SHARP スマートフォン

Android Oneとは?特徴と良いところ、イマイチなところを解説!

投稿日:

Android One

近頃、ワイモバイルの携帯ショップにいくと「Android One」というスマホを目にすることが増えています。
XperiaやGalaxy、AQUOSといったよく聞く有名メーカースマホのシリーズ名とは異なりますが、同じ名前がついているためワイモバイルのどこかのメーカーのシリーズ名と思う方もいるでしょう。

そんなAndroid Oneの正体といいところ、いまいちなところを解説していこうと思います。
特徴を把握しておくと、人によっては購入するのにちょうどよい候補になる機種ですので読んでみてください。

Android Oneを3行でまとめると、、、

  • 長く使えるAndroidスマホを目指してGoogle主導で開発しているスマホのシリーズ名
  • 長く使えるように最低2年間はOSのアップデートを保証している
  • トップメーカーのハイエンドモデルと比べると機能的には抑え目になっている

AndroidスマートフォンのOSアップデート事情

最近ではAndroidスマホの性能もかなりよくなってきています。
そのため、1~2年で買い替えを行わずに長く使おうと思う方も増えてきていると思います。

ただ、アップルのiPhoneがかなり長期間にわたって古い機種もiOSのアップデートを提供し続けるのに対して、AndroidOSのアップデートは過去機種に対していつまで実施するかは開発したメーカー各社にゆだねられているのが実情です。
そうなってくると、人気のある機種は販売数も多く、ある程度発売から時間が経過してもアップデートを提供してくれますが、いつまでもアップデートを保証するのはメーカーにとって負担が大きく、メーカーによってはそうそうにアップデートを打ち切ることも少なくありません。

現在のAndroidOSのバージョンは「9.0」ですが、発売から時間の経っている機種の中には、まだまだ性能的には満足して使うことができて、使用しているユーザーも存在しているにもかかわらず、バージョンが6.0や7.0で止まっていて、最新機能が利用できないというユーザーも少なくありません。
同じ時期にiPhoneを購入したユーザーがiOSの最新機能を利用できることと対照的な状況と言えます。

Android Oneとはなに?

AndroidOSを提供しているGoogleからすると、OSのバージョンアップは次々に実施していきたいものの、スマホ側のアップデートがついてこない事情は非常に歯がゆいものがあったはずです。
そんな状況を改善するために「Android One」というシリーズが誕生しました。

AndroidOSの最新機能を長くつかってもらうために、OSアップデートを「最低でも2年間保証」することを前提にGoogle主導で開発したスマートフォンが「Android One」です。
Google主導で開発したとしても、実際の製造や開発は各メーカーとなるため、OSアップデートをメーカー側が打ち切ってしまうと何の意味もありません。

そのため、開発を主導するとともに「Android One」を名乗るためには「最低2年の最新版へのアップデート保証」をメーカー側に約束させることになります。
メーカー側はOSのアップデート期間が長くなるものの、OSの開発元であるGoogleのフォローを受けることができるという利点も発生します。

そんなわけで「Android One」は特定の事業者やメーカーのスマートフォンのシリーズ名を指すのではなく、GoogleのAndroidOS最新版を長く使えるように開発したスマートフォンのシリーズ名を指します。
そのため、メーカーも1社ではなく、参加したメーカーごとに発売されるため、同じシリーズ名を別々のメーカーが発売するというユニークな状況が生まれています。

Android Oneの基本情報

Android Oneは低価格でスマートフォンとして標準的な性能のSシリーズと、いろいろ使いこなしているハイスペック志向のひと向けのXシリーズの2ラインの展開を行っています。
それぞれのシリーズの特徴を解説します。

Android One Sシリーズ

CPUの性能を抑え、指紋認証やおサイフケータイといった機能も省いたモデルをそろえています。
海外メーカーの低価格モデルでよくある「防水対応も省略」ということはなく、防水対応は残してくれているところはうれしいところです。
スマートフォンとして基本的な機能は十分そろっているため、指紋認証やおサイフケータイ機能が不要でゲームなどCPU性能を求めていない方、現在2年以上前のスマートフォンを現役で使っていて機能的に不満はないけど、OSのアップデートが止まってしまっていることに不満を持っている人にはちょうどいいモデルになるでしょう。

