグローブがKDDI(au)の子会社になったことも影響しているかもしれません。

ユーザーがau、docomoの回線から選択できるのは嬉しいですね。

ただし、「データSIM(データ通信のみ)」「ご自宅訪問設定」「光回線のセット割」はdocomo回線のみのサービスです。

BIGLOBEモバイルは通信速度が速い

BIGLOBEモバイルは通信速度が速い
BIGLOBEモバイルは、「タイプA」「タイプD」のどちらも通信速度は速いです。

BIGLOBEはKDDI(au)の子会社であるためか、「タイプA」と「 タイプD」の通信速度を比較すると、「タイプA」の方が速い傾向にあります。

少しでも通信速度が速い方が良いという方には、
「タイプA」をおすすめします。

タイプAでの混雑する時間帯(8時/12時/15時/18時/22時)の通信速度の平均は、ダウンロード(下り)速度が37.3Mbpsと、10月にauのサブブランドとなる「UQmobile」32.0Mbpsを上回っていました。

一日を通して、ダウンロード速度で10.0Mbpsを下回ることはなかったため、格安SIMとしては非常に安定していると言えます。

他の格安SIMとも通信速度の比較も行っています。

気になる方は、以下の記事をご覧下さい。

安くてシンプルな料金プラン

安くてシンプルな料金プラン
BIGLOBEモバイルのSIMのカードタイプは、タイプA(au 4G LTE回線)、タイプD(NTTドコモ回線)から選べます。

タイプごとに月額料金が異なる格安SIMもありますが、BIGLOBEモバイルでは、タイプA・タイプDとも同一料金となっています。

プラン種別 音声通話SIM データSIM
音声通話+データ通信+SMS
(タイプA タイプD)
データ通信+SMS
(タイプA タイプD)
データ通信のみ
(タイプD)
1GB 1,400円
3GB 1,600円 1,020円 900円
6GB 2,150円 1,570円 1,450円
12GB 3,400円 2,820円 2,700円
20GB 5,200円 4,620円 4,500円
30GB 7,450円 6,870円 6,750円

1GBのプランは「音声通話スタートプラン」として提供されているため、データSIM(音声通話不可)での契約はできません。

データSIMには「データ通信+SMS」「データ通信のみ」の2タイプがありますが、「データ通信のみ」を希望する場合はタイプDしか選択できません

現在、BIGLOBEモバイルでは、音声通話SIM3GB以上で、6カ月間1,200円/月値引きとなる非常にお得なキャンペーンが行われています。

プラン種別 音声通話SIM
(タイプA タイプD)
データSIM
サービス開始月 サービス開始翌月
(1カ月目~6カ月目まで)
7カ月目以降~ データ通信+SMS
(タイプA タイプD)
データ通信のみ
(タイプD)
1GB 1,400円 1,400円 1,400円
3GB 0円 400円 1,600円 1,020円 900円
6GB 950円 2,150円 1,570円 1,450円
12GB 2,200円 3,400円 2,820円 2,700円
20GB 4,000円 5,200円 4,620円 4,500円
30GB 6,250円 7,450円 6,870円 6,750円

