Samsung スマートフォン

【docomo・au・UQmobile】スマホデビューにもおすすめ、シンプルな全部入りスマホ「Galaxy A20」のスペック詳細

投稿日:

Galaxy A20

docomoなど主要事業者から2019年秋冬モデルが発表され、発売開始している機種も出始めています。
10月から施行された電気通信事業法の改正により、スマホの割引には一定の歯止めがかかってしまい、今後のスマホ購入ではスマホ本体の購入額が高額になることが予想されています。
そんな中でも比較的低価格で、性能的にはシンプルながらも必要な機能は全部入っている「Galaxy A20」を候補に挙げてみてはどうでしょうか?
「Galaxy A20」のおすすめポイント、あまりよくないポイントをしっかり解説しますので、機種変更の参考にしてみてください。

Galaxy A20を3行でまとめると、、、

  • 5.8インチの大画面でもベゼル幅を抑えた持ちやすいサイズ感
  • 防水防塵、おサイフケータイと日本市場向けの機能にしっかり対応
  • スマホ初心者にも扱いやすいかんたんモードを標準搭載

Galaxy A20のファーストインプレッション

Galaxy A20の基本情報:スペック

価格25,920円
OSAndroid9.0
SoCExynos 7884B
1.6GHz×2+1.3GHz×6
RAM3GB
ROM32GB
外部メモリmicroSDXC
(最大512GBまで対応)
Antutuスコア63,000
ディスプレイ5.8インチ
カメラメイン:800万画素(広角・F値1.9)
フロント:500万画素(F値2.0)
バッテリー3000mAh
カラーレッド/ブラック/ホワイト
防水防塵防水:IPX5/8
防塵:IP6X
重量151g
対応バンドFD-LTE
(バンド1(2.0GHz)/バンド3(1.7GHz)/バンド19(800MHz))
3G(W-CDMA)
(バンド1(2GHz)/バンド6(800MHz)/バンド19(800MHz))

Galaxy A20の付属品

SIM取り出し用ピン(試供品)、クリアケース(試供品)

Galaxy A20のデザイン

Galaxy A20のデザイン

最近のハイエンドモデルのスマートフォンでは、デュアルカメラやトリプルカメラと、カメラは複数あるのが当たり前になりつつあります。
単にカメラを増やすだけでなく、搭載の仕方もフリップ方式やポップアップ方式など工夫を凝らしたものも少なくありません。
工夫を凝らした機種にはそれぞれの魅力がありますが、カメラにそこまでの機能を求めていないとか、外見がゴテゴテしすぎてとっつきにくいと感じる方も少なくはないでしょう。

Galaxy A20はアウトカメラ、インカメラそれぞれ1つずつのシンプルな構成で、インカメラも画面に水滴型のノッチの中に収めていて、可能な限りディスプレイに干渉しないシンプルなデザインになっています。
サイズ感も非常にコンパクトになっており、日常使いには負担を感じないデザインに仕上がりつつ、デザインカラーも3色展開で好みのカラーから選ぶことができます。

Galaxy A20の性能

持ちやすいサイズ感に5.8インチの大画面

手持ちサイズに大きなディスプレイ

ディスプレイサイズは迫力のある大画面だけど大きく重たい本体、軽くて小さいけどディスプレイサイズで我慢が必要。
どちらもスマートフォンを日常使いする中では、なにかを我慢するサイズになってしまいますねよね。
Galaxy A20では、手のひらサイズのコンパクトさを維持しながら、本体とディスプレイの縁をギリギリまで狭くし、画面下に物理ボタンを配置せず、インカメラも小さな水滴型のノッチに入れることで上下左右ギリギリまでディスプレイになるようにデザインされています。
その結果、コンパクトなのに十分な迫力を感じることができる5.8インチディスプレイを搭載することができ、持ちやすさと大画面を両立することができました。

