初心者入門 格安SIM

【お手軽】SIMカッターとは?サイズ変更の使い方と注意点

更新日:

SIMカッターとは?使い方と注意点
スマホやタブレット等の端末には各通信事業者のSIMカードが入っています。
そのSIMカードには3種類の大きさがあり、端末ごとに挿入できるSIMカードの大きさが決められています。
例えば、使っているSIMカードが大きく使いたい端末に挿入できないことがあり、その際に用いられるのがSIMカッターです。SIMカッターを使うことでSIMをスマホに最適に大きさにカットすることができます。
しかし、扱いが難しく注意点も多くあります。
今回はSIMカッターの使い方と注意点を中心に解説していきます。

SIMカッターとは?

SIMカッターとは?
SIMカードのサイズには、標準SIM・micro SIM・nano SIM の3種類があります。
SIMカッターはそのサイズを変更するもので、大きいSIMカードを小さくカットしてサイズを整えることができます。
各SIMカードのサイズは以下の通りとなります。
・標準SIM:25mm × 15mm
・micro SIM:15mm × 12mm
・nano SIM:12.3mm × 8.8mm また、スマホに差し込むことができるSIMカードの大きさもスマホ端末によって異なります。現在では「nano SIM」が一般的でiPhoneやHUAWEIの最新機種では「nano SIM」のサイズのSIMカードが用いられています。 ただ、古い端末であったり日本で積極的に販売されていない海外端末の場合はSIMカードのサイズが異なる場合があります。 その際に、SIMカードをスマホに差し込めるようサイズ変更できるのがSIMカッターになります。 3,000円ほどの交換手数料を払わずにサイズ変更ができるのもメリットですが、交換手続き中に郵送でSIMカードを送られるのを待つことなくスマホを使い続けることができるのもメリットとなります。

SIMカッターの注意点

SIMカードを本来とは違うサイズにカットするわけなので注意点も多くあります。必ず、注意点を理解した上でカットを行なってください。

SIMカードが傷ついてしまう可能性も

SIMカードには情報を読み取る金属の部分があります。その部分は、回線に契約者情報が記録されており、電話番号等の情報が含まれています。
つまり、スマホで通話をするために必須なカードなのです。SIMカッターでカットする部分等を失敗すると、その部分に傷がつく可能性もあり、傷ついてしまうと正常にスマホが作動しなくなることがあります。

SIMカードが歪んでしまう可能性も

SIMカードがパンチやホッチキスのような作りで上から圧力を加えることでSIMカードをカットします。そのため正しい使い方をしないとSIMカードが歪んでしまう可能性もあります。
もちろん、歪んでしまったSIMカードはスマホに入れることができなくなります。

SIMカッターが壊れることも

SIMカードは想像以上に丈夫な作りとなっています。
そのため、安価なSIMカッターだと逆にSIMカッターが壊れる可能性もあります。 SIMカードの交換料を節約するつもりが、SIMカッターが壊れて買い直すようでは本末転倒です。

SIMカッターの使い方

SIMカッターの使い方は以下の手順となります。 1:使用している端末からSIMカードを取り出す
電源を切ってから取り出しましょう
2:自分がカットしたい大きさの枠をセットする
付属品として各サイズのSIMの枠が付いてくることが多く正確にはめ込みます
3:セットした枠をSIMカッターに差し込む
この際に表裏の向きを絶対に間違えないように注意しましょう
4;最終確認を行い、レバーを押してカットする
ゆっくり押し込むとズレる可能性があるので力強く一気にレバーを押し込みましょう

SIMカードの返却を求められる可能性も

SIMカッターを使う上で厄介なのがこの点です。
契約している通信事業者によっては解約時にSIMカードの返却を求められる場合があります。しかし、SIMカッターを使っていると3,000円ほどの損害金を請求されます。
自分が契約している内容を見直し、SIMカードの返却の必要性の有無を確認してください。 以前、私がドコモとauで解約を行なった際の例を紹介します。
どちらも解約時に契約しているスマホを今持っているか?と聞かれました。
私は「持っていません」と答えると、スタッフの方は「SIMカードはご自身で処分してください」と言われました。

オススメのSIMカッター

AmazonのSIM関連アクセサリで1位を取り続けているSIMカッターとなります。
説明やレビューも豊富で安心してSIMカードのカットが行えます。この商品より安いSIMカッターもあるのですが性能面で不安があり、安いSIMカッターを購入してSIMカードを壊し再発行するくらいなら最初から安心のSIMカッターを使用した方が良いと思います。 SIM変換アダプター 3点 (標準, マイクロ, nano) 、SIMリリースピン、金属トレイ付の5つの付属品がついており、本体もしっかりとしていてSIMカードのカットが問題なく行えます。

まとめ:SIMカッターの使い方

SIMカッターは自分でSIMカードの大きさを変更でき、時間もお金もかからない便利なアイテムとなっています。ただ、SIMカッターにもリスクがあり、カットに失敗する可能性や通信会社から違約金が発生する可能性もあります。
メリットも大きいのですがデメリットもあるので、SIMカッターの使用は良く検討し、リスクも承知の上で作業を行いましょう。

-初心者入門, 格安SIM
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.