ユーザー登録(無料)
ログイン

格安SIM

【解約したい...】OCNモバイルONEの解約方法を解説、おすすめの乗り換え先も特集!


投稿日:

OCNモバイルONE

格安SIMといえばたくさんの種類がありますが、
その中でも「OCNモバイルONE」
多くのファンを持つ人気の格安SIMです。

特に、
毎四半期末に行われる端末をの割引セールは
格安SIMの中でも飛び抜けた安さで端末が購入できることで有名です。

しかし一方で、
そんなOCNモバイルONEにもデメリットはあります。

そして中には、解約したいという人も、、、

今回はそんな人のために、
OCNモバイルONEの正しい解約の手順解説と、
解約後の乗り換え先の提案
までしていこうと思います!!

特に、
格安SIMの解約は正しく行わないと違約金が発生することがあるので、
今回の内容は必見です!!

まずはOCNモバイルONEの解約の大筋をつかもう

解約
  旧プラン
(~2019/09/30)
旧プラン
(2019/10/01~)
新プラン
(2019/11/20~)
解約に適切な時期 月末(日割り計算なし)
最低利用期間
違約金
6ヶ月
8,000円
6ヶ月
1,000円
なし
なし
解約の手段 インターネット(OCNモバイル ONE マイページ)
OCNモバイルONEを解約する際には、
気をつけるべき点が3つあります。
  • プランと契約の時期によってかかる料金に差がある
  • 解約月の月額料金は日割り計算されない
  • 解約の手続きは全てインターネット上で行う

プランと契約の時期によってかかる料金に差がある

最近の格安SIMのプランでは、
では最低利用期間やそれに伴う違約金はなくなりつつありますが、
少し前のプランに関しては未だに
「最低利用期間」とそれに伴う「違約金」が存在します。

プランによる分かれ目はそれぞれ契約した時期によって変わり、
  • 2019年9月30日までのプラン
  • 2019年10月1日から2019年11月19日までのプラン
  • 2019年11月20日から現在までのプラン
現時点で、上記の3パターンに分けることができます。

解約月の月額料金は日割り計算されない

OCNモバイルONEを解約する際の注意点として、
解約月の月額料金は日割り計算されないという点があります。

例えば、
8月1日に解約を行った場合、
実際にOCNモバイルONEのSIMを利用したのは1日のみですが、
その月に払う金額は「日割り計算されない」ので、
8月一杯分の利用料ということになります。

解約の手続きは全てインターネット上で行う

OCNモバイルONEは、
より安くサービスを届けるために、実店舗を持っていません。

そのため、
解約など、複雑な作業をする際に、
店員に会いに行ってやってもらうということができません。

作業はすべてインターネット上で行わなければなりません。

OCNモバイルONEの解約違約金

プラン最低利用期間違約金
旧プラン(~2019/9/30)6ヶ月8,000円
旧プラン(2019/9/30~)6ヶ月1,000円
新プラン(2019/11/20~)なしなし
先程も説明したとおり、
OCNモバイルONEの解約には、
契約したプランに応じた「最低利用期間」「違約金」が存在します。

具体的には上の表にもある通り
下記の3パターンによって変わってきます。
  • 2019年9月30日までのプラン
  • 2019年10月1日から2019年11月19日までのプラン
  • 2019年11月20日から現在までのプラン
2019年9月30日までのプランの場合、
最低利用期間は6ヶ月
違約金は8,000円かかります。

また、
2019年10月1日から2019年11月19日までのプランの場合、
最低利用期間は6ヶ月
違約金は1,000円かかります。

一方で、
2019年11月20日から現在までのプランの場合、
最低利用期間と違約金は存在しません。

ただし、
2019年11月20日から現在までの間に契約した方でも、
旧プラン(2019年10月1日から2019年11月19日までのプラン)に加入した場合は、
最低利用期間は6ヶ月
違約金は1,000円
という決まりが適用されますので、ご注意ください。

OCNモバイルONEの解約にベストなタイミング

タイミング
OCNモバイルONEの解約にベストなタイミングは、
月末です。

逆にそれ以外のタイミングで解約してしまうと、
実際は使っていない分の通信費を請求されてしまいます。

その理由は上でも解説した通り、
解約月の月額料金は日割り計算されないからです。

解約する時はくれぐれも、
月末にするようにしましょう!!

