ユーザー登録(無料)
ログイン

ニュース 格安SIM

楽天モバイル、ユニバーサルサービス料をユーザー負担に変更。2021年8月請求分より


投稿日:


楽天モバイルは、ユニバーサルサービス料を2021年8月の請求分よりユーザー負担とすることを発表しました。
料金は、1電話番号あたり月額3円(税込)

「ユニバーサルサービス制度」とは、NTT東日本およびNTT西日本が提供しているユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報などの国民生活に不可欠な電話サービス)を全国で公平かつ安定的に利用できる環境を確保するため、必要な費用を一定規模以上の電話会社で応分負担する仕組み。

負担対象事業者は、下記の規定に該当する電気通信事業者

電気通信役務の売上高が10億円を超える電気通信事業者(電気通信事業法施行令第2条)であって、かつ、
総務大臣から電気通信番号の指定を受け、最終利用者に付与している事業者(算定等規則第25条)


楽天モバイルは、以前より負担対象事業者でしたが、プラン料金0円をアピールするためか、同社でユニバーサルサービス料を負担していました。
それが、2021年7月利用分(2021年8月請求分)からは他社と同様にユーザー負担に変更となります。
料金は、1電話番号あたり月額3円(税込)


ただし、「プラン料金1年間無料キャンペーン」および「プラン料金3カ月無料キャンペーン」の適用期間中、「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金1回線目において、データ利用量が1GBまでの月(プラン料金が0円となる月)はユニバーサルサービス料の請求はありません。これらの場合は、楽天モバイル負担となります。

プラン料金3ヶ月無料

rakuten-mobile
公式サイトはこちら >
 

スポンサーリンク