ユーザー登録(無料)
ログイン

ニュース

OPPO、6nmプロセス製造の独自イメージングNPU「MariSiliconX」を発表!Find X4にて搭載予定


投稿日:


OPPOは毎年恒例の技術披露展「OPPO INNO DAY 2021」を開催し、6nmプロセスにて製造された独自イメージングNPU「MariSiliconX」を発表しました。

MariSiliconXは、OPPOが独自に製造したNPU(Neural network Processing Unit)で人工知能専用チップとなります。
主にカメラ性能を向上させる目的があり、2022年第1四半期に発表予定の「OPPO Find X4」シリーズにて搭載される予定です。

OPPOの次期フラグシップ機「OPPO Find X4」シリーズはSoCにQualcommの「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載予定としていますが、これに独自NPU「MariSiliconX」を組み合わせることで、他メーカーのSnapdragon 8 Gen 1搭載のフラグシップ機に差を付けようとしています。

「Snapdragon 8 Gen 1」は、ISP(Image Signal Processor)と呼ばれる画像処理プロセッサを内蔵していますが、 「MariSiliconX」もISPを内蔵しています。つまり、Snapdragon 8 Gne 1のみを搭載するフラグシップ機と比較して画像処理位の面で優位に立てるわけです。

MariSilicon Xは、「Find X3 Pro」の4倍となる20bit 120dbのダイナミックレンジでの撮影および、4K動画のリアルタイムでのRAW処理をサポートします。また、RGBと白の情報を別々に処理できるRGBW Proモードを提供します。

さらに、AIによるノイズリダクション、より良い色再現、HDR、改善されたディテール、ダイナミックレンジなどの様々なアルゴリズムを適用させることができます。

もちろん、MariSilicon XはAI関連のタスクに際しても高い性能を誇ります。
1秒間に18兆回の演算(TOPS)の演算能力を有し、電力効率は1ワットあたり11.6TOPで、消費電力を抑えながら高いパフォーマンスを実現することができます。

また、NPUは通常であればシステムメモリに依存しますが、「MariSilicon X」は最大8.5GB/秒の帯域幅を持つ専用のDDRを搭載。これにより、不要な読み取り/書き込みサイクルを削減し、電力効率を向上させます。

「MariSilicon X」は2021年第1四半期に発表される同社フラグシップ機「OPPO Find X4」シリーズにて搭載される予定です。
以前よりOPPOが独自チップを開発中であると噂されていましたが、遂に正式に「MariSilicon X」が発表されました。

昨今のフラグシップ機は、性能が頭打ちになりつつありましたが、GoogleがAI性能を強化した独自SoC「Tenser」を開発したように今後は半導体レベルでの差別化が勝負の鍵となっていくのかもしれません。

source(1)
スポンサーリンク