ニュース

Xiaomi、2020年に日本のスマホ市場に参入

投稿日:

Xiaomi
日本経済新聞は、Xiaomiが2020年に日本のスマートフォン市場に参入予定であると報じました。

Xiaomiの海外事業を担当する王翔高副総裁は「日本で複数のスマートフォンとスマートウォッチなどを投入する」と述べました。
また、参入時期については「(日本で)性能テストを受ける必要があるために言えないが、20年には参入できるだろう。早ければ早いほどいい」販売目標や投入製品については、「目標よりも日本の消費者が好きな商品を日本に持ち込みたい」と述べました。

Xiaomiは近く日本に子会社を設立し、参入に備えるとのこと。
参入当初はインターネットなどの独自の販売網で販売する見通し。
しかし、日本では通信会社でスマートフォンを購入する消費者が多いため「通信会社とも連携したい」と述べました。
具体的な企業名は明かしませんでしたが、今後少しずつ明らかになってくるでしょう。

Xiaomiのスマートフォンはコスパの高さが人気でSnapdragon 855を搭載したフラグシップ機「Mi 9」や最安の5G通信対応スマートフォンと知られる「Mi MIX 3 5G」などがあります。
これらは、他のメーカーの市場価格を大きく下回る価格で販売しており、スマホの世界シェアでもAppleに次ぐ世界4位のメーカー。

Xiaomiが日本でどのような端末をどのような価格で販売していくのか非常に楽しみですね!
どちらにせよ、日本のスマートフォン業界に旋風を巻起こすことになるでしょう。

一方、日本市場に力を入れ始めているOPPOや5G通信でシェアを伸ばそうとしているSONYからしたら、大きなライバルが突然現れたことになります。

source
スポンサーリンク

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.