格安SIMでLINEを使うために知っておくべきこと

格安SIMでLINEを使う方法 初心者入門
格安SIMに乗り換える際に引っかかるのがLINE問題です。
結論から言えば格安SIMでもLINEを使うことはできるのですが、認証や友達検索の仕方が大手キャリアとは異なってきます。
今回は乗り換えの際の注意点について説明していきます。

既存のスマホに格安SIMを入れてLINEを使う場合

今まで使用していたスマホに格安SIMを入れてLINEを使う場合は、アカウントの登録やデータの引き継ぎ、認証等の必要はありません。
今まで通り、LINEを使用でき友達リストもトーク履歴もそのまま引き継がれます。

LINEを再インストールしてしまうと、キャリアの時に行なった年齢認証が切れて格安SIMでは年齢認証ができないので、ID検索が使用できなくなるので注意が必要です。

新規のスマホに格安SIMを入れてLINEを使う場合

新規のスマホに格安SIMを入れて使う場合

LINEを新規登録する場合

新しく用意したスマホでLINEを使う場合は、ダウンロードし認証をする必要があります。
この認証をしないとLINEのアカウントを作ることができません。
LINEの認証方法はSMS認証・電話認証・Facebook認証の3種類となっています。
SMS機能有りの格安SIMの認証
音声通話SIMやデータSIMのSMS機能有りの格安SIMの場合、SMSを使って認証を行います。
SMS認証は自分の電話番号を入力し、LINEからSMSで認証コードが送られてくるのでその番号をLINEに入力するだけです。 音声通話SIMでは自分の電話番号、データSIMではSMSの電話番号が使用できます。
データSIMでSMS機能無しの格安SIMの場合
データSIMでSMS機能無しの格安SIMの場合はSMS認証が行えないので電話認証かfacebook認証を使います。 電話認証は自宅の固定電話の電話番号を使って認証をする方法です。電話認証はLINEに固定電話番号を入力するとLINEから固定電話で期間音声の電話がかかってきます。この電話で認証番号を聞き、その認証番号をLINEに入力します。

Facebook認証はFacebookのログインIDとパスワードを入力することで電話番号無しで認証をすることができます。Facebookのアカウントがある方は電話認証よりも楽なのでこちらをオススメします。
ただ、Facebook認証を使うとLINEの有料電話機能を使うことができなくなるので注意が必要です。

LINEのアカウントを引き継ぐ場合

大手キャリアのスマホで使っていたLINEを新しいスマホに格安SIMを入れて使う場合は、LINEの引き継ぎをする必要があります。引き継ぎを行わないと友達リストや有料スタンプ等のデータが無くなってしまいます。
以下で引き継ぎ方法を説明していきます。
メールアドレスを登録する
LINEのデータを引き継ぐ上で最も大事なのがメールアドレスの登録です。これをすれば友達リストや有料スタンプを引き継げるようになります。
メールアドレスの登録の仕方
1、LINEを起動する
2、その他→設定→アカウント→メールアドレス登録
3、メールアドレスとパスワードを入力し、確認を押す
4、入力したメールアドレスにLINEから認証番号が届く
5、認証番号を入力する これで、引き継ぎをできるようになります。新しく使うスマホでLINEをインストールし、メールアドレスでログインすることで今までのデータを引き継げます。

格安SIMのLINEでの友達登録の方法

格安SIMでLINEを使う場合、友達登録の方法も異なってきます。違いは、ID検索ができなくなることです。大手キャリアだと年齢認証ができたのですが格安SIMだと年齢認証ができないので自動的にID検索での友達追加ができなくなります。
そのため、ID検索以外のQRコード検索等の追加方法を使用する必要があります。
ただ、格安SIMの中でもLINEモバイルのみはID検索を使って友達追加ができます。どうしてもLINEでID検索を使いたい場合はLINEモバイルのみの選択肢となります。

LINEで使うデータ量の目安

LINEで使うデータ量の目安

LINEトークでのデータ量

LINEのトークで使うデータ量はごく僅かです。
テキストに関しては送受信でデータ量を気にする必要はありません。
画像の送受信については画像をダウンロード・アップロードする際にデータ量を使用しますが、2~4MBのみの消費です。100枚以上の画像の送受信でない限り気にする必要はありません。
注意する必要がるのは動画です。
LINEで動画を送る場合、最大5分と200MB以内の条件をどちらも満たす必要があります。
性能の良いスマホを使用するほど1秒あたりの動画のデータ量は多くなります。
1秒の動画で1MBのデータ量だとすると1分で60MBとなりLINEでは最大3分20秒の200MBの動画までを送信することができます。
短い動画なら良いのですが1分以上の動画を送る場合は多くのMBを使うことになるのでデータ量の消費に注意する必要があります。

LINE通話でのデータ量

LINEの無料通話では10分の電話で3MB、1時間で18MBとなります。
長電話を頻繁に行わない限り気にする必要はありません。

LINEビデオ通話でのデータ量

スマホでLINEのビデオ通話では10分で45MB、1時間で270MBものデータ量を消費します。 自宅等のWi-fi環境のある場所なら問題ないのですが、Wi-fi環境がない場所でビデオ通話をすると多くのデータ量を使ってしまうので通信制限にならないように注意が必要になります。

LINEをよく使う人にオススメの格安SIM

LINEモバイル
スマートフォンで良く使うアプリがLINEという方にオススメなのがLINEモバイルです。 先ほど紹介したようにLINEモバイルは唯一LINEのID検索ができることに加え、LINE・Twitter・Facebook・Instagramの4つが使い放題になるプランが用意されています。 使い放題とは、4つのアプリで使用したデータ容量が毎月使用できるデータ量に計算されないということです。 料金プランは以下の通りです。
プラン内容 料金
データ通信3GB+SMS1110円
データ通信5GB+SMS1640円
データ通信7GB+SMS2300円
データ通信10GB+SMS2640円
データ通信3GB+SMS+音声通話付き1690円
データ通信5GB+SMS+音声通話付き2220円
データ通信7GB+SMS+音声通話付き2880円
データ通信10GB+SMS+音声通話付き3220円
LINE コミュニケーションフリー
このプランだとLINE・Twitter・Facebook・Instagramでデータ容量を使用しないので、他のアプリに契約したGBを回すことができます。また、普段使用しているのがこの4つのアプリの場合、契約するGBを低く抑え、毎月の料金を安くすることもできます。 4つのアプリをたくさん使う方にオススメの格安SIMとなっています。 LINEモバイル公式サイトはこちら
LINEモバイル

まとめ

格安SIMはLINEモバイル以外はID検索ができなくなるのですが、基本的には今まで通りLINEを使用することができます。
また、どんなプランでもLINEを使用することはできるのでご安心ください。

Follow me!