OCNモバイルONEの解約の方法

How to
OCNモバイルを解約する時、
MNPするMNPせずに解約するかの2つの方法があります。

ここで出てくるMNPとは、
携帯電話番号ポータビリティのことで、
今の電話番号そのままで他社に乗り換えることのできるサービスのことを指します。

つまり、
解約する際に今使っている電話番号を引き継ぎたい場合は
MNPをする必要があります。

この章では、
MNPする場合、しない場合の2つの方法で解約する手順を
解説していきます。

MNPをしたい場合は、
「MNPをする場合」の手順を終えたあと、「解約手順」も行ってください。

逆に、
解約のみをしたい方(MNPをしない場合)は、
「解約手順」から進めてください。

MNPする場合

MNPする場合、解約前に「MNP転出番号」を受け取る必要があります。
番号の受け取りは、Webサイトからか電話で可能ですが、
今回はWebサイトで行う方法について解説していきます。

また、
電話で行う場合は、下記番号から受取可能です。
カスタマーズフロント:0120-506506
受付時間: 10:00-19:00(日曜・祝日・年末年始を除く)

手順1

こちらより、「MNP転出予約番号のお申込み」のページへアクセスします。

手順2

各項目に記入をし、「次へ」を押します。

手順3

各項目を確認し、「申し込む」をクリックします。

これで、
「MNP転出番号」を受け取る手順が完了しました。
MNP転出番号は3営業日ほどで受け取れます。

MNP転出番号を受け取ったあとは、
乗り換え先の事業者で手続きを行います。

尚、
MNP転出番号の有効期限は15日なので、
乗り換えは余裕を持って行いましょう。

また、
「MNP転出番号」を受け取るだけでは解約にはならないので、
MNPを行いたい方は必ずこの次の「解約手順」も進めてください。

解約手順(MNPせずに解約)

MNPをせず解約したい方は、こちらから進めてください。

また、
解説は「画像」→「説明」の順で行います。

手順1

まず最初にこちらからOCNのトップページを表示します。
その後、画面右上の「マイページ」を開きます。

スマホの場合は、こちらの画像です。

手順2

「解約のお手続き」をクリックします。

手順3

「契約しているすべてのOCNサービスの解約はこちら」をクリック

手順4

「解約手続きへ進む」をクリック

手順5

「OCN全契約のご解約」をクリック

手順6

解約の手続きを行う画面へと移動するために、「お客さま番号」「認証ID」「認証パスワード」を入力していきます。
「認証ID」や「認証パスワード」がわからない場合は、認証ID入力欄の下にあるリンクへ飛びましょう。

手順7

解約の手続きを行う画面へ移動できたので、必須事項を入力し、「次へ」を押します。

また、解約希望日は特段理由がない限り、「今月末」を選ぶことをおすすめします。

手順8

「請求書送付先」の各項目を入力し、「次へ」を押します。

手順9

「ご解約の理由について」「OCN解約に関する連絡先」「確認メール」の各項目を入力し、「次へ」を押します。

手順10

最後に入力内容の確認をし、「解約する」を押せば完了です。

OCNモバイルONEの解約の注意点は?

ここまで、
OCNモバイルONEの解約手順を見てきましたが、
解約する際にいくつか気をつけることがあるので、
以下で紹介します。

違約金が発生するかどうか

OCNモバイルONEを解約するときにまず気をつけるべきなのは、
違約金が発生するかどうかです。

自分の契約しているプランに最低利用期間があるのかないのか、
何ヶ月間しようしたかなど、、、

違約金はもったいないので、なるべく回避しましょう。

SIMカードの返却

もう一つ気をつけなければいならないのが、
SIMカードの返却です。

多くの格安SIMではそうですが、
SIMカードは、サービスのご利用にあたり貸しだされるものなので、
解約やSIM交換などで不要になった場合、
速やかに返却する必要があります。

下の段落では、SIMカードの返却方法を解説します。

SIMカードを返却する方法

まず、
データ通信端末(スマートフォンなど)からSIMカードを取り出します。

次に、
台紙(メモ用紙など)に粘着テープで貼り付けます。

そうしたら、
封筒に台紙ごとSIMカードを入れて封をします。

最後に、
所定の郵便料金分の切手を貼って郵便ポストに投函してください。

SIMカード返却先の情報は、下記です。返却先の印刷はこちら
郵便番号〒261-7101
宛先WBG郵便局留 NTTコム SIM回収係

解約のキャンセルは不可

気をつけたいこととして、
OCNモバイルONEは解約のキャンセルはできません。

間違えて解約しないようにしましょう。

OCNモバイルONEは微妙だった…
乗り換え先のおすすめはコチラ!

