【価格重視でコスパ良し】シンプル端末のMoto E5のレビュー!

Moto E5 Motorola
今回は、2018年6月にMOTOLORAよりリリースされた「Moto E5」のレビューです。SIM太郎では前回、「Moto G6」のレビューしましたが、それより価格を下回る2万円ほどで購入できてしまう激安モデルとなっています。
はたして性能はどうなのでしょうか?

Moto E5を3行でまとめると、、、

・2万円を切る価格のエントリーモデル
・シンプルなデザイン
・ディアルSIM対応

Moto E5のファーストインプレッション

Introducing new moto e5 plus Big screen. Big battery.
やはり、Moto G6と同じようにシンプルな端末ですね

スペック(性能)

価格19,980円
RAM/ROM2GB/16GB
SoCQualcomm® Snapdragon™ 425 (MSM8917)
1.4GHz ×4 クアッドコアCPU
Adreno 308
OS
Android™ 8.0
バッテリー容量4,000mAh
Antutuスコア45090
カラーファインゴールド/フラッシュグレー
重量173g
対応バンド通信方式(4G)
B1 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
通信方式(3G)
B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6含む)
通信方式(2G)
850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
スペック的にはエントリーモデルと言え、RAMとROMもMoto G6よりも一段階ほど下がった性能となっています。ただ、バッテリーは4,000mAhと約2万ほどで購入できる端末にしては大容量となっています。
また、Motorolaはアメリカにて確実な販売実績があるので安心感はあります。 スペックの読み方、判断基準についてはこちら

Moto E5の付属品

USB充電器、USBケーブル、ヘッドセット、SIM取り出しピン、クイックスタートガイド、LG(安全/規制/法令/保証について) 付属品としては上記の内容が同梱されております。中華端末とは異なり、本体ケースや保護シールは同梱されていないので自分で購入する必要があります。

Moto E5の性能

背面の指紋認証センサーにロゴ

MotoE5の指紋認証
Moto E5は指紋認証に対応しており、背面に配置することで18:9液晶、5.7インチMax Visionディスプレイ採用の前面のディスプレイ割合が高くなっています。
また、背面の指紋認証センサーはMotorolaのロゴとなっており、粋なセンスを感じました。

4,000mAhの大容量バッテリー

やはり、MotoE5を語る上ではバッテリーが1つの魅力になるのではないでしょうか。この価格帯では多めとなる4,000mAhの大容量で丸一日スマホを使用しても電池持ちすると思います。

格安SIMでの取り扱い

格安SIM会社本体料金購入ページ
LINEモバイル18,800円LINEモバイル公式サイトはこちら
LINEモバイル
BIGLOBEモバイル17,760円
6,960円(通話SIMとセット)
BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら
DMMモバイル15,000円DMMモバイル公式サイトはこちら
IIJmio16,800円IIJmio公式サイトはこちら

まとめ:Moto E5は買いか否か

スペックを見ると少し物足りない感じがしますが、性能よりも価格重視でスマホを安く使いたいという方にはオススメできます。中華スマホのように自分でSIMフリー版を注文してSIMと組み合わせるのではなく格安SIMとセットで購入できるので初心者の方でもハードルが低く、使いやすい端末であると思います。

Follow me!