OUKITEL スマートフォン

【2万円で6GB/RAM!?】OUKITEL U23のコスパの高さを徹底レビュー!

更新日:

OUKITEL U23
本日は昨日に引き続き、OUKITEL端末の記事になります。今回徹底分析していくのは、OUKITELの現在の主力製品?であろう「OUKITEL U23」になります。エントリークラスの値段をキープしながらも外装、スペックを限りなくミドル、ハイエンドモデルに寄せたような端末となっており、結論から言ってしまうと非常にコスパの高い端末となっています。


OUKITEL U23を3行でまとめると、、、

・エントリーモデルなのに無接点充電可能!
・ノッチレスディスプレイ
・コスパの鬼

OUKITEL U23のファーストインプレッション

OUKITEL U23 の画像
OUKITEL U23はOUKITELの主力端末として、OUKITEL公式ホームページの一番上部にて表示されています。OUKITELの端末のため、基本的に他社のハイエンドモデルのような値段は設定できないものの、標準的な端末のミドルレンジ程度のスペックや仕様を抑えながら、価格はエントリーモデル並に抑えている端末がOUKITEL U23といえるでしょう。

基本情報

価格187USD
RAM/ROM6GB/64GB
SoCMediateck MT6763 Helio P23
OSAndroid 8.1 Oreo
バッテリー容量3,500mAh
Antutuスコア83000
カラーブルー
重量
213g
対応バンド GSM 850 MHz, GSM 900 MHz, GSM 1800 MHz, GSM 1900 MHz, W-CDMA 900 MHz, W-CDMA 2100 MHz, LTE 800 MHz, LTE 900 MHz, LTE 1800 MHz, LTE 2100 MHz, LTE 2600 MHz
6GB RAMを搭載しているだけあって、Antutuスコアは申し分ないスコアとなっています。これだけあれば、基本的な動作は全てスムーズに動作してくれるのではないでしょうか。またバッテリー容量等も、毎日充電するならば重量と稼働時間の両方を考慮し、ちょうど均衡が取れるようなサイズとなっており、通常利用ならば快適に使えそうです。

スペックの読み方、判断基準についてはこちら

OUKITEL U23の付属品

↑開封動画 OUKITEL U23の付属品としては、ACアダプター、SIMピン、イヤホン変換アダプター、USB-typeCケーブル、保証書、取扱説明書、クリアケースとなっています。中華端末デフォルトの純正時点で保護フィルムがはってありさらにクリアケースが付属してくる点は非常にありがたいです。

またこの価格設定でになってくると端子がmicro USBになってきてしまうケースも多いのですが、OUKITEL U23ではType-Cを採用しているので嬉しいですね。その代わりにイヤホンジャックは廃止されているので、従来の3.5ミリイヤホンを使いたい場合は付属の変換アダプタを挟んであげる必要があります。

OUKITEL U23のデザイン

OUKITEL U23のデザイン
OUKITEL U23は一応OUKITELでは主力端末ということもあって、質感も高くなるように仕上げられています。ディスプレイは6.18インチのノッチディスプレイを採用し、画面占有率は圧巻の95%を誇ります。参考にIphone XS Maxは画面占有率が85%前後なので、この数値がいかに高いかがわかります。

また背面は、ブルーとパープルが見る角度や場所によって変わるような特殊加工が施されており、高級感を演出するようなデザインとなっています。重量も他の端末のように過度に大容量なバッテリーを搭載していないですが、それにしてはこのディスプレイサイズの端末にしては少し重ためとなってしまっています。

OUKITEL U23の性能

3,500mAhの大容量バッテリーを搭載

OUKITEL U23では最近の中華端末では標準クラスの3,500mAhのバッテリーを搭載しています。 前回紹介したOUKITEL WP2には10000mAhの超大容量バッテリーが搭載されていましたが、それを考えると3,500mAhでは少し心配になってしまうということもあるかもしれません。 またCPUもWP2と同じものが搭載されていることや、RAMが6GBのものを搭載していること、FHD画質のものを搭載していることを考慮すると、やはりこのバッテリー容量で1日持つのか心配になってしまうかもしれません。しかし公式では連続通話30時間、連続音楽視聴20時間、連続ビデオ通話8時間、連続待機165時間、4Gインターネット10時間となっているので、1日は余裕でもつと考えても大丈夫なのではないでしょうか。

ディスプレイ

OUKITEL U23のディスプレイ
OUKITEL U23は6.18インチのFHD+ディスプレイを採用しています。

当機種の一番の特徴といっても過言ではないものの一つに、U23の画面占有率の高さが挙げられます。先にも解説しましたが、U23には画面下部に少し非ディスプレイ部が存在するだけで、基本的に全面のほとんどがディスプレイとなる構造を採用しています。これにより、U23の画面占有率はなんと95%という非常に高い数値を確保しています。

カメラ

OUKITEL U23のカメラ

OUKITEL U23はOUKITEL WP2と同様、サムスン製のデュアルカメラが採用されており、16MP+8MPという構成にグレードアップされています。デュアルカメラで、背景ぼかしエフェクトにも対応しているので、ポートレート風の写真を撮影することも可能です。
↑OUKITEL U23で撮影されたサンプル動画です。

スペック

OUKITEL U23のスペック
OUKITEL WP2では、エントリーグレードのCPUに6GBのRAMが搭載される形になっています。2.0GHZ稼働にクロックされているので、比較的重ための処理でも消費電力を抑えながら処理することが可能になっています。RAMもミドルレンジスマホとしても思われてもおかしくない6GBのものを搭載されており実際Antutuスコアもかなりこの価格帯のスマートフォンとしては高めのスコアが出ていますので、スペックは十分といえるでしょう。

ROMも最近では標準的な64GBが確保されているので、ゲームなどのアプリコンテンツやたくさん動画や音楽を入れても通常利用の範囲内でしたら、大丈夫でしょう。

生体認証

OUKITEL U23の認証設備

OUKITEL U23では顔認証に加え、背面のセンサーによる指紋認証にも対応しています。画面占有率が高いということは全面におけるセンサーやカメラの割合が下がってしまうことになりますが、そのなかでこの画面占有率を誇りながらも顔認証機能を搭載できている点は、OUKITEL U23を評価する一つの大きなポイントといえるのではないでしょうか。

まとめ:ズバリOUKITEL U23は買いか否か

ズバリ、OULITEL U23は買いでしょう。第一に、6GBRAMを搭載している端末が、2万円以下で購入できるというのが、これまでの常識ではありえませんでした。それだけでも十分コスパは高いといえるのですが、そのほかにも端子がtype-Cにきちんと対応していたり、画面占有率が95%のディスプレイを搭載していたり、単純にスペック以外にも評価できるポイントが多く、コスパもかなり高くなっているといえるでしょう。
販売サイト価格(4/16更新)
Banggood24,977円
Gearbest25,989円
スポンサーリンク

-OUKITEL, スマートフォン
-, , , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.