格安SIM

【検証】ロケットモバイル神プランを評価!200kbpsの低速通信を試す!

更新日:

ロケットモバイルは神プラン月額298円~の利用料金で提供しています。

筆者は今年の2月からdocomo回線を使用した神プランで音声通話SIMを契約していますが、かなり使い勝手が良いサービスです。
今回は、神プランでできる事神プランに向いているユーザーを紹介していきます。

ロケットモバイル神プランの基本情報

ロケットモバイル神プランはSoftbank、au、docomoの3つの回線を取り扱っています。
神プランのsoftbank回線の場合神プランSau回線の場合神プランAdocomo回線の場合は神プランDと呼ばれています。
しかし、選ぶ回線ごとに利用料金や契約できるプランに違いがあります。
今回は表にまとめて分かりやすく説明していきたいと思います。

ロケットモバイル神プランの料金表

回線データプランデータ + SMSプラン音声通話プラン
docomo298円448円948円
au398円398円1068円
Softbank398円なしなし
料金表の価格は全て税抜きです

表から重要点をまとめると、、、
  • データプランは、docomo回線が他の回線より100円安く契約できます。
  • データ + SMSプランは、docomo回線はデータプランの298円とSMSオプション料金である150円が上乗せされた448円で契約でき、au回線はデータプランの料金と同じ価格で契約できます。
    Softbank回線での提供はありません。
  • 音声通話プランは、docomo回線が948円で一番安く、au回線は1068円です。
    こちらもデータ + SMSプランと同様にSoftbank回線での提供はありません。

ロケットモバイル神プランの内容

項目データプランデータ + SMSプラン音声通話プラン
通信速度200kbps200kbps200kbps
高速通信容量なしなしなし
通信容量無制限無制限無制限
契約期間なしなし1年間
表から重要点をまとめると、、、
  • 通信速度はどのプランを選んでも最大200Kbpsです。
  • 高速データ通信はできません。
  • 低速ですが使い放題のため、通信容量を気にする必要が無いです。
    また、3日間で○○GB使用したら速度規制がかかるなんて心配もなし!
    低速ですが完全使い放題です!
  • 音声通話を契約した場合のみ1年間の契約期間があり、契約期間内に解約してしまうと9,500円(税抜)の契約解除料が発生します。
  • 音声通話にかけ放題プランはなし!
    電話をかけた場合30秒毎に20円(税抜き)の通話料が発生します。
  • 格安SIMですが通話品質は大手キャリアと同じです!
    VoLTE (ボルテ)という通話方式に対応しており、従来のスマートフォンの通話よりも高音域まで聞こえ、クリアな音声通話が行えます。

通信速度200Kbps、できることは?

「200Kbpsでの通信ができると言われても、200Kbpsってどれくらいの速度なの?何ができるの?」と、疑問に思われる人は少なくないはずです。
そこで、皆さんが普段使っているであろうアプリが200Kbpsの速度で使用できるかをまとめました。

検証

WEB検索

WEB検索
画像の読み込みに時間がかかります。
テキスト主体のサイトなら問題なく閲覧可能ですが、画像を多く使用しているサイトは読み込みに時間がかかります。

イメージとしてはテキストが表示された後、画像が1枚ずつゆっくりと表示される感じです。

LINE

ロケットモバイル神プランではLINEのメッセージはできる
メッセージやスタンプの送受信は問題なく行えます。ただし、動くスタンプは表示に3~5秒ほどの時間がかかりました。

LINE無料通話

ロケットモバイル神プランではLINEの無料通話も可能
LINEのビデオ通話は全く使えませんでした。
しかし、意外なことにLINEの無料通話は途中で途切れることもなく使用可能でした!

LINEの無料通話は、利用頻度が高いので使えるのはとても嬉しい点ですね!

Twitter

ロケットモバイル神プランではTwitterの画像の表示が遅い
動画を再生することはできません。
画像の読み込みに時間がかかりますが、テキストはすぐに表示されます。

イメージとしては、テキストが表示されてから2~5秒後に画像が表示される感じです。

Yahoo!MAP

ロケットモバイル神プランではマップは読み込みに時間がかかる
地図情報の読み込みに時間ががかり、カーナビとして使用することはできません。
「今いる場所を知りたい。」など、現在地を確認する目的で使用することはできますが、その場合であっても読み込みに時間がかかります。

Amazon Music

ロケットモバイル神プランでは音楽は聴ける
曲の読み込みに時間がかかりますが、再生されてしまえば途中で止まることなく聞き続けることができました。
しかし、曲の送り戻しを行うと、再度データの読み込みを行うので待ち時間ができてしまいます。

Youtube

ロケットモバイル神プランではYouTubeは見れるが時間がかかる
最低画質なら視聴可能です。
しかし、再生が始まるまでに30秒~1分ほどの時間がかかります。

アプリダウンロード

ロケットモバイル神プランではアプリのダウンロードはできない
アプリのダウンロードには向いていません!
200Kbpsの通信速度のため、ダウンロード完了までの待ち時間が非常に長いです。
アプリをダウンロードする場合は、家のWi-Fiを使用しましょう!

200Kbpsでもさらに快適な通信を!

