ニュース

iPhone 12 Proはフラットな画面でノッチが小さくなる?レンダリングが公開!

投稿日:

Appleが今秋に発表を予定しているiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxのレンダリング画像が公開されました。
このレンダリング画像は、米メディア PhoneArenaによって作成されました。

iPhone 12 Proの側面レンダリング画像
レンダリング画像では、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxの側面はiPhone 11で使用されている湾曲したデザインではなく、iPad Proのような平らなステンレスフレームを採用しているとしています。

iPhone 12 Proの背面レンダリング画像
さらに、2.5Dガラスの採用をやめ、iPhone 4やiPhone 5シリーズのようにフラットなボディーをにするようです。

これらの変更により一部のジェスチャー操作で、画面の端からスワイプすることが難しくなり、操作性に影響を与える可能性があります。
この問題を解決するためにAppleは開発を進めているようです。

iPhone 12 Proのディスプレイレンダリング画像
多くのリーク情報で知られているように、AppleはiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxのノッチとカメラ部分に変更を加えるようです。

Appleはノッチを完全に取り除くことを目標としていますが、iPhone 12 Proではノッチのサイズが小さくなるに留まるとされています。

また、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxの背面カメラにはLiDARスキャナーを追加することも計画されており、このLiDARスキャナーはトリプルカメラと一緒に配置されることになると予想されています。

iPhone 12シリーズには、iPhone 12(5.4インチ)、iPhone 12 Plus(6.1インチ)、iPhone 12 Pro(6.1インチ)、iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)の4つのモデルがあるとされています。

iPhone 12シリーズより、Appleとして初となる5Gに対応しデザインも刷新されることが予想されています。
一方、iPhone 4やiPhone 5のようなフラットなボディに戻ることで2010年当時の懐かしい気持ちも味わえるかも知れません。

source(1)(2)
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-ニュース
-, , ,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.