ニュース

Qualcomm「MediaTekのベンチマーク不正」に関する声明を発表

投稿日:

Snapdragon
先日、台湾SoCメーカー MediaTekがベンチマークアプリにおいて実際よりも高いパフォーマンス結果が出るように不正行為をしていたことが明らかになりました。

不正行為発覚後、MediaTekは同社のHPにて「ベンチマーク結果は適切である、他の競争相手も同様の行為を行なっている。」と声明を発表しました。

SamsungやHiSilicon、Appleは主に自社端末向けのSoCを提供しているためMediaTekの言う"競争相手"は、Qualcommであることが示唆されています。


MediaTekの声明の中で、言わば"とばっちり"を食らったQualcommでした。

これを受け、Qualcommは米メディア Android Authorityに対して、声明を発表しました。
「同社は、ベンチマークアプリをホワイトリストに登録していない。ホワイトリストとは、リストに入れた特定のアプリのみデバイスのパフォーマンスを向上させるものです。
ベンチマークアプリをホワイトリストに登録することは、ベンチマークの目的に反するため、一般的に業界では"不正行為"と見なされています。」

MediaTekの主張も業界シェアNo.1のQualcommによって一蹴されていましました。
近年、存在感を強めつつあるMediaTekですが、論争ではなく性能でQualcommに勝負を挑んで欲しいところです。

ただ、消費者として見ている分にはMediaTekのような勢いのある企業が、業界最大手のQualcommを刺激して競争することで優れたSoCの開発にも繋がるのではないかと思っています。

source
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.