ニュース

【打倒 Mi 10】Realme X50 Pro 5Gの発表前情報まとめ!最安の865機になるか?

投稿日:

RealmeX50 Pro 5G
Realmeは次期フラグシップ機として「Realme X50 Pro 5G」の発表を控えています。
当初は、MWC 2020で発表される予定でしたが、イベントが開催中止になったため、2月24日にオンラインにて発表会が行われます。

既に予告ページや公式Twitterにてティーザーが公開されており、これまでのリーク情報と合わせてスペックをまとめていきます。

Realme X50 Pro 5Gの発表前スペック

  • Realme UI 1.0 (Android 10)
  • Snapdragon 865
  • 12GB(LPDDR5)+256GB(UFS 3.0)
  • FHD+ AMOLEDディスプレイ
  • アスペクト比 20:9
  • 90Hz and 120Hz?
  • デュアルパンチホール
  • 65W急速充電
  • デュアル5G
  • Wi-Fi 6
やはり、注目はリフレッシュレート!
現時点で、90Hzにサポートすることは確定済み。

しかし、2020年1月に発表済みの下位モデル「Realme X50 5G」は、IPSディスプレイにて120Hzにサポートしています。
また、2019年10月に発表されたフラグシップ機「Realme X2 Pro」はAMOLEDディスプレイにて90Hzにサポート。

そのため、上位モデルとなる「Realme X50 Pro 5G」はAMOLEDディスプレイにて120Hzにサポートすることがサプライズで発表される可能性もあります。

そして、最大の注目は65Wの急速充電に対応すること。
バッテリー容量を未定ですが、市場に販売されているスマートフォンで世界最速の「OPPO Reno Ace」と同一の充電速度になります。

先日発表されたMi 10は、Snapdragon 865を搭載し、90Hzのリフレッシュレートと30Wの急速充電に対応
カメラスペック(画像数)に関しては、Mi 10の108MPが圧倒的ですが、それ以外のスペックは非常に似ています。

Realme X50 Pro 5Gの価格は?

そこで、気になるのが価格
Mi 10の最安モデルは、3999元(約63,000円)であり、以前のXiaomi端末と比較すると若干高めです。
一方、Realme X50 ProはMi 10とは異なり湾曲ディスプレイではなくフラットディスプレイ、64MPのメインセンサーが搭載されることが予想されています。

そのため、コストも自然と抑えられ、Mi 10よりも安い価格で発売されることが期待できます。
また、Realme X2 Proは当時のハイエンドSoCであるSnapdragon 855 Plusに64MPを含む4眼カメラで2599元(約40,000円)の発売
下位モデルのRealme X50 5Gは、2499元(約39,000円)の発売

この前例を踏まえると、Realme X50 Pro 5Gは52,000円~54,000円ほどで発売されるのではないかと予想できます。
この場合、Mi 10よりも1万円ほど安く、108MPカメラもいらない!というユーザーが流れるのではないでしょうか。
思わぬダークホースの到来で盛り上がって欲しいところです。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-, ,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.