そのため、音声通話SIMよりも月額料金の高いデータSIMを契約するメリットはほとんどありません(6カ月間のみ)。

BIGLOBEモバイルのシェアSIMが安い

BIGLOBEモバイルのシェアSIMが安い
BIGLOBEモバイルのシェアSIMは、契約したデータ容量を複数の端末でデータシェアできるサービスです。

主SIMで契約したデータ通信容量を、複数の端末で分け合えることができます。

シェアSIMカード
(音声)
シェアSIMカード
(SMS)
シェアSIMカード
(データ)
900円/月320円/月200円/月

※ シェアSIMカード(データ)については、タイプA(au回線)の用意はありません。


データSIMなら初期費用+200円(税別)/月~で追加可能です。

スマホ・タブレット・ゲーム機など複数台での利用にオススメです。

ただし、シェアSIMはキャンペーン適用外ですのでご注意ください。

家族会員サービス(家族割)を利用すると毎月200円引き


家族でBIGLOBEモバイルをご利用すると、2回線目以降の月額料金が毎月200円引きとなります。

他社では「家族割」と呼ばれるサービスです。

音声通話3GBのプランならずーっと1400円(税別、初期費用・通話料別)で利用できます。

同居している家族や離れて暮らす家族まで、みんなでおトクに使えます。

家族会員サービスは、シェアSIMと異なり、一人一人、必要なデータ通信容量で契約できるため、家族内でパケットの取り合いなどの問題が起きません。

家族会員サービスは、キャンペーンも適用可能なので、シェアSIMよりおススメです。

パケットが翌月まで繰り越し可能

パケットが翌月まで繰り越し可能
BIGLOBEモバイルでは、使い切れずに余ってしまったデータ通信容量を翌月に繰り越すことができます。

ただし、翌々月以降には繰り越されず消滅します。

パケットは、翌月に繰り越した通信容量から優先的に消費されます。

また、使い切れなかったボリュームチャージ(課金によるチャージ分)は繰り越しされますが、データ通信量特典による通信容量は翌月に繰り越されません。

「BIGLOBEモバイル」の高速データ通信容量は、次の順番で消費されます。
BIGLOBEモバイル 高速データ通信容量 順番 消費
  1. 高速データ通信容量(前月の繰り越し分)
  2. 高速データ通信容量(プラン付与分)
  3. データ通信量特典
  4. ボリュームチャージ
少しわかりにくいため、6GBのプランを契約した場合を考えてみましょう。

BIGLOBEモバイル 繰り越し
【1月】 4GB使用

プラン容量(6GB)-1月利用量(4GB)=余り2GB
 →翌月の繰り越し容量(2GB)

【2月】 1GB使用

プラン容量(6GB)+1月の繰り越し容量(2GB)-2月利用量(1GB)=余り7GB
 →翌月の繰り越し容量(6GB)

※ 繰り越しの上限は、契約プランの容量になります。


この場合は6GBが上限のため、1月(前々月)の繰り越し容量を除いた6GBが繰り越しされます。

すべての容量が繰り越されるわけではないので注意が必要です。

6GB以上のプランでBIGLOBE Wi-Fiが無料

BIGLOBEモバイル 6GB以上のプランでBIGLOBE Wi-Fiが無料
BIGLOBE Wi-Fiは、全国約85,000スポットのアクセスポイントを利用できるインターネットサービスです。

BIGLOBEモバイルで6GB以上のプラン(6GB/12GB/20GB/30GB)を契約すると、1ライセンス(通常250円(税別)/月)が無料で付与されます。

BIGLOBE Wi-Fiは、1ライセンスにつき端末1台で利用することが可能です。

BIGLOBE Wi-Fiは、スターバックス・ドトールカフェ・サンマルクカフェ・タリーズといったカフェやロッテリアなどのファーストフード店、鉄道主要駅、空港、商業施設などで利用できます。

BIGLOBE Wi-Fiは、以下のステッカーがある場所で利用できます。

BIGLOBE Wi-Fi

皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか?

データ量制限なしのWi-Fiでモバイル通信量を節約しましょう。

専用アプリ(無料)をインストールしておけば、エリアに入ると自動でBIGLOBE Wi-Fiに接続されます。

BIGLOBEでんわで通話代節約

BIGLOBEでんわで通話代節約
「BIGLOBEでんわ」は、電話番号そのままスマホからの国内通話料が半額になるオトクなサービスです。

BIGLOBEでんわで電話をすれば、通常30秒20円(税別)の国内通話が半額の30秒9円(税別)で利用できます。

ただし、国際通話は一律30秒20円(不課税)、衛星通話は一律30秒200円(不課税)で半額にはなりません。

BIGLOBEでんわは、アプリストアから専用アプリをダウンロードすれば簡単に使えます。

iOS搭載端末(iPhone、iPadなど)はApp Store、GMS(Google モバイル サービス)が利用できるAndroid搭載端末はGoogle Playからアプリをダウンロードできます。
BIGLOBEでんわ
BIGLOBEでんわ
開発元:BIGLOBE Inc.
posted withアプリーチ
ただし、GMS非対応(HMS(Huawei モバイルサービス)対応)のHUAWEI端末では利用できないため注意が必要です。