Android One Xシリーズ

既にスマートフォンでおサイフケータイや指紋認証を利用中の方やスマホゲームなどもしっかり楽しみたいひとにはCPU性能もハイスペックよりにしたXシリーズがおすすめです。
あとで述べますが、ハイスペックよりとはいえ主要メーカーのハイエンドモデルと比べると性能は負けてしまいます。
(最新モデルに限らず、発売から2年以内のハイエンドモデルにも負けてしまう場合があるでしょう。)

Android Oneのいいところ

一番いいところは最低でも2年間はOSのアップデートが保証されているところです。
「最低2年」となっているため、保証はされないものの2年以上前でも引き続きアップデートされる可能性は高いでしょう。
iPhoneユーザーが最新のOSを使っているのとうらやむ必要がなくなります。

Android One以外のスマホでもメーカーの頑張り次第では継続してアップデートされる場合もありますが、独自機能に対する動作確認などが必要となる分、アップデートが実施されるまで時間がかかることが一般的です。
しかし、Android Oneの場合は定期的にアップデートすることが前提となっているため、アップデートの提供が比較的早いことも特徴です。
その分、他のAndroidスマホより最新のOSが提供する機能をいち早く利用できるメリットがあります。

また、メーカーオリジナル機能は抑え目になっていて、Androidの標準機能をベースに構成されているため、余分と感じる機能が少なく、使い勝手がシンプルで優しいつくりになっています。

Android Oneのいまいちなところ

Androidの標準機能をベースに構成しているため、メーカーの独自要素やハイエンド機能は制限されており、ハイエンド向けでは標準搭載になりつつあるデュアルカメラは2019年時点では搭載されていません。
メーカー色も抑えているため、メーカーで選んだとしても場合によっては違和感を感じるでしょう。

Android Oneの機種情報

Android Oneシリーズとして日本で発売された機種の情報を紹介していきます。
日本国内では、スタンダードなSシリーズ5機種と、ハインエンドよりのXシリーズ5機種の全部で10機種がこれまでにワイモバイルとソフトバンクから発売されています。
2年以上前に発売された機種の中には現在販売されていないものもありますが、各機種ともAndroid9.0へのアップデート対象となっています。

Android One S1

Android One S1
価格
SoCSnapdragon430
(1.4GHz×4+1.1GHz×4)
RAM2GB
ROM16GB
ディスプレイ5インチIGZO液晶
(1920×1080ピクセル)
カメラメインカメラ
・1310万画素
インカメラ
・800万画素
バッテリー2530mAh
カラーホワイト/ブラック/ピンク/ターコイズ
サイズ143mm×69mm×8mm
重量134g
防水等防水(IPX5/7)・防塵(IP6X)
メーカーシャープ
事業者ワイモバイル
発売日2017年2月24日

シャープから提供するAndroid Oneということで、AQUOSシリーズと同じようにIGZO液晶を搭載しています。
それ以外のAQUOSシリーズで提供している機能はないため、シャープの液晶は好きだけど、AQUOSシリーズの機能は必要ないという方に向いています。

Android One S2

Android One S2
価格
SoCSnapdragon425
(1.4GHz×4)
RAM2GB
ROM16GB
ディスプレイ5インチ
(1280×720ピクセル)
カメラメインカメラ
・1300万画素
インカメラ
・200万画素
バッテリー2300mAh
カラーレッド/ネイビー/ホワイト
サイズ143mm×72mm×10.6mm
重量142g
防水等防水(IPX5/7)・防塵(IP5X)・耐衝撃
メーカー京セラ
事業者ワイモバイル
発売日2017年3月10日

