ユーザー登録(無料)
ログイン

HUAWEI スマートフォン

HONOR X10の詳細スペック!2.7万円でKirin 820、ポップアップカメラ搭載!


投稿日:


HUAWEIのサブブランドであるHONORは2020年5月20日にHONOR X10を正式発表しました。前モデルはHONOR 9Xですが今回のモデルはHONOR X10となります。

HONOR X10を3行でまとめると、、、

  • 2万円台のコスパ最強ミドルレンジ
  • RYYBセンサー採用の40MPを含むトリプルカメラ
  • 5G対応のKirin 820搭載、Antutuは38万点

HONOR X10のファーストインプレッション

HONOR X10の基本情報:スペック

HONOR X10の付属品

  • AC充電器
  • ディスプレイ保護フィルム(貼り付け済み)
  • 専用ケース
  • SIMピン
  • Type-Cケーブル
  • クイックガイド

HONOR X10のデザイン

カラーは4種類

HONOR X10のカラーはブラック、シルバー、ブルー、オレンジの4種類です。
またXシリーズの特徴であったXの文字はHONOR X10にはありません。

写真だと伝わり難いですが、Honor 10Xの筺体は非常に光沢のあるデザイン
発表会では「黄金比」を意識して設計したと言及されていました。

指紋認証センサーは側面に0.3秒で解除

HONOR X10の発表会画像
HONOR X10の指紋センサーは側面にあります。
少し縦長な指紋センサーですが周辺がくぼんでいるためとても触れやすい位置にあります。
また、HONOR X10の指紋センサーは電源ボタン兼用で物理的に押すことができます。
発表会では、HONOR 10Xロック解除速度は0.3秒と言及されましたが、筆者の使用しているHONOR 9X(前モデル)は押した瞬間に解除されるのでHONOR X10もかなり早く解除できそうです。

6.63インチのディスプレイ+ポップアップインカメラ搭載

HONOR X10の発表会画像
HONOR X10のディスプレイは2400×1080 FHD+、リフレッシュレート90Hzに対応の6.63インチIPS液晶を採用しています。
加えて、HONOR X10はポップアップカメラを搭載しているためノッチやパンチホールはありません。フルスクリーンでゲームをしたい人にはいいかもしれません。

ただ、HUAWEIやHONORのポップアップカメラは顔認証には使用されません。
そのため、顔認証には非対応で側面の指紋認証のみ

HONOR X10の性能

SoCには5G対応のKirin 820搭載

HONOR X10の発表会画像
HONOR X10は、HUAWEI P40 lite 5GやHONOR 30Sに搭載されているSoCと同じ5G対応のKirin 820を搭載しています。
(現在日本ではHONOR X10で5G通信を行うことはできません。)

Kirin 820はHiSilicon唯一のミドルレンジ5G対応で、先日Qualcommから発表されたSnapdragon 768GよりもAntutuスコアの高い、380000点を記録しています。

そのため、SNSはもちろん、最新の3Dゲームもサクサク遊べる性能があります。
HiSilicon、Qualcomm、MediaTekミドルレンジ向けSoCの性能はここ2年間で飛躍的に向上しており、ゲームを多くプレイする人であってもミドルレンジスマートフォンで十分なスペックがあるように感じます。

4300mAhのバッテリーを搭載し22.5W急速充電をサポート

HONOR X10の発表会画像
HONOR X10は4300mAhの大容量バッテリーを搭載しています。前モデルであるHONOR 9Xに比べ300mAh容量が増加し、本体重量は増加せず、むしろ3gの軽量になっています。

HONOR X10の発表会画像
また、HONOR X10は22.5Wの急速充電に対応しています。

40MPを含むトリプルカメラにRYYBセンサー搭載

HONOR X10の発表会画像
HONOR X10のカメラは4000万画素(メイン) + 800万画素(超広角) + 200万画素(マクロ)のトリプルカメラです。
前モデルのHONOR 9Xでは暗所での撮影に弱かったのですが、HONOR X10はRGGB配列のセンサーではなくRYYB配列のセンサーを採用し、より多く光を取り込むことが可能になり綺麗な夜景撮影が期待できます。
右がHONOR X10での撮影画像です。
比較されているスマートフォンが何かはわかりませんが、かなり明るい写真が撮影できています。

まとめ:HONOR X10はどんな人にオススメか?

HONOR X10の価格は、4GB+64GBモデル(2.9万円)、6GB+128GBモデル(3.3万)、8GB+128GB(3.6万円)です。vmallで5月20から予約開始しています。

同じKirin 820を搭載したHONOR 30Sが4.1万円、HUAWEI P40 lite 5Gが4.7万円なのでHONOR 10Xは1万円以上安いですが、今までのモデルと異なりEMUIではなくMagic UI 3.1を搭載し、GMS(グーグル関連サービス)非搭載なので注意です。

GMSを自力でインストールできる人にはとてもコスパのいいスマートフォンですね!
筆者はHONOR X10を購入する予定ですので今後のSIM太郎をチェックしていただけると嬉しいです。


スポンサーリンク

-HUAWEI, スマートフォン
-, ,