BIGLOBEモバイル HMS(Huawei モバイルサービス)を搭載したHUAWEI端末
HUAWEI Mate 30 Proに搭載されているアプリストア「AppGallery」でBIGLOBEでんわを検索したところ、アプリ自体は存在しますが、準備中で利用できない状態です。(2020年8月25日現在)

選べる通話オプション

BIGLOBEモバイル あなたにピッタリ 選べる通話オプション
選べる通話オプションとは、「BIGLOBEでんわ」アプリを利用した通話が一定時間定額で利用できるオプションサービスで、音声通話SIM契約の方が利用できます。

使い方に合わせて、以下の4種類のオプションから選択できます。

オプション名サービス内容月額利用料
3分かけ放題BIGLOBEでんわで3分以内の国内通話が何度でも可能600円
10分かけ放題BIGLOBEでんわで10分以内の国内通話が何度でも可能830円
通話パック60BIGLOBEでんわで1,080円分の国内通話(最大60分)が利用可能600円
通話パック90BIGLOBEでんわで1,620円分の国内通話(最大90分)が利用可能830円

通話オプションは4種類あるものの、残念ながら、10分を超えた通話がし放題となる「通話し放題オプション」はありません

また、選べる通話オプションは1つまでしか適用できない上、月途中で変更することもできません。

翌月以降の選べる通話オプションを変更する場合は、現在利用中の通話オプションを一旦解約手続きを行い、翌月に別の「選べる通話オプション」を申し込む必要があります。


月末に申し込めば、月初からの通話料に適用
選べる通話オプション 月末に申し込めば、月初からの通話料に適用
通話が多かった時は、月末に申し込んでも申し込み月初までさかのぼってオプション料金が適用されます。

かなりうれしいサービスですね。

たくさん電話をした場合でも、後日通話オプションに加入すれば、オプションが適用できます。


通話時間が増えた時だけ申し込める
選べる通話オプション 通話時間が増えた時だけ申し込める
一時的に通話が増えるなど、利用するタイミングにオプションを申し込み・解約することができます。

通話が多くなってしまった月のみ後日オプションに加入し、翌月はオプションを利用しないといった効率の良い使い方も可能です。

GMS非対応(HMS(Huawei モバイルサービス)対応)のHUAWEI端末

GMS非対応(HMS(Huawei モバイルサービス)対応)のHUAWEI端末では「選べる通話オプション」も利用できない可能性が高いです。(2020年8月25日現在)

エンタメフリー・オプションで動画・音楽が楽しみ放題

エンタメフリー・オプション
デメリットの項目でも解説しましたが、エンタメフリー・オプションは、定額料金でデータ通信量の制限なく、YouTubeやSpotifyなど対象の動画や音楽が楽しみ放題となるスマホ向けオプションサービスです。

エンタメフリー・オプションは、3GB以上のプランで加入することが可能で、音声通話SIMなら480円(税別)/月、データSIMなら980円(税別)/月の定額料金で利用できます。

エンタメフリー・オプションは、速度規制や対象外の機能があるものの、約500円(音声通話SIMの場合)で全22種類の対象サービスのデータ消費量がノーカウントとなるのは非常に魅力的なオプションです。

しかも、今、音声通話SIMを契約(初回申込のみ)すれば、480円(税別)/月のエンタメフリー・オプションが最大6カ月も無料になるキャンペーンが実施中です。

BIGLOBEモバイルと光回線のセット割で毎月最大500円引き

BIGLOBEモバイルと光回線のセット割で毎月最大500円引き
「光☆SIMセット割」は、BIGLOBEの対象の光回線(ビッグローブ光、またはフレッツ光)とBIGLOBEモバイル(格安SIM・スマホ)をどちらも利用すると、毎月の利用料金が割引となるサービスです。

