ユーザー登録(無料)
ログイン

格安SIM

【爆速】BIGLOBEモバイルの通信速度を検証!他社の格安SIMに圧勝


投稿日:

【爆速】BIGLOBEモバイルの通信速度を検証!他社の格安SIMに圧勝

突然ですが、皆さんに質問です。

格安SIMを契約する際に気にすることはなんですか?

多くの方が・・・

維持費、通信速度

と答えるのではないでしょうか。

格安SIM(MVNO)は、ドコモ・au・Softbank・楽天モバイルといった大手キャリア(MNO)よりも月額料金が安いのが強みです。

しかし、MVNOはMNOから回線の一部を借りて運用しているため、どうしても、通信速度が遅くなってしまいますが、MVNOによって通信速度が異なるのも事実です。

そのため、この記事では、「BIGLOBEモバイルの通信速度」を他の格安SIMと比較しながら検証していきます。

BIGLOBEモバイルを検討している方には必見の内容です!

必ず最後までご覧ください!

BIGLOBEモバイルは時間帯によって通信速度が遅くなる

格安SIMの速度が遅くなる理由としては、「時間帯による回線の混雑」が挙げられます。

道路(帯域)と車(ユーザー)に例えて考えてみましょう。

画像のように、MNOは3車線の道路をフル活用できる一方、MVNOは一部の道路しか借りられません。

ここでは、MVNOが3車線のうち1車線しか借りられなかったと仮定しています。

そうすると、MVNOの場合、多くの人(車)が利用するお昼休みや夜間の時間帯は道路が混みあい、通信速度が低下してしまいます。

ただし、同じMVNOでも、MNOから何車線借りられるかによって通信速度が変わってきます。

BIGLOBEはau(KDDI)の子会社ということもあり、多くの車線を借りられそうですよね!?

回線の混み合う「通勤・通学時間帯、お昼、夕方以降」は、多くのユーザーが一斉にモバイルデータ通信を行うため、MVNOの実力が試されます。

そのため、あえて混雑する時間帯に通信速度を測定して比較すれば、それぞれの格安SIMの品質を測ることができます。

BIGLOBEモバイルの速度は、他の格安SIMと比べて速いのか、遅いのか?

気になりますよね?

ということで、今回は、BIGLOBEモバイルのSIMカードを使って、朝・昼・夕方・夜間に速度測定を行いました。

BIGLOBEモバイルの速度測定方法

BIGLOBEモバイルの速度測定方法 Speedtest
BIGLOBEモバイルは、タイプA(au回線)とタイプD(docomo回線)から選択できますが、今回は、タイプA(au回線)で検証を行います。

計測を行った時間帯は、以下の5つです。
  • 8時
  • 12時
  • 15時
  • 18時
  • 22時
ネットワークが混み合う時間帯「朝・昼・夕方・夜間」を選びました。

BIGLOBEモバイル(タイプA)と通信速度を比較する「キャリア(MNO)、格安SIM(MVNO)」は以下の通りです。
  • BIGLOBEモバイル(タイプA)
  • au(キャリア)
  • 楽天モバイル(MNO)[パートナーエリア]
  • UQ mobile(UQモバイル)
全てau回線です。

また、速度の測定は以下の条件で行いました。

測定場所千葉県松戸市
測定回数それぞれ1回
測定機器OPPO Reno A
測定アプリSpeedtest
サーバーGLBB Japan
測定ダウンロード(下り)
アップロード(上り)

通信速度は通信環境や地域によって異なります。

今回紹介する測定値は、格安SIMを選ぶ際の参考程度に考えていただければと思います。

BIGLOBEモバイルの通信速度を調査!

BIGLOBEモバイルの通信速度を調査!
今回の検証では、ダウンロード(下り)速度とアップロード(上り)速度を測定しました。

ダウンロード(下り)速度の速い順に掲載しています。

※ 速度の単位は全てMbpsです。

朝(8時)

朝8時、ドタバタしている方も多い時間。

社会人なら通勤、学生なら通学している時間帯でしょう。

朝は忙しくて、

「スマホを触っている余裕なんてな~い!」

という方もいるのではないでしょうか。

順位通信事業者ダウンロードアップロード
1位UQmobile88.78.40
2位au86.47.66
3位BIGLOBEモバイル85.44.86
4位楽天モバイル(MNO)1.407.93

そのためか、楽天モバイル(MNO)以外は、ダウンロード速度で80Mbps以上と非常に速い速度が出ています。

ここまでハイレベルな戦いの場合、1位から3位までの差は誤差と言って問題ないでしょう。

ダウンロード速度はかなり高速ですが、アップロード速度はどの通信事業者も10Mbpsを下回っています

auはもともとアップロード速度が遅いので仕方がないかもしれません。

昼(12時)

昼の12時、お昼ご飯の時間です。

会社・学校の昼休みに食事をしながら、スマートフォンを使う方も多いのではないでしょう。

そのためか、朝と比べると全体的に通信速度が落ちています。

順位通信事業者ダウンロードアップロード
1位BIGLOBEモバイル29.48.60
2位楽天モバイル(MNO)26.25.73
3位au20.96.98
4位UQmobile5.381.06

