新規登録
ログイン

ニュース

MediaTek Japan、日本市場で 5G SoC「Dimensity」シリーズを販売開始!


投稿日:

Dimensity 800

2020年6月2日、台湾MediaTek (聯発科技)の日本法人にあたるMediaTek Japanは5Gに対応したSoCを日本で販売することを発表しました。

ラインナップは「Dimensity 1000+」「Dimensity 820」「Dimensity 800」の3製品でいずれも5Gモデムを搭載したSoC

Dimensity 1000+
フラグシップグレードの「Dimensity 1000+」は、超高速144 Hzディスプレイのサポート、動画再生品質を向上させる「MediaTek MiraVision」、ゲーム機能を強化する「MediaTek HyperEngine 2.0」、およびカメラ機能を強化する「MediaTek Imagiq」など、世界をリードする革新的なテクノロジーが統合されています。
この強力なプロセッサーには、5Gモデム、最大2.6 GHzで動作するArm Cortex-A 77 などで構成された8つのCPU、Arm Mali-G 77で構成された9つの GPU、4.5 TOPS のAI処理能力を持ったMediaTek APU 3.0、最大80MPカメラと4K HDRビデオ録画をサポートするHDR-native ISPなどが含まれ、全ての機能が7 nmのシングルチップ上に組み込まれています。

Dimensity 820
「Dimensity 820」は、8コアのCPUのうち4つを2.6GHz駆動のArm Cortex-A 76コアで構成し、優れたパフォーマンスと応答性を実現することで、競合製品を超える性能を実現します。フラッグシップグレードの5コアGPUおよび120 Hzディスプレイのサポートにより実現される「MediaTek HyperEngine 2.0」は理想的なゲーム体験をもたらします。さらに、このチップには、5Gモデム、「MediaTek APU 3.0」、「MediaTek MiraVision」、「MediaTek Imagiq」、および最大80MPのカメラと4K HDRビデオ録画をサポートするHDR-native ISPなどが搭載されています。


Dimensity 800
「Dimensity 800」は、ミッドレンジの5G スマートフォン向けに高いパフォーマンスを提供します。8コアのCPUのうち4つをArm Cortex-A 76コアで構成し、競合製品を超える性能を実現します。ユーザーは「MediaTek HyperEngine 2.0」および「MiraVision」 で強化された120Hzディスプレイでゲームを楽しんだり、「MediaTek APU 3.0」およびImagiqを組み合わせて実現するマルチカメラスマートフォン向けの豊富なAIカメラオプションを楽しんで頂けます。

出店:MediaTek、5Gスマートフォン向けSoC「Dimensity」シリーズ の販売を開始
具体的に、どのメーカーがDimensityシリーズを搭載したスマートフォンを日本国内で発売するかなどは、明らかになっていませんが日本市場で販売が開始されるという事実。
もしかしたら、今後「SONY」「富士通」「SHARP」などの国内メーカーがDimensityを搭載したスマートフォンを日本で発表する可能性も無きにしも非ず。

source(1)
スポンサーリンク

-ニュース
-, , ,