ニュース

【注目】サムスンに向け、Exynos搭載スマホの販売停止を求める署名に1万人以上が賛同

更新日:

オンライン署名サイト『Change.org』に、サムスン製SoC、Exynosを搭載したフラグシップモデルのスマホの販売を停止すること、またカメラセンサーに同社製のモノを使用しないことを求める請願が投稿されました。

現在日本や北米で販売されている『Galaxy Sシリーズ、Noteシリーズ』では、米Qualcomm製のフラグシップSoCが搭載されています。
しかしながら、他のアジア諸国やヨーロッパではSamsung製のExynos SoCが搭載されています。

もちろん、両方ともに性能が変わらなければよいのですが、Exynos SoCはQualcomm製のSoCと比較すると、残念ながら劣っています。

2020年のフラグシップSoCのExynos 990とSnapdragon 865を例に見ていくと、
Exynos 990内のチップセットであるCortex A76と比較して、Snapdragon 865に搭載されているチップセットのCortex A77コアはおおよそ20%パフォーマンス性能が上となっています。

また、GPU性能に関してもExynos 990に搭載されたMali G77を上回るAdreno 650がSnapdragon 865には搭載されています。

カメラ性能に関してもSamsung製のイメージセンサーより、SONY製のセンサーのほうが高品質だと言われており、上記のSoCの違いにより、画像の処理にも差ができています。

この署名活動を行うDaniel H氏は、『(国によって異なるSoCを搭載することを)変えなければならない時が来ている。私たち消費者は、苦労して稼いだお金で買うものには、選ぶ権利を持っている。 』とコメントをしています。

この請願には3月22日16時現在、1万人以上の方が署名していますが、
果たしてSamsungはこの請願に応えてくれるのでしょうか。
今後に期待しましょう。


source
署名活動ページ
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.