それでも、UQmobile以外ではダウンロードで20Mbps以上の速度が出ているため、動画視聴も問題ありません。

この時間帯は、UQmobileだけが苦戦してます。

昼間(15時)

おやつの時間、午後3時。

この時間帯は、おやつを食べずに、仕事・勉強・家事をされている方が多く、スマホの利用者が少ない時間ではないでしょうか。

順位通信事業者ダウンロードアップロード
1位au79.99.68
2位BIGLOBEモバイル26.54.69
3位UQmobile8.277.76
4位楽天モバイル(MNO)1.3210.4

au(本家)が本気を出し、ダウンロード速度で約80Mbpsを出しています。

格安SIMの中では、BIGLOBEモバイルがダントツの1位です。

楽天モバイル(MNO)は、ダウンロードとアップロードの差が激しく、残念なスコアです。

夕方(18時)

午後6時、仕事・学校が終わり、スマホを使う方が増えると予想される時間ですが・・・

どの通信事業者もそれなりの速度が出ています。

順位通信事業者ダウンロードアップロード
1位au55.69.76
2位UQmobile45.44.26
3位BIGLOBEモバイル29.82.81
4位楽天モバイル(MNO)20.911.3

これまで不調であった「UQmobile」が覚醒しました。

BIGLOBEモバイル3位ですが、約30Mbpsの速度を出しているため、動画視聴も問題ありません

全体的に安定した速度を出しています。

夜(22時)

自由な時間が増える、午後10時。

夕食をとり、自分の趣味など好きなことに時間を割く方も多いのでないでしょうか。

「一日の中で、スマートフォンやタブレットを一番使うよ!」
という方も多いかと思います。

夜間は、まとまった時間を取りやすく、通信量が多くなりやすい「動画視聴」「音楽視聴」「ビデオ通話」などを楽しむ方もいるのではないでしょうか。

上記のことに影響してか、全体的に速度は遅めです。

順位通信事業者ダウンロードアップロード
1位楽天モバイル(MNO)19.29.20
2位BIGLOBEモバイル15.43.45
3位UQmobile12.23.58
4位au8.073.27

残念ながら、夜間(午後10時)の時間帯はダウンロード速度で20Mbpsを超えるSIMはありませんでした。

非常に気になるのが「au」の通信速度です。

混雑時に強いと思われるキャリア(MNO)でまさかの失速

auには、格安SIMで提供しにくいデータ使い放題のプランが存在します。

データ使い放題のプランの影響かはわかりませんが、auの回線が圧迫され、通信速度制限を導入している可能性も考えられます。

BIGLOBEモバイルを含む、全ての格安SIMでダウンロード速度が10Mbpsを超えているため、夜の時間にパケット消費が激しい「動画視聴・音楽視聴」などを行っても問題はなさそうです。

BIGLOBEモバイル、エンタメフリー・オプション

BIGLOBEモバイルでは、YouTube、U-NEXT、Spotifyなど21種類のサービスで通信量がノーカウントとなる「エンタメフリー・オプション」もあるため、動画・音楽・ラジオ・電子書籍を快適に楽しむことができます。

しかも、「エンタメフリー・オプション」が最大6か月間も無料

いつ、契約するの!?

【まとめ】BIGLOBEモバイルの通信速度は速い

【まとめ】BIGLOBEモバイルの通信速度は速い
ここまで、各時間帯の通信速度を比較してきましたが、時間帯による順位のバラつきが大きいため、BIGLOBEモバイルの速度が本当に速いのか判断しにくい状況となってしまいました。

そのため、全時間帯から平均速度を算出しました。

結果は以下の通りです。

ダウンロード
(下り)
アップロード
(上り)
1位au [50.2]楽天モバイル(MNO) [8.91]
2位BIGLOBEモバイル [37.3]au [7.47]
3位UQmobile [32.0]UQmobile [5.01]
4位楽天モバイル(MNO) [13.8]BIGLOBEモバイル [4.88]

※ [ ]内の数字は通信速度(単位:Mbps)です。有効数字は3桁で4桁目を四捨五入しています。


結論から言うと、BIGLOBEモバイルの通信速度はかなり速いです。

ダウンロード(下り)速度において、au(本家)が断トツですが、MVNOの中ではBIGLOBEモバイルが1位となっています。

月額料金が何倍もするau(本家)と比べるのはナンセンスです。

BIGLOBEモバイルのように、格安SIMで平均37.3Mbpsものダウンロード速度が出ればかなり優秀です。

筆者が2019年8月にBIGLOBEモバイルを契約した時と比べて、速度が向上しているように感じます。

ダウンロード速度は動画視聴、Webブラウジングなどに大きく影響するため、非常に重要です。

一方、アップロード(上り)速度において、BIGLOBEモバイルは4位と最下位になってしまいました。

ただ、au回線自体のアップロード(上り)速度がそもそも遅い上、どの事業者もアップロード速度に大きな差はないため、あまり気にする必要はありません

ダウンロード速度で、BIGLOBEモバイルがUQmobileに優っていることには正直驚きました。

BIGLOBEモバイルは、速度が非常に速い格安SIM(MVNO)にも関わらず、維持費が安く、キャンペーンも充実しています。

BIGLOBEモバイルは、今、最もおすすめできる格安SIMといっても過言ありません。

いつ、契約するの!?




スポンサーリンク