ニュース

vivoは2020年に5台の5G端末を販売予定!ミドルレンジ市場に焦点を当て、目標価格も公言

投稿日:

vivo
2019年11月6日に開催された記者会見にてvivo Communications Research InstituteのゼネラルマネージャーであるQin Fei 氏 は「同社が2020年に少なくとも5つの5G端末を発売し、低コストおよびミドルレンジ市場に重点を置く計画を立てている」と主張しています。

彼によると、vovoの戦略は消費者がより多くの選択肢を持つように、5G端末をより安価に販売することに焦点を当てることです。

そのため、vivoは最大のチップメーカーQualcommと緊密に連携して、5G端末の製造コストを削減しています。
現在の目標は、"中国で286ドル(約31,200円)"で5Gスマートフォンを発売することです。
vivoの5Gスマートフォンの現在のラインナップはiQOO Pro 5Gが528ドル(約57,500円)で最安で、vivo NEX 3 5Gは813ドル(約88,600円)の価格。

実際に目標価格を公言することは、リスクやプレッシャーが当然発生します。
それにも関わらず、286ドルと公言したことはvivoの覚悟の現れでしょう。

「IDC China Smartphone Market Monthly Tracking Report」の最新リリースでは、2019年9月の時点で、中国の5G携帯電話の出荷台数は約485,000台であったことが示されています。その中で、Vivoは第3四半期に中国の5G携帯電話市場シェアで1位になり、5Gスマートフォンの売上の54.3%を占めました。

source
スポンサーリンク

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.