ニュース

【日本向けローカライズ】Xiaomi Japan、FeliCa(おサイフケータイ)対応に向けて開発を着手

更新日:

先日、Xiaomi Japanは「Redmi Note 9S」と「Mi Note 10 Lite」の日本市場向け発表会を6月2日に開催することを明らかにしました。

https://twitter.com/XiaomiJapan/status/1266318939149094912
それに伴い、「ケータイWatch」にてXiaomiのティーブン・ワン氏とジユアン・ザン氏のインタビューが掲載されました。

その中で、日本向けローカライズにて触れられていました。

――となると、日本市場にローカライズされたモデルの発売などは検討していないですか?

ワン氏
周波数などは対応させています。そのためにメインボードは日本向けに変更されています。楽天モバイルのネットワークで試験もしており、対応できています。ほかのキャリアとも同様の試験を実施しています。



ただ、FeliCaなどについては、日本でのみ普及しているものなので、その辺りは日本人エンジニアしかわからないかもしれない。しかし、実現に向けて取り組んでいるところです。

シャオミは日本市場をどう攻略するか?――日本での展開から5G端末の話まで|ケータイWatch
「検討している」等ではなく、「実現に向けて取り組んでいるところ」の発言から分かるように、既にFeliCa対応に向けて行動を行なっていることが伺えます。

SIMフリー×FeliCaと聞いて、真っ先に思い浮かぶのがOPPOが日本向けにローカライズして発売した「OPPO Reno A」です。

OPPO Reno Aは、低価格かつ必要十分な性能を有しながら防水防塵やFeliCa(おサイフケータイ)に対応したスマートフォン
日本市場にウケて、非常に売れた端末となりました。


この前例を踏まえると、Xiaomiが防水やFeliCa対応スマートフォンを日本市場に投入した際の、インパクトは計り知れないものになるでしょう。

3日に発表予定の「Redmi Note 9S」は、インド市場では「Redmi Note 9 Pro」として発表されSnapdragon 720G、4800万画素クアッドカメラを搭載して価格は12,999ルピー(約18,500円)

おそらく、日本市場では少し価格が上がることが想定されますが、2万円台前半といったところでしょうか。

今回発表される2端末は、まだFeliCa非対応ですが、今後このコストパフォーマンを維持しながら日本向けにローカライズされた端末が投入されれば注目度は抜群です。

今後の、Xiaomi Japanに大いに期待です。

source(1)
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.