京セラ製のAndroid Oneでは、防水・防塵対応に加えて京セラ製スマホで特徴となっていることが多い、耐衝撃性能がAndroid Oneに追加されています。

Android One S3

Android One S3
価格32,400円(機種変更)
SoCSnapdragon430
(1.4GHz×4+1.1GHz×4)
RAM3GB
ROM32GB
ディスプレイ5インチIGZO液晶
(1920×1080ピクセル)
カメラメインカメラ
・1310万画素
インカメラ
・500万画素
バッテリー2700mAh
カラーネイビーブラック/ホワイト/ピンク/ターコイズ
サイズ144mm×71mm×8.5mm
重量143g
防水等防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)
メーカーシャープ
事業者ワイモバイル・ソフトバンク
発売日2018年1月19日

シャープのIGZO液晶を搭載したAndroid One S3は、ワイモバイルに加えてソフトバンクでも取り扱い対象となり、より多くのユーザーが利用できるようになっています。

Android One S4

Android One S4
価格32,400円(機種変更)
SoCSnapdragon430
(1.4GHz×4+1.1GHz×4)
RAM3GB
ROM32GB
ディスプレイ5インチ
(1920×1080ピクセル)
カメラメインカメラ
・1300万画素
インカメラ
・500万画素
バッテリー2600mAh
カラーホワイト/ブラウンブラック/ライトブルー/ピンク
サイズ145mm×72mm×8.4mm
重量130g
防水等防水(IPX5/7)・防塵(IP5X)・耐衝撃
メーカー京セラ
事業者ワイモバイル
発売日2018年2月8日

京セラ製Android One S4には京セラの耐衝撃機能を追加しています。
本体だけではなく、ディスプレイも割れにくくした「ハイブリッドシールド」を採用しています。

Android One S5

Android One S5
価格53,676円
SoCSnapdragon 450
(1.8GHz×8)
RAM3GB
ROM32GB
ディスプレイ5.5インチIGZO液晶
(2160× 1080ピクセル)
カメラメインカメラ
・1200万画素
インカメラ
・800万画素
バッテリー2700mAh
カラークールシルバー/ダークブルー/ローズピンク
サイズ148mm×71mm×8.1mm
重量149g
防水等防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)・耐衝撃
メーカーシャープ
事業者ワイモバイル・ソフトバンク
発売日2018年12月21日

シャープ製Android One S5は5.5インチの大画面IGZO液晶を搭載し、美しい画面でスマホを楽しむことができます。
またシャープ製Android Oneとしては珍しく耐衝撃にも対応した点も特徴です。

Android One X1

Android One X1
価格
SoCSnapdragon435
(1.4GHz×4+1.1GHz×4)
RAM3GB
ROM32GB
ディスプレイ5.3インチIGZO液晶
(1920×1080ピクセル)
カメラメインカメラ
・1640万画素
インカメラ
・800万画素
バッテリー3900mAh
カラーダークパープル/ミントグリーン/ホワイト
サイズ152mm×74mm×8.9mm
重量169g
防水等防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)
メーカーシャープ
事業者ワイモバイル
発売日2017年6月30日

Android One Xシリーズの中では、CPUはSnapdragon400番台シリーズになっていますが、シャープ独自のIGZO液晶に加えて、Sシリーズにはない生体認証とおサイフケータイ機能が追加されています。
ゲームを思いっきり楽しみたいなど、CPU性能を求めないのであれば、機能的には十分なモデルになっています。

Android One X2

Android One X2
価格
SoCSnapdragon630
(2.2GHz×4+1.8GHz×4)
RAM4GB
ROM64GB
ディスプレイ5.2インチ
(1920×1080ピクセル)
カメラメインカメラ
・1600万画素
インカメラ
・1600万画素
バッテリー2600mAh
カラーサファイアブルー/アイスホワイト
サイズ149mm×73mm×8.1mm
重量142g
防水等防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)
メーカーHTC
事業者ワイモバイル
発売日2017年12月1日

