ニュース

国内販売来るか!HUAWEI Mate 30 Pro 5Gが大手4社の5G帯域で技適を通過

投稿日:

HUAWEI Mate 30
こんにちは!SIM太郎編集部です。

なんと、HUAWEI Mate 30 Pro 5Gが、大手4社の5G帯域で技適を通過したことが明らかになりました。
現在HUAWEIは安全保障上の脅威として、米国の厳しい制裁を受けており、米国企業との取引が困難な状態にあります。
その影響は大きく、日本でも安全保障を理由にHUAWEI製の基地局を使用しない意向を政府は発表しています。

そんな中、HUAWEI Mate 30 Pro 5Gは国内の技適認証を通過しました。
それでは、詳細を見ていきましょう。

要点を3行でまとめると、、、

  • 大手4社の5G帯域で技適を取得している。
  • Bluetoothおよび無線LANの周波数でも技適を取得している。
  • 型番より国際版(グローバルモデル)が日本の認証を通過した。

技適取得に関する情報

総務省の技術基準適合認証または工事設計認証を通過した機器の情報が更新され、中国大手通信機器メーカーの「HUAWEI Technologies」製の「NA/LTE/W-CDMA/GSM」端末の「LIO-N29」が、2020年1月27日付で認証技術支援センターの認証を通過したことが分かりました。

工事認証設計番号は「018-190398」

「LIO-N29」は「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」の国際版型番です。
Bluetoothおよび無線LANの周波数でも認証が通過しており、無線LANでは2.4GHzと5GHz帯が利用可能で、規格は「IEEE 802.11 a / b / g / n / ac」に対応しています。

モバイルネットワークの認証では以下の認証を受けています。
NR(TDD):3500(n78) / 3700(n77) / 4500(n79) MHz
LTE(FDD):2100(Band1) / 1800(Band3) / 900(Band8) / 800(Band18 / 19 / 26) /700(Band28) MHz
LTE(TDD):2500(Band41) MHz
W-CDMA:2100(Ⅰ) / 900(Ⅷ) / 800(Ⅵ / ⅪⅩ) MHz

まとめ

以上のような情報が明らかとなりました。
大手4社の5G周波数帯に対応していますが、NTT Docomoは既に「5G端末にHUAWEIは採用しない方針である」と発言しており、その他の携帯キャリアでも同様の動きがみられるため、今回は大手キャリアからの販売はなく、SIMフリーモデルとして国内販売させるのかもしれません。

興味がある人はSIM太郎にて「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」の実機レビューをしていますのでご確認下さい。
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.