格安SIM 格安SIM一覧

【徹底解説】TONEモバイルの評判・料金・速度!どんな人にオススメの格安SIM?

更新日:

【徹底解説】TONEモバイルのメリット・デメリット!どんな人にオススメの格安SIM?
TONEモバイルは格安SIMの中で最もシンプルな料金設定であり、機能についてもお子様向けや高齢者の方向けのサービスが充実しており、スマホを初めて持つ方やスマホに慣れない方にオススメの格安SIMとなっています。

しかし、トーンモバイルの広告や公式サイトを確認すると「無制限で使える」「1,000円で使える」などと書かれており、ヘビーユーザーの方が契約して「使い物にならないじゃん!」という苦情もあるようです。

この記事では、そのようなことにならないように、どんな方にオススメの格安SIMなのか解説していきます。

TONEモバイルの特徴を3行でまとめよ!

  • お子様・高齢者の方向けのサービスが充実
  • TONEモバイル独自の端末が販売されている
  • 安心・安全にスマホを使用できる

TONEモバイルのプランと料金

TONEモバイルのプランと料金
プランデータSIM
(SMSなし)
データSIM
(SMSあり)
通話SIM
(IP電話かけ放題オプション)
通話SIM
(090 音声オプション)
TONEモバイル
基本プラン
1,080円1,188円1,620円2,106円
TONEモバイル
for iPhone
1,620円1,728円2,160円2,646円
TONEモバイルは非常にシンプルな料金プランで月額1,080円のインターネット使い放題のプランが柱となっています。SMSを付けると+108円となります。
また、IP電話からの10分以内の国内通話がかけ放題となるオプションが+540円で090電話からの5分以内の国内通話がかけ放題となるオプションが+816円で利用することができます。
2018年4月からはiPhoneにも対応し、月額1,620円の基本料金となっています。

端末購入をするとAPN設定などの初期設定は不要!

端末購入をするとAPN設定などの初期設定は不要!
TONEモバイルも他の格安SIMのように、端末とセットで契約ができるようになっており、契約の際に新しく端末を買いたい方は多くいることでしょう。

しかし、TONEモバイルで購入できる端末は、同社が独自に販売しているTONE e19」のみとなっています。
端末の特徴としては、トーンモバイルのサービスが最大限に生かせるようになっており、お子さんにも安心して持たせることのできる端末です。

また、トーンモバイルで購入した端末はAPNなどの初期設定をする必要がありません。
初期設定ができるか分からない方は端末をセットで購入することがオススメです。

TONEモバイルがオススメできる人

  • 中速(500kbps)通信でLINEやWeb検索ができればよい方
  • 小さなお子さんにスマホを持たせたい時
  • 通信容量を気にせずにパケットを利用したい方
  • サブスマホの利用を検討している方

TONEモバイルの基本情報

TONEモバイルの基本情報

使用している回線

使用している回線
TONEモバイルはドコモ回線を使用しています。
そのため、3G/4Gで繋がるエリアもドコモと同じです。
「格安SIMは電波のつながりが悪そうなんだよなぁ」と思っている方も安心して使えます。
災害時は使えないんじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、格安SIMはドコモの設備を借りているだけなので、災害時に基地局の整備をするのはドコモの役目です。
そのため、災害が起き設備が破損した場合は、ドコモが復旧作業に当たります。
復旧作業が完了するとドコモユーザーの方も、格安SIMでドコモ回線を使用している方も通信が行える状態になるので、安心してご利用いただけます。

料金の支払い方法

料金の支払い方法
TONEモバイルではクレジットカード、一部デビットカード、口座振替の3つの支払い方法があります。
あまりクレジットカードは使いたくない人は、一部デビットカードや銀行口座振替を選択すると良いでしょう。
ただし、デビットカードは対応しているものと対応していないものがあるため、注意が必要です。(非公式な方法)
また、口座振替で支払いたい場合は店舗で契約する必要があります。
確実に支払いができる方法はクレジットカードとなっていますので、支払い方法にこだわりの無い方はクレジットカードで登録すると良いでしょう。

