Blackview スマートフォン

【Blackview A30】9000円で買える激安中華エントリーの実力はいかに!?徹底レビュー

更新日:

Blackview A30 eyecatch
今回は、これまで取り扱ってこなかった「Blackview」というメーカーの超エントリーグレードの端末の紹介になります。価格は80ドルと非常に攻めた値段になっています。たしかに指紋認証や他にも現実的にカットしても大丈夫な所もカットしていますが、そこはダメだろうというところもコストカットしていたり、、今回はそんなBlackviewのA30という機種をレビューしていきます。

Blackview A30を3行でまとめると、、、

・80ドル(9000円)で買えてしまう超激安スマホ
・Uノッチディスプレイにデュアルカメラはなんとか採用
・スペックに関しては一般的な中華ミドル~エントリの中間

Blackview A30のファーストインプレッション

blackview a30 image
よくある中華端末といった感じのデザインとなっています。トレンドにそったUノッチディスプレイを採用し、前面上部の方がベゼルが少なくなり、下部は少しベゼルが見えるといったようなデザインとなっています。

ディスプレイのサイズとしては5.5インチのものを搭載しており、背面はガラスや金属ではなく合成素材を使ったエントリーグレーらしい仕上げとなっています。

基本情報

価格80USD(約9,000円)
RAM/ROM2GB/16GB
SoCMediaTek MT6580A
OSAndroid 8.1 Oreo
バッテリー容量2,500mAh
Antutuスコア21500
カラーブラック/ゴールド/ブルー
重量
140g
対応バンドGSM 850/900/1800/1900MHz
WCDMA 900/2100MHz
値段が80ドルということだけあり、本当に最低限のスペックとなっています。1.3GHzのCPUにRAMが2GBということで、最新のOSを動かすには少し頼りないスペックとなっていますが、なによりも今回の端末でより致命的なコストカットが行われているのは対応バンドでしょう。

対応バンドGSM、WCDMAのみの対応となっているので、LTE、4G回線を使うことができなくなっています。これは国内利用を想定しているケースでは致命的な欠点と言えます。まあ、LTE対応をなくすことで芋つる式にCPUのグレードも下げることができるので、それゆえのこのコスパの高さとなっているものだと思われますが、流石にこれは対応バンドが少なくすぎてに日常利用は非常に厳しくなっていると言わざるを得ません。

スペックの読み方、判断基準についてはこちら

Blackview A30の付属品

↑開封動画 Blackview A30の付属品としては、取り扱い説明書、microUSBケーブル、ACアダプタ、有色ケースとなっています。この価格帯のスマホですので、ケーブルはMicro USBで当然ですね。中華スマホの付属品としては非常に標準的な構成となっています。

Blackview A30のデザイン

Blackview A30 design
こちらのデザインに関しても、Blackview A30は非常に標準的な作りとなっています。前面はUノッチディスプレイで画面上部中央にセンサー類を押し込み、背面にはフラッシュおよびデュアルカメラを搭載、側面に電源ボタンおよび音量調節ボタンを配置しています。 ここでBlackview A30の特徴的な点としてはは大きく2つあり、第一に指紋認証センサーがコストカットで削除されているということです。指紋認証センサーを搭載している中華端末は非常に多いですが、当機はそこがコストカットされており、顔認証のみとなっています。またもう一つの大きな特徴が、前面の液晶とベゼルの境界が非常にわかりやすいということです。iOS
製品を参考にすれば、かつてのipod touch 4gと呼ばれる初めてRetinaディスプレイが搭載されたモデルではベゼルの境界がどこかわからないくらい画面自体が黒く、どこか先進的なイメージを持たせるところがありました。しかし今回のBlackview A30のディスプレイは、ディスプレイそもそものカラーがあまり黒くないため、画面が点灯していない時に、ベゼルと画面の境界が非常にわかりやすくなっています。気にならない方はいいかもしれませんが、そこが気になってしまうという方も多いと思われますので、それは事前に確認しておきましょう。

Blackview A30の性能

指紋認証には対応していないものの、顔認証には対応

Blackview A30 face id
先ほどにも買いた通り、Blackview A30は指紋認証機能がコストカットされているため、顔認証機能のみが利用可能な生体認証機能となってしまっています。

前面に5MP、背面に8MPのデュアルカメラを搭載

Blackview A30 front camera
Blackview A30は全面に5MPカメラ、背面に8MPのデュアルカメラを搭載しています。この価格帯の端末でもデュアルカメラが搭載される時代になってしまったことは非常に驚きです。

背面カメラは標準的な画質となっていますが、全面カメラに関しては5MPとなっていますので、そこまで低いわけではありませんので、セルフィー等であれば普通に使えるのではないでしょうか。

↓Blackview A30で撮影されたサンプル映像になります。予想していたよりかはそれなりにいい写真が撮れていました。参考にご覧ください。

1日は持つ?バッテリー容量は2500mAh

Blackview A30 battery
Blackview A30は2500mAhのバッテリーを搭載しています。確かに、搭載しているCPUは1.3GHzと最近の端末に搭載されるCPUとしては非常に周波数の低いモデルとなっていたりします。そのため消費電力量も当然少ないとは推測されますが、とはいえ3000mAhが最低ラインといったような雰囲気が端末業界に漂っている中で2500mAhが「大容量バッテリーである」とは言えないでしょう。

ギリギリ日常利用なら使えるレベルのスペック

Blackview A30には何度も書いているとおり、LTEのサポートもしていないかなり低周波数の性能控えめのCPUが搭載されています。またRAMも2GBとなっていて本当に最低限のスペックといった印象を受け、その結果もあってAntutuのスコアも21500という最低クラスのスコアになっています。そのため少なくともスペックに関して「Strong」とはいえません。

↓Blackview A30でゲームをしている参考動画。PUBGのかわりにRules of Survivalを後半でプレイしていますが、当然カクカクですがプレイできない!というレベルではないようです。

まとめ:Blackview A30は買いか否か

ズバリ、Blackview A30は買いとはいいがたいでしょう。特にこれから5G回線が普及し3G回線は廃止!?といった空気感のなかで3G回線にしか対応していない端末をあえて購入する必要はないと言わざるを得ません。同じ価格帯で同じスペックでLTE,4G回線に対応している他社の端末もあるため、あえてこのA30を買う理由はないと言わざるを得ません。 Gearbest 購入ページ 10,200円(3月27日現在)

-Blackview, スマートフォン
-, , , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.