「光☆SIMセット割」の適用にはエントリーが必要です。

エントリーの翌月から、ビッグローブ光の場合は永年月額300円割引、フレッツ光の場合は永年月額100円割引が適用されます。

また、「光☆SIMセット割」を適用するためには、BIGLOBEモバイルで3GB以上のプランであるタイプD(docomo回線)を利用している必要があります。(タイプA(au回線)は割引対象外)

BIGLOBEモバイルを複数回線している場合でも、割引額は、光回線サービス1回線につき、1台までです。

BIGLOBEモバイルのみを利用する場合、「ベーシック」コースの月額料金200円(税別)/月を含んだ料金体系となっています。

対象の光回線サービスもセットで利用すると「ベーシック」コース200円/月が不要となり、「光☆SIMセット割」とあわせて月額最大500円も安く利用できます。


【「ベーシック」コースとは】

「ベーシック」コースは、インターネットを利用するための基本的な機能を備えた接続コースです。

月額基本料金200円(税別)/月で、メールアドレス1つ、メール容量5GBを利用できます。



BIGLOBEモバイルと光回線のセット割の割引額(税抜)をまとめると以下のようになります。

  光☆SIMセット割 ベーシックコース分 割引額合計
ビッグローブ光 300円 200円 500円
フレッツ光 100円 200円 300円

BIGLOBEモバイルの公式アプリ「My BIGLOBE」が便利

BIGLOBE会員向けアプリ「My BIGLOBE」を利用すると、通信残量・利用明細・Gポイント残高・お得なクーポンなどを確認できます。

パケットの消費量は、今月分をまとめて見られるだけでなく、1日単位の通信量をグラフで確認することもできます。

ただし、データ残量の反映にはタイムラグが生じます。

その他には、請求金額、音声通話SIM+端末購入特典で付与される「Gポイント」の残高が確認できます。


Gポイントは、BIGLOBEの利用料金支払い(交換受付が完了した翌月の請求分より適用)に充てられるだけでなく、120種類の銘柄(業界最大級)にも交換できます。

また、My BIGLOBEでは、飲食店を中心としたオトクなクーポンも配布されています。

BIGLOBEモバイル ご自宅訪問設定が無料

BIGLOBEモバイル ご自宅訪問設定が無料
「キャリア(ドコモ、au、Softbank、楽天モバイル)から格安SIMに乗り換えたいけど不安だな・・・」

「コロナが心配。自宅で行う開通作業や初期設定をサポートして欲しい」


と思う方もいるのではないでしょうか。

でも、BIGLOBEモバイルなら安心です。

熟練したスタッフが、全国どこにでも来てくれます。

しかも、出張サービス料が無料!!

東京都・埼玉県に在住の場合は、前日14時までの受付で翌日の訪問も可能なようです。

【出張サービスのサポート内容(一例)】

  • 申し込んだ回線の開通作業
  • スマートフォンのSIMカードの設定および動作確認
  • 各種オプションの説明
  • スマートフォンの基本的な使い方
  • スマートフォンの利用に必要な情報の登録や初期設定のサポート(※)

(※)端末の初期設定、Googleアカウントの取得・設定、My BIGLOBE アプリのインストール、Wi-Fi・メールの設定、LINEの新規登録など 無料にも関わらず、スマートフォンが利用できる状態までサポートしてくれます。

ただし、サービスの対象は、タイプD(NTTドコモ回線)の音声通話SIMを契約する方のみです。

タイプA(au回線)の音声通話SIMやデータ通信SIMは「BIGLOBEモバイル ご自宅訪問設定」のサービス対象外のため注意が必要です。

オプションの無料期間終了前にお知らせメール

「無料期間に釣られて有料のオプションを契約したけど、気付いたら課金されてた!」

なんて方いませんか?

