ニュース

【公式情報】OPPO Reno Ace 2のスペックが一部公開!Find X2との差別化に注目

更新日:

OPPOはWeibo公式アカウントにて未発表のOPPO Reno Ace 2の一部スペックを公開しています。

Reno Aceシリーズは、日本未発売ですが日本でも発売されているFind Xシリーズと並ぶフラグシップシリーズです。
それぞでは、公開されたスペックを見ていきましょう。

Reno Ace 2のバッテリー性能

OPPOはバッテリー稼働時間を調べるテストを独自に行っていたようです。バッテリーの稼働時間を調べるテストは以下の条件で行われました。

  • 端末の電池残量が100%の状態からテストを開始
  • 端末の画面の明るさと音量は共に50%でのテスト
  • Wi-Fi環境下でのテスト
  • 端末やゲームの設定はデフォルトの状態
  • バッテリー切れになるまでゲームを続ける
OPPO Reno Aceのゲーム時のバッテリー稼働時間についてのOPPO公式画像
上記の条件でテストを開始しした結果、ゲームを開始してからバッテリー切れになるまでの稼働時間は、7時間30分だったとしています。

OPPO Reno Aceの動画視聴時のバッテリー稼働時間についてのOPPO公式画像
また、動画視聴テストも行ったようですが、こちらは12時間19分の連続再生が可能だったようです。
Snapdragon 865搭載機ながらもバッテリー持ちが良いことをアピール!

OPPO Reno Aceの充電能力についてのOPPO公式画像
OPPO Reno Ace 2は65WのSuperVOOC2.0充電に対応しているとしています。
さらに、画像を見ると「+?」とあることから、ワイヤレス充電にも対応するのではないかと予想できます。

リーク情報から40Wワイヤレス充電に対応するとみられます。

Reno Ace 2のリフレッシュレート

OPPO Reno Ace 2は、90Hzのリフレッシュレートと最大180Hzのサンプリングレートに対応しています。

OPPO Find X2 Proは、120Hzのリフレッシュレートと最大240Hzのサンプリングレートに対応し、解像度は3K(QHD+)となっています。
イメージとしては、ディスプレイ品質を落として低価格化したものがReno Ace 2となるでしょう。

Reno Ace 2のデザイン

次は本体の厚みと重量についてです。

ユーザーの手にかかる負担を減らすために、画面内指紋認証のセンサーや、背面カメラの構造、OLEDディスプレイを薄くするなどして、本体の厚みは8.6mmに抑え、本体重量は185gと軽量化に努めたとアピール!

Reno Ace 2のゲーム性能

OPPO Reno Aceの機能についてのOPPO公式画像
ゲーム体験を向上させるために4D冷却機能や、4Dゲームバイブレーション2.0機能、ステレオスピーカーを搭載し、SoCにはSnapdragon 865を搭載しています。

期待大のReno Ace 2は発表間近

OPPO公式Weiboを確認すると発表会前なのにも関わらず多くのスペックが公開されていました。
これだけの機能を搭載して、果たして価格はどうなるのでしょうか?
初代OPPO Reno Aceは、SoCにSnapdragon 855+を搭載、65W充電に対応しつつ定価は3599元(約5.5万円)

Reno Ace 2も6万円を切ることを期待したいです。

OPPO Reno Ace 2は4月13日の19:00(日本時間で20:00)に発表されます。

source(1)(2)(3)
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-ニュース
-, ,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.