Xiaomi スマートフォン

Redmi K20が正式発表!ミドルレンジ3万円台でズバ抜けたコスパ!Snapdragon 730・4800万画素3眼カメラ

更新日:

Redmi K20
中国メーカーXiaomiは5月28日「Redmi K20」を発表しました。
発表前から中国SNS Weiboなどでリーク情報が流出し、大きな話題となっていたこともあり注目度の高い発表となりました。
そして、実際のスペックですが期待を裏切らない性能と価格となっており、Redmiブランドの強さを誇示しました。
中国での発売は6月6日でグローバル版の発売は未定とのことです。

Redmi K20を3行でまとめると、、、

  • Snapdragon 730 + RAM 6/8GB
  • 6.39インチの有機ELディスプレイでノッチレス
  • 4800万画素トリプルカメラ+2000万画素ポップアップ式のインカメラを搭載

Redmi K20のファーストインプレッション

Redmi K20の基本情報:スペック

現地価格6GB+64GB:1999元(約31,600円)
6GB+128GB:2099元(約33,200円)
8GB+256GB:2599元(約41,100円)
OSAndroid 9 Pie (MIUI 10)
SoCSnapdragon 730
RAM6GB/8GB
ROM64GB/128GB/256GB
Antutuスコア213,113
ディスプレイ6.39インチ FHD+ 2340×1080
アスペクト比 19.5:9 AMOLED
カメラアウト:4800万画素(メイン Sony IMX582 F1.75)+1300万画素(超広角 F2.4)+800万画素(望遠2倍 F2.4)
イン:2000万画素カメラ F2.2 ポップアップ式
バッテリー4000mAh(急速充電18W)
カラーブラック/レッド/ブルー
サイズ156.7×74.3×8.8mm
重量191g
対応バンド4G
LTE FDD B1/B3/B5/B7/B8
LTE TDD B34/B38/B39/B40/B41(2535–2655 120MHz)
3G
WCDMA B1/B2/B5/B8
TD-SCDMA B34/B39
CDMA EVDO BC0
2G
GSM B2/B3/B5/B8
CDMA 1X BC0
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら

Redmi K20の付属品

  • 充電アダプター
  • Type-C USBケーブル
  • 保護ケース
  • SIMピン
  • 取扱説明書
  • 保証書

Redmi K20のデザイン

Redmi K20 のデザイン
Redmi K20 の筐体
Redmi K20はインカメラにポップアップ式カメラを採用したことによりノッチレスデザインで画面占有率が極めて高いことが特徴です。
また、指紋認証センサーはディスプレイに内蔵されており背面は中央にトリプルカメラのみを配置
カラーは3色展開で背面はガラスパネルで3D曲面仕様となっています。
光の当たる角度によって見え方が異なり、フラグシップモデルのような高級感すら感じられます。
充電端子はUSB Type-Cをサポートし、イヤホンジャックも搭載されています。

Redmi K20の性能

Snapdragon 730を搭載

Redmi K20 のスペック
Redmi K20のSoCはSnapdragon 730、RAMは6/8GBの仕様です。
Snapdragon 730のAntutuベンチマークは213,113点というスコアが出ており、Snapdragon 710の169,971点と大きく差を付けています。
Redmi K20と同時期に発表され、価格も2万円台〜と近いOPPOの「Realme X」や「OPPO K3」はSnapdragon 710を搭載しており、それらを超えるスペックとなりました。
Redmi K20は約31,600円〜ですが、同価格帯の他のスマートフォンと比較しても圧倒的に高い処理能力を持っています。

6.39インチ AMOLEDディスプレイ

Redmi K20 のディスプレイ
Redmi K20は6.39インチのAMOLED(有機EL)で解像度はFHD+(2340×1080 )のディスプレイを搭載
ディスプレイは上位モデルである「Redmi K20 Pro」と同じ仕様です。
画面占有率91.9%,ノッチレスのフルスクリーンとなっており高い没入感を味わえます。
また、有機ELはバックライトを必要とせずドット自体が点灯・消灯するため色の表現力、特に黒色が綺麗に描画されます。

4800万画素トリプルカメラ

Redmi K20 のメインカメラ
Redmi K20は4800万画素(メイン Sony IMX582 F1.75)+1300万画素(超広角 F2.4)+800万画素(望遠2倍 F2.4)のカメラ構成となっています。
上位モデルの「Redmi K20 Pro」ではメインカメラにSONY IMX586が使用されていますが、「Redmi K20」ではSONY IMX 582とダウングレードされています。
Redmi K20 の望遠レンズ
800万画素の望遠レンズにより、上記の画像のように遠くの風景をズームしても高精細な撮影が可能です。
Redmi K20 の広角カメラ
1300万画素の広角カメラでは、124.8°の広角撮影が可能で広い風景でも全体を捉えた撮影がしやすくなります。

2000万画素ポップアップ式インカメラ

Redmi K20 のポップアップ式カメラ
そして、Redmi K20では2000万画素のポップアップ式のインカメラを搭載
約0.8秒で昇降し、落下自動検知も採用されています。
Redmi K20 のインカメラ
また、ビューティー機能も搭載されており自動補正による美しいセルフィーも可能です。

4000mAhのバッテリー容量

Redmi K20 のバッテリー容量
Redmi K20では4,000mAhのバッテリー容量を搭載し18Wの急速充電に対応
上位モデルの「Redmi K20 Pro」とバッテリー容量は同じですが、27Wの急速充電に対応しているので、充電速度のみ異なります。

ディスプレイ指紋認証&顔認証に対応

Redmi K20 の生体認証
Redmi K20は第7世代のディスプレイ指紋認証と顔認証に対応
ディスプレイ指紋認証の精度は高まり、解除スピードも速くなっています。

まとめ:Redmi K20は買いか否か

ズバリ、買いです!
3万台でスマホを検討するなら先ずは「Redmi K20」と言っても過言ではないクオリティとなっています。
ただ、上位モデルの「Redmi K20 Pro」と比較するとメインカメラのセンサーやSoC、充電速度などがダウングレードされており、少し価格が上がっても上位モデルを買うかどうかは悩ましいところです。

販売サイト価格(6/6更新)
Banggood49,506円
Gearbest49,949円
スポンサーリンク

-Xiaomi, スマートフォン
-, , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.