初期費用および違約金

初期費用および違約金
TONEモバイルでは契約事務手数料として3,240円が初期費用として発生します。
また最低契約期間は24ヶ月に設定されており、それ未満に解約した場合は9,800円の違約金が発生します。
他の格安SIMでは契約期間がなかったり、1年間の期間縛りなのに対して、TONEモバイルでは2年間の契約縛りとなっています。
また、他社へ乗り換える際にMNP転出をすると、転出手数料として3,300円が必要となります。

TONEモバイル端末

TONEモバイル端末
TONEモバイルではスマホを安心して利用できるように独自に端末を開発し販売しています。
このTONE e19は顔認証指紋認証対応という基本的なスペックを備え、19:9の縦長ディスプレイを搭載しています。
画面は持ちやすいままで、画面が大きくなっているため、画面が見やすく、一度に表示できる量も増えています。
スマホの端末料金は1万9,800円となっており、24ヶ月の分割支払いだと手数料も含めて月々825円のお支払いとなります。

TONEモバイルの諸機能

TONEモバイルの諸機能

TONEファミリーオプション

TONEファミリーオプション
子どもやお年寄りの方向けにスマホの利用状況などを管理できるオプションとなっています。
家族が今どこにいるか居場所を確認することや閲覧できるサイトを制限することなどのスマホの利用状況を管理することができます
保護者がTONEモバイルを利用していない場合は月216円の料金がかかります。また、サイト閲覧制限の設定には別途「あんしんインターネットオプション」の契約が必要です。

あんしんインターネットオプション

あんしんインターネットオプション
子どもの年齢に適したサイトのみを閲覧できるようにフィルタリングされたTONEモバイル専用のWEBブラウザアプリとなっています。
上記の「TONEファミリーオプション」で管理することができます。
保護者がTONEモバイルを利用していない場合は月108円の料金がかかります。

安心オプション

安心オプション
端末が故障や破損、水濡れ、紛失というトラブルにあった際に修理・交換してもらえるオプションとなっています。
ただ、中古品や正規販売店以外で購入した端末は保証対象外となるので注意が必要です。このオプションは月540円で加入することができます。

Wi-fiオプション

Wi-fiオプション
全国150,000カ所の公衆無線LANサービスを利用できるオプションとなっています。月390円で加入することができ外出先でもWi-fiが使えるようになります。
利用可能なWi-Fiは「Wi2」「Wi2_club」「wifi_square」の3種類です。
なお、「Wi2premium」「Wi2premium_club」のWi-Fi利用はできないので注意が必要です。

高速チケットオプション

高速チケットオプション
TONEモバイルはインターネット使い放題でデータ容量が決まっていない代わりに通信速度は比較的遅く、高速通信はできません。
しかし、1GBの容量につき324円で高速通信に切り替えることのできるオプションが用意されています。
外出先で少し動画が見たい時や、Wi-Fiの無いところでアプリのダウンロードをしたい時などにオススメです。

無料サポート

無料サポート
TONEモバイルでは購入後もスマホの使い方で困った点などを解決してくれる電話サポートの窓口があります。
また、スマホの使い方をレクチャーするスマホ教室を無料で行なっています
その他にも、店舗でのサポートや、遠隔操作でのサポート、家族や知り合い同士でサポートできるようになっています。
また、TONEモバイルで購入した端末は、外箱に置くだけで端末に異常が無いかを調べてくれます

TONEモバイルのまとめ

TONEモバイルのまとめ
TONEモバイルはお子様やお年寄りの方向けの格安SIMとなっていて一般の方には満足できない格安SIMとなっています。ただ、保護者の方が家族のために安心・安全なスマホを使って欲しいという思いで、お子様やお年寄りの方にTONEモバイルのスマホと格安SIMを契約することが多いです。




スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-格安SIM, 格安SIM一覧
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.