ニュース

【抜け穴封じ】米商務省、HUAWEIへの制裁強化

投稿日:

huawei
米商務省は、5月15日HUAWEIに対する禁輸措置を強化することを発表しました。

米商務省は、2019年5月にHUAWEIを"エンティティリスト"に追加し、米国製の部品やソフトウェアの輸出を禁止。
しかし、米国由来の技術でも台湾などの工場に生産を依頼することでHUAWEIは制裁を避けていました。

ロス商務長官は声明の中で「HUAWEIは米国が実施した禁輸措置を掻い潜ろうとしている。これは、責任あるグローバル企業の行いではない。HUAWEIとHisliconが悪用するルールを修正し、国家安全保障および外交政策の利益に反する悪質な活動を防ぐ必要があります。」とコメントし、今回の規制強化の正当性を主張しています。

今回の規制強化により、外国で製造された半導体でも米国由来の技術を使用している場合、HUAWEIへ輸出できなくなります。(ライセンスが付与されれば、輸出可)

19年5月の禁輸措置から1年が経過し、規制が緩まるどころかCOVID-19の感染拡大で米中関係は悪化。
今回のHUAWEIへの規制強化により、中国政府が米企業に圧力を強める対抗措置を取ることが懸念されています。今後、米中関係はさらに悪化していく見通しです。

HUAWEI端末に新たにGMSが搭載されることは、もうないのでしょうか。

source(1)
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.