ニュース

【Androidタブレット 】Kirin 810を搭載したHUAWEI Mate Padが発見される!

投稿日:

HUAWEIは2019年11月にHUAWEI Mate Pad Proを発表しました。
HUAWEI Mate Pad ProのSoCにはKirin 990が搭載されており、iPad ProやGalaxy Tab S6などの競合の製品を超えるためにゼロから設計された製品でした。
しかし、米国の禁輸措置のため、HUAWEI MatePad Proは今のところ中国でのみ販売されています。
そんな中、HUAWEIはMate Padシリーズに新たなモデルを準備しているようです。

中国で有名なデジタルブロガーである图自刘看山的叔叔氏によると、新しいMate PadのSoCにはKirin 810が搭載されており、画面サイズは10.4インチ、前面と背面の両方に8MPのカメラが搭載されているとしています。

その他にも、Huawei Mate Padには、モバイル通信に対応したモデルとWi-Fi通信にのみ対応した2種類があるようで、どちらのモデルもホワイトとグレーの2色があるとしています。
モバイル通信対応のモデルでは、4GB+64GBおよび6GB+128GBのバージョンがあり、WiFiモデルには、4GB+64GBおよび4GB+128GBの2種類がが存在するようです。
さらに、Huawei Mate Padには7250mAh大容量バッテリーが搭載されているとも発言しています。

残念ながら、このタブレットの発売時期については、まだ何も分かっていません。
もしかしたら、HUAWEIはHUAWEI nova 7シリーズの発表会で、このタブレットも紹介するのかもしれませんね。

HUAWEI Mate PadもGoogleサービス非搭載になることでしょう。日本ではAndroid OSを搭載した"マシ"なタブレットが少ないためHUAWEIに期待したいところです。

sourse(1)(2)(3)
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-ニュース
-, ,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.