ニュース

Xiaomi CEO、実はiPhoneユーザーだった?中国で物議を醸す騒動に

投稿日:

中国のSNSと言えばWeibo
Weiboでは投稿のクライアント名が表示され、ユーザーが使用しているデバイスまでもが分かります。

5月11日、Xiaomi 創業者 会長兼CEOであるLei Jun氏の投稿が物議を醸しています。
普段は「Mi 10 Pro」や「Mi 10 Youth Edition」を使用して投稿を行なっているのですが、突然「iPhone」を使用しての投稿。
彼は、すぐに投稿を削除したもののネットユーザーにスクショされ、熱心なXiaomiユーザーからの怒りを買い炎上する事態にまで発展。

これを受けて、Xiaomi産業投資部のパートナーであるPan Jiutangが彼を擁護するコメントを発表
「スマホメーカーのCEOやPMが、AppleやSamsungなど競合他社の製品を使用しないと述べている場合、それは偽善的で無能であるか、最前線から離れているかである。」

要するに、iPhoneやiOSを研究するために使用している。ということが言いたいのでしょう。

しかし、これまで新製品の発表会などで、さんざんiPhoneと比較してXiaomi製品の優れている点をアピールしてきた同社のCEOがiPhoneを使用しているという事実。

ファンが悲しんだり、怒る気持ちも分からなくはありません。

これまでも、HUAWEI CEOのRen Zhengfei氏、Realme CEOのMadhav氏がiPhoneを使用していたと判明しています。

スマートフォンに関する知識が誰よりも豊富な彼らでさえ、iPhoneを使用するということは、それだけiPhoneが優れているということの証明なのでしょうか。
はたまた、単なる競合分析なのでしょうか。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.