Xiaomi スマートフォン

【コスパNo.1】Xiaomi Pocophone F1をレビュー!10万円以上のスペックが3万円台

更新日:

xiaomi pocophone f1
Xiaomiの新ブランド「POCO」がインド向けに開発し、2018年8月に発売した「Poco F1」。ところが、想像以上のスペックを搭載し、約3万円の低価格で世界中から注目を集めることになりました。
そして、日本でも使用できるグローバルモデル「Pocophone F1」がリリースされました。

Pocophone F1を3行でまとめると、、、

  • Snapdragon 845 にRAM6GB/8GBで10万円スマホ並みのスペック
  • AIカメラでカメラ性能もハイエンド並み
  • 4,000mAhで超高速充電QC3.0にも対応

Pocophone F1のファーストインプレッション

Pocophone F1の基本情報:スペック

価格約34,000〜
OSAndroid 8.1 (Oreo) / MIUI 9.6(Pocoカスタマイズ)
SoCSnapdragon 845
RAM6GB / 8GB
ROM64GB / 128GB / 256GB
Antutuスコア265400
ディスプレイ6.18インチ IPSディスプレイ
1080 x 2248(フルHD+) 18.7:9
カメラアウト:12MP+5MP F値1.9 光学手ぶれ補正 AIカメラ
イン:20MP F値2.0 AIカメラ
バッテリー4,000mAh
カラーブルー/ブラック
重量180g
対応バンド2G GSM B2/3/5/8
3G WCDMA B1/2/5/8
4G FDD-LTE B1/3/5/7/8/20
TDD-LTE B38/40/41
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら

Pocophone F1の付属品

  • USB Tyep-C
  • 充電アダプター
  • 保護ケース
  • SIMピン
  • クイックガイド

Pocophone F1のデザイン

Pocophone F1のデザイン
本体は縦長で横幅がスリムで持ちやすい形をしています。ノッチはUノッチを採用し、下部には少し厚いベゼルがあります。
上部のノッチの幅はiPhone XSのように広く、ステータスアイコンが右側に3つ、左は時計のみの表示になってしまいます。

Pocophone F1の背面
背面のデザインはメタリック調でカメラレンズ付近は赤を差し色にし、スタイリッシュな印象です。
ただ、実際に触るとメタリックではなくプラスティック製なのです。スペックにコストを全振りしたスマホと思えば良いでしょう。

入力端子はUSB Type-Cで互換性も高く、イヤホンジャックを搭載しているので音楽やゲームにも最適です。

Pocophone F1の性能

10万円スマホ並みのスペックを搭載

Pocophone F1のSoC
Pocophone F1はプロセッサーにSnapdragon 845を搭載しています。発売時では最新最高レベルのSoCでしたが、2019年3月現在ではSnapdragon 855が最新最高の次世代SoCになっています。

ただ、Snapdragon 855を搭載しているスマホは主にハイエンド端末やゲーミングスマホで価格は10万円以上するものもあります。また、Snapdragon 845でも2019年TOPクラスを誇るSoCでもあり、3万円台という価格を考えると高いコスパが分かります。
RAMは6GB/8GBと大容量で処理速度も抜群です。
このスペックがあれば、普段使いにとどまらずPUBGなどの重量級の3Dゲームでも充分快適にプレイすることができます。

改めて考えると、Antutuスコア26万点超えが3万円台ってヤバすぎます、、

Pocophone F1の冷却性能
これほどのSoCとRAMを搭載していると気になるのが冷却性能です。
安心してください、しっかり背面全体で熱を発散させる冷却システムが搭載されています。

これにより、長時間ゲームをしていても処理性能を落ちにくくすることができます。

6.18インチ、高解像度のディスプレイ

Pocophone F1のディスプレイ
Pocophone F1のディスプレイは6.18インチ、比率は18.7:9
6インチを超える大画面ディスプレイながらも横幅がスリムなので、持ち心地は損なわれません。

また、ディスプレイ解像度は1080 x 2248(フルHD+)の高解像のものを使用しており、妥協点が見当たりません。

4,000mAhバッテリーにQC3.0の超高速充電に対応

Pocophone F1のバッテリー
Pocophone F1は中国最大手家電メーカーXiaomiとの共同開発だけあって、詰め込まれている技術が素晴らしいです。
4,000mAhと大容量バッテリーを搭載しながらも、本体重量を抑えて182gの軽さ。
さらには超高速充電のQC3.0にも対応しているのです。

12MP+5MPのディアルレンズのAIカメラ

Pocophone F1のメインカメラ

あれほどの、スペック・ディスプレイ・バッテリーを搭載しているとカメラ性能でコストカットしてそうですよね、、、
でも、カメラ性能も妥協なしです!
メインカメラは12MP(f/1.9)+5MP(f/2.0)のディアルレンズ構成になっています。
25種類のオブジェクトと最大206の異なるシーンをAIが認識し、最適化されます。ノイズを減らしたり、背景をボケさせるポートレート撮影、手ぶれ補正も早苗ているのです。
右側がAIオフ、左側がAIオン
比較すると、AIカメラにより最適化された撮影の高精細さが分かります。

インカメラにも20MPのAIカメラを搭載

Pocophone F1のインカメラ
メインカメラだけでなく、インカメラにも20MPのAIカメラを搭載
セルフタイマー機能やAIによるポートレート撮影や10種類のシーンの検出によりキレイな自撮りが撮影可能です。
20MPのインカメラは数あるハイエンド端末に匹敵する性能と言えます。

顔認証と指紋認証に対応

Pocophone F1の顔認証
Pocophone F1は赤外線センサーを利用した高度な顔認証システムが搭載されています。その認証率は高く、暗所でもロックの解除率が高いです。
また、背面には指紋認証センサーが埋め込まれており、マスクやサングラスをしている際のロック解除も安心です。

まとめ:Pocophone F1は買いか否か

ズバリ、買いです!非常に買いです!!!
Pocophone F1のSoC・カメラ・バッテリー性能など全てにおいて妥協点が見つからず、優秀なスマホです。それなのに、価格が3万円台の安さ!

このレベルのスマホを購入しようとすると、ハイエンド端末になり10万以上出さなくてはなりません。それが半額以下とはかなりの価格破壊です。
買って損はしないと思う素晴らしい端末です。
販売サイト価格(6/6更新)
Banggood33,664円
Gearbest33,299円
スポンサーリンク

-Xiaomi, スマートフォン
-, , , , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.