ユーザー登録(無料)
ログイン

ニュース

Xiaomi、スマホ出荷台数で世界3位に陥落!Appleが2位を奪還 ー2021年第2四半期


投稿日:


2021年第3四半期、世界のスマートフォン出荷台数でAppleが2位を奪還し、Xiaomiが3位に陥落したことが明らかになりました。

市場調査会社 Canalysは10月29日、2021年第3四半期における世界のスマートフォンの出荷台数に関する市場レポートを公開しました。

同レポートによると、2021年第3四半期(7~9月)のスマートフォン出荷台数は3億2550万台。世界的な半導体不足によって前年同期比で6%の減少となりました。
そして、メーカー別の出荷台数ではSamsungが6940万台で21%のシェアを獲得し1位、Appleは4920万台で15%のシェアを獲得し2位、Xiaomiが4400万台で14%のシェアを獲得し3位となっています。

2021年Q3出荷台数
(百万単位)
2021年Q3
市場シェア
2020年Q3出荷台数
(百万単位)
2020年Q3
市場シェア
前年同期比
Samsung69.421%80.223%-13%
Apple49.215%43.212%+14%
Xiaomi44.014%47.114%-7%
OPPO36.711%31.19%+18%
vivo34.211%31.89%+8%
その他91.928%114.633%-20%
合計325.5100%348.0100%-6%
Xiaomiは2021年第2四半期、驚異的な成長を見せて世界のスマートフォン出荷台数でAppleを抜き、世界第2位のスマートフォンメーカーへと躍進しましたが、第3四半期は520万台の差を付けられてAppleが2位奪還を果たしています。

Xiaomiは、 2021年第2四半期の出荷台数でAppleを抜いたことを各SNSや発表会でアピールし、同年8月10日に開催された新製品発表会にて同社CEOの雷軍氏は「3年以内に世界1のスマートフォンメーカーになる」と高らかに宣言しています。

雷軍CEO自らが公の舞台で2024年以内にAppleだけでなくSamsungをも超えることを公約として掲げているだけに、その自信が伺え、Xiaomiファンの期待も集まっていました。
しかし、蓋を開けてみれば翌四半期でAppleに差を付けるどころか追い越されてしまう顛末に。

また、10月に最新のiPhone 13シリーズが発売されたことを鑑みると、第4四半期ではさらに差を付けられてしまうことが懸念されており、2021年の年間出荷台数ではXiaomiが3位に落ち着く可能性が高いと考えられます。

2024年までまだ時間はありますが、Xiaomiが世界1を達成するにはスマートフォン業界の絶対的王者であるSamsungを早くに射程圏内に捉える必要があり、Appleと2位の座を争っている時間の猶予はありません。

source(1)
スポンサーリンク