筆者はいつも請求書も見て気付くパターンです(泣)

BIGLOBEモバイルは非常に親切で、オプションの無料期間・値引期間が終了する前にメールで教えてくれます

しかも、タイトルに「【重要】」とまで書かれていたら、見に行きますよね。

BIGLOBEがユーザーを大切にしているのがよくわかる事例ではないでしょうか。

また、BIGLOBEのマイページでも、オプションの無料期間・値引期間を確認することはできます。

非常にお得なキャンペーンを実施中

非常にお得なキャンペーンを実施中

セキュリティセット・プレミアムが最大6カ月無料

セキュリティセット・プレミアムが最大6カ月無料
McAfee(マカフィー)の技術で、不正アプリ・ウイルス対策、スマホ紛失対策、パスワード管理が行える「セキュリティセット・プレミアム」が最大6カ月間無料で使えます。

セキュリティセット・プレミアムは月額380円(税抜)のため、6カ月で2,280円相当(税抜)オトクに使えます。

セキュリティセット・プレミアムは、追加料金なしでWindows / Android / Mac / iOSを搭載したPCやスマートフォンなど、最大3台までまとめて守ってくれます。


音声SIMの契約でエンタメフリー・オプションが最大6カ月無料

音声SIMの契約でエンタメフリー・オプションが最大6カ月無料
音声通話SIM(3GB以上のプラン)を契約すると、YouTubeなど対象の動画や音楽が楽しみ放題となる「エンタメフリー・オプション」が最大6カ月無料となります。

音声通話SIMの場合、エンタメフリー・オプションは月額480円(税抜)のため、6カ月で2,880円相当(税抜)になります。


音声通話SIM+端末セット購入で14,500円分のポイント進呈

音声通話SIM+端末セット購入で14,500円分のポイント進呈

音声通話SIMと対象端末をセットで申し込むと14,500円相当のポイント(Gポイント)が還元されます。

2020年8月25日には、Xiaomiの人気スマートフォン「Mi Note 10 Lite」も追加されました。

BIGLOBEモバイルのおすすめ機種は下記の記事で紹介していますので、機種選びで悩んでいる方はぜひご覧ください。


音声通話SIMの契約で月額料金が6カ月間毎月1,200円引き

音声通話SIMの契約で月額料金が6カ月間毎月1,200円引き
新規申込またはSIMカードの変更で、音声通話SIM(3GB以上のプラン)を利用すると、6カ月間1,200円(税抜)/月値引きされるため、6カ月で7,200円(税抜)相当の割引です。

そのため、音声通話SIMの3ギガプランなら、6か月間月額400円(税別)で利用できます。

今回紹介したキャンペーンの詳細は下記の記事をご確認ください。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンがどれくらいお得なのかを表にまとめると・・・

キャンペーン 還元額(税込)
端末セット割引 14,500円
月額割引 7,920円
エンタメフリー・オプション 3,168円
セキュリティセット 2,508円
【合計】 28,096円

端末セット割引の還元がポイント(非課税)であるため、この表に限り、価格はすべて税込み表記です。

なんとビックリなことに、今契約するだけで、約28,000円分の特典が受けられます。

キャンペーンも今月で終了です!!

お急ぎ下さい!!

【まとめ】BIGLOBEモバイルのメリット・デメリット

【まとめ】BIGLOBEモバイルのメリット・デメリット
ここまで、長々とBIGLOBEモバイルのメリット(良い点)・デメリット(悪い点)を紹介してきました。

BIGLOBEモバイルは、大手キャリアと比べると「LINEのID検索ができない」「専門のショップがない」など細かなデメリットがありました。

しかし、BIGLOBEモバイルは、デメリットを吹っ飛ばすほどメリットが多い格安SIMです。

BIGLOBEモバイルは通信速度が速くて、サポートも手厚い

さらに、28,000円相当の割引があるため、非常に安く、オトクに使えます!!

約1年前、安さに惹かれて「BIGLOBEモバイル」を契約した筆者。
いい意味で期待を裏切られ今ではメインで利用しています。

お得なキャンペーンもまもなく終了です!!

いつ、契約するの・・・!?


スポンサーリンク