ニュース

サムスン、14端末がオーストラリアで誤解を招く広告として訴えられる

投稿日:

5日、韓国のスマートフォンメーカーSamsungが誤解を招くような広告を掲載し、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)に訴えられていることが分かりました。
Samsungが掲載したGalaxyシリーズのスマートフォンの耐水性の宣伝が消費者に誤解を招くものと指摘されています。

Samsungは以前からGalaxyシリーズの防水性能についてTVやSNSで宣伝を行い、宣伝では海やプールで同スマートフォンを使用している画像が掲載されていました。ACCCはこれら300件以上の広告を訴訟の対象としています。

ACCCは「SamsungのGalaxyシリーズは海水やプールを含む、あらゆる種類の水での使用が可能で端末に悪影響を与えない。という表現になっているが、実際はそうではない。」と主張しています。

ACCCの訴訟の対象となる端末は以下の通りです。
S10e・S10・S10 Plus・S9・S9 Plus・S8・S8 Plus・S7・S7 Edge・Note 9・Note 7・A8・A7・A5

訴訟の対象となる広告の例は以下の通りです。


source
スポンサーリンク

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.