ニュース

【コードネームは原子爆弾】Redmi Note 10はDimensity 820搭載でミドルレンジ最高峰の性能!?

投稿日:

Redmi Note 10 Pro
XiaomiのサブブランドRedmiが手掛けるRedmi Noteシリーズ
先月Redmi Note 9シリーズを発表されたばかりですが、早くもRedmi Note 10シリーズのリーク情報が出ています。

先日、当メディアでも報じたようにRedmi Note 10は既にTENAAに掲載
そして新たにGeekbenchに掲載されたデータからパフォーマンスの一部が明らかになっています。

Geekbenchのデータベースに掲載された端末は2つ
・モデル番号:Xiaomi M2004J7AC(コードネーム:atom)
・モデル番号:Xiaomi M2004J7BC(コードネーム:bomb)

端末名こそは確定できないものの、直近のTENAA認証やリーク情報から総合的に鑑みて末尾ACが「Redmi Note 10」、末尾BCが「Redmi Note 10 Pro」だと推測できます。

Geekbenchのデータベースによると、両端末ともSoCの欄に「ARM MT6875」と記されており、MediaTekが間もなく発表する「Dimensity 820」(※またはDimensity 800+)であると伝えられています。

他のSoCと比較しながらDimensity 820搭載のRedmi Note 10シリーズの性能を見ていきましょう。

Dimensity 820(ARM MT6875)Snapdragon 765GKirin 980Snapdragon 855
サンプル端末Redmi Note 10
Redmi Note 10 Pro
Redmi K30
OPPO Reno3 Pro
HUAWEI Mate 20 Pro
HUAWEI P30 Pro
Xiaomi Mi 9
Google Pixel 4
シングルスコア644
636
582(中央値)
592(最大)
707(中央値)
708(最大)
744(中央値)
751(最大)
マルチスコア2156
2634
1598(中央値)
1676(最大)
2558(中央値)
2563(最大)
2694(中央値)
2856(最大)
比較すると分かりやすいのですが、同じくミドルレンジSoCとして競合のQualcomm製Snapdragon 765Gよりも高い性能
また、一世代前のハイエンドSoC Kirin 980やSnapdragon 855にも迫る性能を有していることが分かります。
(Dimensity 820は、最大2.6GHzのクロック数であるとも伝えられておりますが、Geekbenchでのクロック数は2.0GHz。そのため、実際はさらに高いベンチマークスコアを記録する可能性があります。)

Redmi Note 10シリーズは、Redmi Noteシリーズとして初の5Gに対応し、ミドルレンジ端末として最高レベルのパフォーマンスを搭載することが濃厚
価格次第ですが同シリーズは、例年安価でリリースされるため世界中で大ヒットする可能性があります。

しかし、一点気になることが。
Redmi Note 10のコードネームが"atom"
Redmi Note 10 Proのコードネームが"bomb"
2つ繋げると"atombomb"日本語に訳すと「原子爆弾」

偶然かも知れませんが、先日の件を思い出します。
Redmi Note 9シリーズのPR動画に原子爆弾を揶揄する表現が含まれており、日本を中心に炎上、Xiaomi GlobalとXiaomi Japanが公式で謝罪を行う事態まで発展しました。

Xiaomi Globalの謝罪文には「社内に監査委員会を立ち上げ、二度とこのような過ちを犯さないように、今後全ての販促資料を慎重に作成し、審査するようにいたします。Xiaomiは、世界中の方々およびあらゆる文化を尊重しております。」と述べています。

その結果が、コードネーム"atom"と"bomb"の採用なのでしょうか。
通常、コードネームは一般ユーザーが見ることもない箇所ですし、前回の販促資料とは異なり開発側の設定だと思われます。

ただ、前回の1件の直後かつ、炎上したモデルの後継機となるRedmi Note 10で同じく原子爆弾を意味するコードネームの採用

どのような意図で"atom"と"bomb"を採用したのか非常に気になるところです。

ちなみにRedmi Note 9のコードネームは"merlin"(12世紀の偽史『ブリタニア列王史』に登場する魔術師)
Redmi Note 9 Proのコードネームは"curtana"(イギリス王家に代々伝わる剣の名称)
Redmi Note 9 Pro Maxのコードネームは"excalibur"(アーサー王伝説に登場する、アーサー王が持つとされる剣)

source(1)
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.