手のひらサイズなのに大容量の長持ちバッテリーを搭載

しっかりした3,000mAhのバッテリー容量

スマートフォンのサイズと大きくかかわってくる要素にバッテリーの容量があります。
物理的に大きなスマートフォンであれば、重量も増えてしまいますが大きめのバッテリーを搭載することができます。
コンパクトサイズのスマートフォンの場合、バッテリーの大きさ自体が小さくなるため、バッテリー容量も少なくなるのが普通となっています。
しかし、Galaxy A20ではコンパクトサイズでも可能な限り大きなバッテリーを搭載しようと努力した結果、サイズに似合わない3,000mAhものバッテリーを搭載することができ、外出先でも安心して使用できるバッテリー持ちを実現しています。

防水防塵に対応しているので濡れても安心

濡れても安心な防水防塵対応

低価格スマートフォンでは、コスト増となる防水防塵への対応が省略されることが一般的です。
とくに海外メーカーの場合、早くから防水ケータイがあった日本市場と違って、防水への対応がそれほど重要視されておらず、ハイエンド機種でも防水なしになっている機種もあるほどです。
しかし、Galaxy A20は日本市場向けに対応するため、低価格スマートフォンの範囲にありながら、防水と防塵の両方に対応しています。
キッチンや洗面所など水気のあるところで使用していたり、うっかり水没するようなことがあっても安心して使用することができます。
アウトドアでの防塵対応により使用でも神経質になる必要がなく、環境に左右されずにスマートフォンを使うことができる機種になっています。

災害時にも使えるハイブリッドラジオを搭載

Galaxy A20に搭載している機能で、台風や地震といった自然災害が多い日本で、いざというときに安心な機能がハイブリッドラジオ機能です。
インターネットラジオにも対応したFMラジオ機能を搭載しており、普段使いでは場所、時間に関係なくインターネットラジオを楽しむことができ、災害時などネット環境がつながらない状態になった場合は、FMラジオ機能により情報取得を行うことができます。

おサイフケータイでキャッシュレスにも対応

日常を便利にするおサイフケータイ

低価格スマートフォンで防水対応と同じように省略されることが多い機能におサイフケータイ機能があります。
日本市場向けの限定機能になってしまうため、海外メーカーの場合は特に省略することが多く、キャッシュレスにスマホを使おうと思っても、おサイフケータイ機能がないスマートフォンの場合は我慢が必要でした。
しかし、Galaxy A20は低価格でも全部入りスマホになっているため、おサイフケータイもしっかり搭載されています。
消費税増税後のキャッシュレス支払いもGalaxy A20であればしっかり対応できます。

かんたんモードを使えばスマホをシンプル操作に

かんたんモードでシンプル操作

ガラケーからスマートフォンに乗り換える方、初めてスマートフォンを使う方にはスマホの操作は難しくてとっつきにくいと感じる方も少なくないようです。
Galaxy A20では、そういう「スマホデビュー」の方にも安心してスマホデビューしてもらうために、「かんたんモード」というシンプル操作でスマホを利用できるモードを標準搭載しています。
スマホの操作になれてきたら、かんたんに標準モードに切り替えることもできるので、安心してスマホデビューをすることができるでしょう。

まとめ:Galaxy A20は買いか否か

Galaxy A20を購入できる事業者は3つ

スマホに変えたいけど難しそうとか、デュアルカメラとかオクタコアとかスマホに多くの機能を求めていないけど、防水機能は欲しい、おサイフケータイも使いたい、と機能的に我慢するのは嫌
という方に、低価格で高性能とは言いませんが、必要な機能はすべてはいっているGalaxy A20は非常におすすめといえます。
すべての事業者から発売されているわけではないため、docomo・au・UQmobileを使っている方限定となりますが、シンプルな操作で扱えるスマートフォンが欲しい方、低価格スマホでいいけど全部入りスマホが欲しいと考える方はぜひ購入を検討してみてください。

UQ mobile 【ALL CONNECT】
スポンサーリンク

-Samsung, スマートフォン
-, ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.