格安SIM

【最新版】法人でも契約できる格安SIMを比較!メリット・デメリットは?

更新日:

高層ビル街
ドコモやauなどの大手通信キャリアと比べ、毎月の料金が安くなる格安SIMですが、個人だけではなく法人でも同様に契約ができます。
また、法人ではまとめて契約することが多いため、個人で契約するよりも安い料金プランを選択できたりもします。
しかし、すべての格安SIMが法人契約を行っているわけではありません。今回は法人向けのサービスが充実している4社の格安SIMについて紹介していきます。

法人向けと個人向けの違い

サラリーマン
法人向けの格安SIMと個人向けの格安SIMの違いについて紹介していきます。

プランと料金

法人向けだと複数回線の同時契約をすることが多いので個人向けと比べ料金が安くなる場合が多いです。

支払い方法

個人向けの格安SIMはクレジットカード払いが主な支払い方法となっていますが、法人向けだと口座振替や銀行振り込みが可能になってきます。

法人契約のメリット・デメリット

次に法人契約のメリットとデメリットを紹介していきます。

法人契約のメリット

料金が安くなる

これは個人向けでも同じことが言えるのですが、やはり格安SIMの最大の魅力である料金の安さは法人向けでも健在です。

端末の選択肢が増える

格安SIMを使用できる端末としてSIMフリー端末やSIMロック解除をした端末が挙げられます。そのため自然と格安SIMで使用できる端末の種類がキャリアに比べ柔軟になります。

海外での使用もしやすい

格安SIMはSIMフリー端末やSIMロック解除をした端末で使用しているため、海外の現地に対応したSIMカードを差し替えるだけで海外でも使用できるようになります。

法人契約のデメリット

キャリアメールが使えない

個人向けと同じでキャリアメールの使用ができません。そのためGmailを使う必要があります。

無料通話プランがない

ドコモやauなどの大手通信キャリアでは無料通話のプランが用意されていますが、格安SIMではそのようなプランはありません。そのため、SkypeやSlackなどの社内SNSツールの通話を利用したりIP電話サービスを利用するなどして通話料金を抑える必要があります。

法人契約におすすめの格安SIM

オフィスの様子

mineo

mineo
au回線とドコモ回線かで選ぶことができるmineo
しかも、繰り越したデータ容量をシェアできるのが特徴です。 法人向けで回線を選べるのはmineoだけで、社員一人一人がドコモ回線かau回線かで選ぶことができます。また、回線に関係なく繰り越したデータ容量をシェアできるのは嬉しいポイントです。

mineoの法人向け料金プラン

データSIMデータ+音声通話SIM(au回線)データ+音声通話SIM(ドコモ回線)
500MB700円
1,310円1,400円
1GB800円1,410円1,500円
3GB
900円1,510円1,600円
6GB1,580円
2,190円2,280円
10GB2,520円3,130円3,220円
20GB3,980円4,590円4,680円
30GB5,900円6,510円6,600円
mineoの法人向けプランは個人向けと同じになっています。
また、一つの企業管理IDで2回線以上契約すると、上限なしで1回線につき毎月50円の割引が適用されます。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルの法人契約は個人向けとは料金やオプションが異なり、法人向けならではのサービスが充実しているのが特徴的です。
また、データSIMの1週間のお試し利用ができるサービスを行っており、実際に契約をする前にエリアの速度や端末との相性を確認することができます。

BIGLOBEモバイルの法人向け料金プラン

データSIM音声通話SIM
1GB-
1,200円
3GB700円1,400円
6GB1,250円1,950円
12GB2,500円3,200円
20GB4,300円5,000円
30GB6,550円7,250円
BIGLOBEモバイルの法人向けプランは個人向けと比べ各プランが200円安い料金設定になっております。他の法人向け格安SIMと比べても安いです。 ただ、BIGLOBEモバイルの法人契約には管理者が必要で「BIGLOBEオフィスサービス」の月額費用500円〜が別途必要になります。 また、mineoのように余ったデータ容量を社内でシェアすることはできません。

楽天モバイル

楽天モバイル
楽天モバイルは通話料が通常30秒20円のところ、半額の10円になる「楽天でんわ」アプリの使用ができます。 ただ、料金プランは個人向けと法人向けとほとんど変わりません。楽天モバイルは法人向けでも余ったデータ容量をシェアすることができますが、1回線につき月額100円が発生します。

楽天モバイルの法人向け料金プラン

データSIM(SMSなし)050データSIM(SMSあり)通話SIM
ベーシックプラン525円645円1,250円
3.1GB900円1,020円1,600円
5GB1,450円1,570円2,150円
10GB2,260円2,380円2,960円
20GB4,050円4,170円4,750円
30GB5,450円5,520円6,150円


NifMo

個人向けではシンプルな料金プランのNifMoですが、法人向けプランでは豊富なプランが揃っています。

NifMoの法人向け料金プラン

データSIMデータ+音声通話SIM
スタートプラン480円
1,180円
1.1GB640円1,340円
3GB900円1,600円
7GB1,600円2,300円
13GB2,800円3,500円
上り特化1.1GB500円1,200円
上り特化10GB1,180円1,880円
夜間特化3GB520円1,220円
法人シェアプ5GBプラン1,800円2,500円
法人シェア10GBプラン3,200円3,900円
法人追加SIMプラン400円1,100円
上り特化プランとか文字通り上りの速度に特化していて上りは最大50Mbpsと高速です。ただ、下りは最大200kbpsと低速になります。
夜間特化プランとは、6時から22時の間は上り下り最大200kbpsと低速になりますが、22時から6時までの間は下り最大375Mbps、上り最大50Mbpsと高速通信になります。 また、法人追加SIMプランは基本料金のみで、法人シェアプランのデータ容量をシェアして使うことができます。

まとめ

料金は安いことで知られる格安SIMですが、法人向けの契約にも対応しています。格安SIMに乗り換えることで外でインターネットを必要とする機会の多い企業では通信費用の経費削減に繋がります。

-格安SIM
-, , , , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.