ASUS スマートフォン

ZenFone6のスペックを解説!ヘビーユーザーも満足のハイスペックスマホ!!

投稿日:

低コストでありながら、必要十分な機能を備えたスマホの販売を行っているメーカーとして、日本でも格安スマホユーザーを中心し、高い支持を集めているのがASUSです。

ASUSはZenFoneというブランドのSIMフリースマホを多数リリースしていますが、2019年のフラグシップモデルとして、先日発表され、大きな話題を集めているのが、ZenFone6になります。


ZenFone6にはどんな特徴があり、価格はどのくらいなのか、日本での発売予定はあるのか?
カメラの性能や液晶の解像度はどうなのかなどの基本情報・スペック情報の解説を行っていきます。


ZenFone6を3行でまとめると

  • 回転式カメラでディスプレイがすっきり&セルフィーもキレイに撮れる
  • 大容量バッテリーで長期間安心して使える
  • 高画質かつ綺麗なノッチディスプレイを搭載

ZenFone6のファーストインプレッション

ZenFone6の基本情報:スペック

価格499ユーロ~(約61,000円~)
OSAndroid 9.0(Pie)
SoCQualcomm snapdragon 855
RAM6GB or 8GB
ROM64GB or 128GB or 256GB
Antutuスコア約361679
ディスプレイ6.4インチ, IPSディスプレイ,アスペクト比19.5:9
カメラアウト:48+ 13MP, F値/1.8 
イン:アウトカメラと共通
バッテリー5000mAh
カラーMidnight BLACK, Twilight Silver
サイズ159.1 x 75.4 x 9.2mm
重量190g
対応バンド3G
HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100 - バージョンA HSDPA 800 / 850 / 900 / 1700(AWS) / 1800 / 1900 / 2100 - バージョンB, C

4G
LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 5(850), 7(2600), 8(900), 20(800), 28(700), 38(2600), 40(2300), 41(2500) - バージョンA LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 18(800), 19(800), 26(850), 28(700), 38(2600), 39(1900), 41(2500), 46 - バージョンB LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 17(700), 18(800), 19(800), 26(850), 28(700), 38(2600), 39(1900), 41(2500), 46 - バージョンC

ZenFone6のデザイン

ZenFone6のデザイン
ZenFone6はフロントカメラが搭載されていないことから、シンプルでスッキリとしたディスプレイが特徴的となっています。

このディスプレイはナノエッジディスプレイと名付けたれていて画面の占有率も高く、6.4型のディスプレイでありながら、コンパクトで持ちやすくなっています。


カメラを回転させた時のデザインも特徴的で、これまでにない次世代型のデザインのスマホと言っても過言ではありません。


ZenFone6の性能

CPUとベンチマーク

ZenFone6のスペック
ZenFone6にはsnapdragon 855が搭載されているため、普段使いで困ることはまずないと考えられます。
またAntutuスコアも約361679と現在販売されているAndroidスマホの中でもトップクラスの数値を誇っているため、高いスペックが要求される3Dゲームなどもサクサク動く仕様となっています。

フラグシップモデルに恥じない性能を誇っています。


大容量バッテリーを搭載

ZenFone6のバッテリー
5000mAhとタブレット端末並みの大容量バッテリーを搭載しているのもZenFone6の多くな特徴と言えます。

大容量バッテリーは長時間利用できるメリットがある一方で、充電完了までの時間を気にする人も多いでしょうが、ZenFone6はその辺りも抜かりありません。

急速充電に対応していて、バッテリー切れの状態からでも1時間でおよそ70%まで充電することができます。


高性能・高解像度のIPSディスプレイ

ZenFone6のディスプレイ
ZenFone6はノッチディスプレイである上に、画面の占有率もおよそ92%となっているので、手にすると、ほぼ画面のみを掴んでいるような感じになります。

IPSディスプレイなので発色もきれいですし、ディスプレイ解像度も1080×2340px(フルHD+)と高解像度なので、スマホで写真や動画を見ることが多い人でも満足できるスペックとなっています。


圧倒的な性能を誇るメインカメラ

ZenFone6のカメラ
ZenFone6を語る上で欠かせないのが回転式の高性能カメラです。

メインカメラにはSONYのCMOSイメージセンサーである「IMX586」が搭載されていて、画素数は4800万画素と圧倒的です。

カメラの角度はアプリから自在に変えることができますし、オートパノラマ撮影などもできるので、スマホのカメラでありながら、これまでにないカメラ体験と感動を与えてくれます。

指紋認証センサーと顔認証ロックに対応

ZenFone6の生体認証
ZenFone6指紋認証センサーと顔認証システムによる本体のロック解除に対応しています。

そのため、安心安全快適に利用できるのですが、顔認証システムを利用する際には注意が必要です。

ZenFone6はインカメラが搭載されていないため、顔認証システムを利用する場合にはカメラを回転させる必要があります。

机に置いてある状態では顔認証システムによるロック解除はできず、逐一カメラを回転させる必要があるため、人によってはこの作業を面倒に感じてしまうことが考えられます。


まとめ

ZenFone6Androidスマホの中では屈指のスペックを誇っていますし、価格も比較的抑えられていることから、「買い」の端末です。


これまでの流れからしますと、日本でも2019年中の発売が期待されますし、ドコモやソフトバンクの4G LTE回線のバンドに対応していることから、ワイモバイルやドコモ系/ソフトバンク系のMVNOでの取り扱いが想定されます。


日本での発売が正式に発表されるのを首を長くして待ちましょう。



スポンサーリンク

-ASUS, スマートフォン
-, , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.