「200Kbpsで、できることは分かったけれどもっと快適に使えるようにしたいなぁ。」と、思っている人も居るかもしれませんね。
実は、もっと快適に使えるようにする5つの方法があるんです!
今から紹介する方法は、ロケットモバイル公式の質問ページから確認することができます。
  1. Android限定 Chromeの「ライトモード」をONにする。
  2. iPhone(iOS13以降)限定 「省データモード」をONにする。
  3. アドブロッカーを導入する。
  4. グーグルマップのオフライン地図をダウンロードする。
  5. Twitterのデータセーブ機能をオンにする。

神プランの実際の通信速度を計測!

ロケットモバイル神プランの通信速度テスト
200Kbpsの通信速度が出ているかスピードテストを行い確認してみました。

ロッケトモバイルは公式にバースト転送 (初速バースト)機能があると謳っています。
「バースト転送 (初速バースト)機能って何?」と、思われた人のために簡単に説明すると、通信の初めの一定量だけ高速通信で接続し、コンテンツの表示速度を早くするための機能です。

今回はスピードテストにSpeedtest.netドコモスピードテストの2つのアプリを使用しました。
それでは、早速見ていきましょう!

※東京都新宿区にて平日の午後3時頃に測定

Speedtest.netの結果

ロケットモバイル神プランのSpeedtesy.netの結果1回目
Speedtesy.netの計測結果1回目
ロケットモバイル神プランのSpeedtesy.netの結果2回目
Speedtesy.netの計測結果2回目
Speedtest.netの結果を見てみると、下り70Kbps~80Kbps、上り40~130Kbpsと非常に低速であることが分かります。

最大で200Kbpsの速度が出るとされているので、それより遅いこともありますが、これは遅すぎる気がします。

ドコモスピードテストの結果

ロケットモバイル神プランのドコモスピードテストの結果1回目
ドコモスピードテストの結果1回目
ロケットモバイル神プランのドコモスピードテストの結果2回目
ドコモスピードテストの結果2回目
ドコモが公式に提供しているドコモスピードテストアプリでは、ノーマルモード、ライトモード、ラージモードの3種類の測定モードがあります。
今回は、ライトモードで測定しました。

ライトモードでは通信を始めた時の速度が測定結果として残るようになっています。

Speedtest.netとドコモスピードテストの結果を照らし合わせてみると、
通信の初めだけバースト転送 (初速バースト)機能がしっかりと動作しているため、下り1Mbps、上り8.3Mbps~9.9Mbpsの速度が出ていることが分かります。
しかし、バースト転送 (初速バースト)後の通信速度が下り70Kbps、上り40Kbps~130Kbpsと理論値である200Kbpsより大きく下回っている点に不安を感じます。

しかし、スピードテストは1つの指標にすぎません。
体感的には、スピードテストの結果よりも通信速度は速いように感じました。

ロケットモバイルの支払いにKyashは使用できる!?

「ロケットモバイルの支払いにプリペイドカードであるKyashは使えるの?」と思われる人は少なくないかもしれません。
実際、学生の人はクレジットカードを持っていないことが多く、プリペイドカードやデビッドカードに頼らざる得ないことが多いと思います。
しかし、格安SIMではこれらの決済に対応しているサービスはとても少ないです。

Kyashで支払いができる
そこで、ロッケトモバイル公式サイトを確認してみるとデビットカードでの支払いに対応していました。
ただし、mijicaなど一部のデビットカードは使えないようです。
また、プリペイドカードであるKyashでの支払いにも対応しています。
筆者はKyashで料金を支払っています。

※3,742円の請求になっているのは、契約事務手数料(3,400円)とユニバーサルサービス料金(2円)+消費税が請求されているためです。契約初月の基本料金は無料です。

ロケットモバイルのAPN設定

「APN設定?なにそれ?SIMカードをスマートフォンに挿せば使えるんでしょ?」と思っている人もいるかもしれませんが、挿しただけでは使えません。
しかし、身構えなくても大丈夫です!

iPhoneユーザーの人はこちらからAPN構成プロファイルをインストールできます。
Androidユーザーの人は下の情報をスマートフォンのAPN設定画面に入力すれば使えるようになります。

APN名4gn.jp
ユーザ名roke@moba
パスワードrokemoba
認証タイプCHAPまたはPAP

まとめ:ロケットモバイル神プランはオススメできるか?

200kbpsの低速通信ではありますが、圧倒的な安さで契約できる点は非常に魅力的です。

低速通信のため快適にコンテンツを使用することは難しですが、LINE電話やラインのメッセージ機能くらいしか使わない人にはおススメできます。

また、本文中では紹介していませんが、ロケットモバイルは独自のポイントシステムを導入しており、上手く利用すると月額0円で維持することも可能です。
節約が好きな人にもおススメできます。


最近のスマートフォンにはDSDVなどの2枚のSIMカードを同時に待ち受けさせられる機能もあるため、通話用にロケットモバイル神プランを契約し、データ通信には別の格安SIMで大容量プランを契約するなど使い分けることもでき、安くて通話も大容量通信もできる環境を作りたい人にもおススメです!

逆に、高速通信が使えないと困る人には、いくら安くても契約する意味がないプランとも言えます。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-格安SIM
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.