OCNモバイルONEは速度が遅かった、、、
→なら、おすすめはこの格安SIM!

通信速度
NTTコミュニケーションズが運営するOCNモバイルONEは
格安SIMの中でも人気が高い会社ですが、
いくつかデメリットもあります。

その一つが、
通信速度が遅くなることがあるという点です。

OCNモバイルONEは基本的に通信速度は速いですが、
地域や時間帯によっては通信速度が遅くなることがあります。

そこで、
「どうしても通信速度にこだわりたい!!」
という人におすすめの格安SIMをご紹介します!

速度は、UQモバイルにお任せ!

UQモバイル
UQモバイルは自社で基地局を保有するauのサブブランドで、
通信回線にはau回線を使用します。

他の格安SIMと違うところは、
UQモバイルは回線を優先的に使えるので、
通常時や混雑時も高速な通信が可能です。
同様にsoftbankのサブブランドであるY!mobileも通信速度は高速ですが、
UQモバイルはさらに速いです。

さらに、
豊富なプランや、かけ放題プラン
口座振替など、付加価値ももりもりです。

その上料金も格安SIMというだけあって安く抑えられているので、
「通信速度」
「かけ放題」
「口座振替」
などにこだわる方におすすめです。

楽天モバイルは高速な上に通信無制限!

楽天モバイル
楽天モバイルの特徴は
通信速度の速さと、容量無制限です。

楽天モバイルでは、
自社回線の設立を進めていて、
それによって大容量、高速通信が可能になりました。

さらに現在、
1年間基本料無料のキャンペーンも行っており、
もはや契約しない理由が見つからない大盤振る舞いをしています。

基地局の関係で、
都市部の人しかその恩恵を預かれないのがネックですが、
逆に都市部の住む人なら今すぐ契約してもいいくらい、
素晴らしいサービスです。


先着300万名限定!
プラン料金1年間無料

rakuten-mobile
公式サイトはこちら >

OCNモバイルONEは公式ショップがない、、、
→なら、おすすめはこの格安SIM!

実店舗
OCNモバイルONEのもう一つの欠点は、
公式ショップがないことです。

今ではネットに様々な解説記事が出ており、
SIM太郎でもOCNモバイルONEについて
色んな角度から記事を書いていますが、

それでもいざという時、
実際のショップで店員さんに説明を聞けたほうが安心できます。

Y!mobileはsoftbankのサブブランドだから、日本中に店舗が充実!

Y!mobile
Y!mobileなら、
実店舗がないという不安は解消されます。

Y!mobileの店舗数は2020現在で881店舗にまで上り、
格安SIMの中では、群を抜く店舗数の多さです。

また、
回線自体も素晴らしく、
UQモバイルと同様にソフトバンクの純正回線を使って通信できるため、
高速通信ができます。

その他には、
どのプランを選んでも
10以内のかけ放題が標準でついてくるのは
嬉しいポイントです。

標準でYahooプレミアム会員になれるのも地味に嬉しいポイントです。

実店舗の有無や、通信速度にこだわりがある方に
おすすめの格安SIMです。

OCNモバイル ONEの解約まとめ

解約
いかがだったでしょうか。

ここまで解約の手順や、気をつけること、代わりの格安SIMなどを紹介してきましたが、思ったよりも難しくなかったのではないでしょうか。

また、OCNモバイルONE自体はとてもいい格安SIMで、
セットでお得に買える端末も魅力的なものばかりです。
同様に、
他の格安SIMもそれぞれ一長一短で、
それぞれの魅力があります。

最近では最低利用期間などもなくなりつつあるので、
自分にあったものを見つけるために気軽に乗り換えてみるのもいいかもしれません。
スポンサーリンク