HTC製のAndroid Oneでは、HTC製スマホに搭載されている独自機能エッジ・センスを搭載しています。
ソフトウェア側の対応が必要な独自機能が搭載される例は珍しいですが、その上でOSアップデート保証がついているのはうれいしいポイントです。

Android One X3

Android One X3
価格45,252円(機種変更時)
SoCSnapdragon630
(2.2GHz×4+1.8GHz×4)
RAM3GB
ROM32GB
ディスプレイ5.2インチ
(1920×1080ピクセル)
カメラメインカメラ
・1300万画素
インカメラ
・800万画素
バッテリー2800mAh
カラーホワイト/ライトブルー/ブラック
サイズ149mm×72mm×8.2mm
重量150g
防水等防水(IPX5/7)・防塵(IP6X)・耐衝撃
メーカー京セラ
事業者ワイモバイル
発売日2018年1月25日

京セラ製Android One Xでは、CPU性能をSnapdragon600番台シリーズで性能を高めるとともに、耐衝撃機能も追加しています。

Android One X4

Android One X4
価格67,932円
SoCSnapdragon 630
(2.2GHz×4+1.8GHz×4)
RAM3GB
ROM32GB
ディスプレイ5.5インチIGZO液晶
(2160× 1080ピクセル)
カメラメインカメラ
・1640万画素
インカメラ
・800万画素
バッテリー3100mAh
カラーオーシャンブルー/パールホワイト/ボルドーピンク
サイズ151mm×71mm×8.9mm
重量157g
防水等防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)
メーカーシャープ
事業者ワイモバイル
発売日2018年6月7日

シャープ製Android One X4は、IGZO液晶も5.5インチと大きな画面になり、CPU性能もSnapdragon600番台シリーズ、指紋認証、おサイフケータイと一般的なスマホの使い方をする分には十分な機能がそろった誰にでもおすすめできるモデルにしあがっています。

Android One X5

Android One X5
価格83,484円
SoCSnapdragon 835
(2.45GHz×4+1.9GHz×4)
RAM4GB
ROM64GB
ディスプレイ6.1インチ
(3120× 1440ピクセル)
カメラメインカメラ
・1600万画素
インカメラ
・800万画素
バッテリー3000mAh
カラーニューモロッカンブルー/ミスティックホワイト
サイズ153.9mm×71.9mm×7.9mm
重量158g
防水等防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)
メーカーLGエレクトロニクス
事業者ワイモバイル
発売日2018年12月13日

LGエレクトロニクス初のAndroid Oneは6.1インチと大画面ディスプレイにCPU性能がSnapdragon800番台シリーズと世代は最新ではありませんが、ハイエンド向けCPUを搭載してきました。
メモリ容量も4GBになるなど、性能面もしっかりしているため、OSアップデートとあわせて長く使えるモデルになっていると言えます。

まとめ:Android One機種は買いか否か

誰にでも当てはまる話ではなく注意点はありますが、ズバリ「買い」です。

現在発売されていない機種も含めてすでに10機種が登場しているAndroid Oneシリーズですが、どのモデルもAndroid9.0にアップデート済みとなっています。
Android One以外の機種では、アップデート対応なしになっているモデルや対応予定となっていても、メーカー側の検証が完了せず、適用開始していない機種もある中、既に発売から2年半近く経っている機種も含めて対応済みというのはすばらしいことです。

その反面、現在ハイエンド向けでは当たり前となっているデュアルカメラにすら対応できておらず、CPU性能も抑え気味になっているため、AI機能といった点は利用が難しいということは意識しておく必要があります。

スマホを長く使いたい、ハイエンド向けのデュアルカメラはトリプルカメラには興味ないという方には文句なしにおすすめとなります。
あとは、最新のOSが提供してくれる機能をいち早く使いたいという方もおすすめ機種となります。

現在、発売されている機種の中から選ぶのもよしですが、まだ使用中の機種が1年程度しか経っておらず、機種変更はまだ早いという方であれば、今後発売されるAndroid One機種も候補に入れてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

-SHARP, スマートフォン
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.