新規登録
ログイン

ニュース

【価格も一部判明】OnePlus ZはSnapdragon 765Gを搭載し7月10日に発表だ!


投稿日:2020年6月10日 更新日:


ここ5年間、変わらず高価格路線を維持してきた、OnePlus。

姉妹関係のOPPOとは異なり、常にハイエンドのフラッグシップスマートフォンのみを販売。さらに、ハイエンドを他社よりも低価格で販売していることがメーカーの売りでした。

しかし、SoCやメモリの高性能化に伴うコストアップによって、直近に発売したOnePlus 8シリーズは高価格化。
結果としてOnePlusは、立派な高価格ハイエンドメーカーの仲間入りを果たしてしまうのでした。

シリーズの高価格化によるイメージダウンを恐れたのでしょうか。

ここにきて、OnePlusは変わろうとしています。

OnePlusは今回、自社としては5年ぶりとなるミドルレンジの開発に着手。
情報リーク初期では端末名は「OnePlus 8 Lite」とされていましたが、現在は、「OnePlus Z」が正式名称であることがわかっています。

そんな期待のミドルレンジ、OnePlus Zの発表日は、7月10日になるようです!
今回のソース元はかなり信頼が持てるので、これはほぼ確定ではないでしょうか。

そして、恐らく公式のものと思われるアンケート調査から、OnePlus Zの詳細の情報も明らかに。

この調査はOnePlus Indiaが行わったもので、「こんなOnePlusのスマートフォンが出たら、買いますか?」という内容のアンケート。 

カメラやSoC、バッテリー容量など様々なスペックが記されているのですが、
よく見ると、そのスペックは以前からリークされていたOnePlus Zのスペックそのもの。

ということは、事実上、このアンケートに記されているスマートフォンの性能が、OnePlus Zの公式スペックである、と考えることができます。

また、追加で、インドでの価格も判明。

どうやら価格は、₹24,990 (約35800円)のようです。

グローバル版の価格がこれと同様かはわかりませんが、ひとまずインド市場での価格が、先に明かされた形です。


最後に、これらの情報からわかった、OnePlus Z(と思われるスマートフォン)のスペックをまとめました。

  • 端末名: OnePlus Z
  • ディスプレイ: 6.55インチAMOLED(90Hz駆動)、フラットディスプレイ
  • 解像度: FHD+(縦横比不明)
  • CPU: Snapdragon 765G
  • ROM/RAM: 128GB(UFS3.0)/6GB(LPDDR4X)
  • リアカメラ: 64MP(広角)+16MP(超広角)+2MP(マクロ)
  • フロントカメラ: 16MPパンチホールカメラ(中央)
  • バッテリー: 4300mAh(30W高速有線充電対応)
  • 5G対応
  • 画面内指紋認証搭載、30W高速充電対応
    ※前回のリーク情報から追加、変更された項目を太字にしています
今、この記事をご覧のあなたは、このOnePlus Zのスペックと価格をみて、どう思いますか?

安い!
高い!

どう捉えるかは、もちろんあなた次第です。
(個人的にはアリ!だと思います)

source(1)(2)(3)(4)
スポンサーリンク

-ニュース
-,