ユーザー登録(無料)
ログイン

ニュース

【ズルトラ難民の救世主なるか】Galaxy S21 Ultraは7.1インチの超大画面かも


投稿日:

Galaxy S21のイメージ

ズルトラ難民」。
スマートフォン好きの方なら、一度は聞いた事のある、このことば。

この言葉は、6年前に発売されたSONY Xperia Z Ultraが由来ですが、
これは要するに、大画面のスマートフォン、通称ファブレット(Smartphoneと Tabletを掛け合わせた造語)を求めるユーザー層を指します。

最近はベゼルレスかつ大画面のスマートフォンが人気ですが、
7インチを越えるファブレットは、ほとんど存在しません

最近ではBlack Shark 3 ProやHonor X10 Maxがこれに当たりますが、
どちらもあまりポピュラーではありませんよね。
ファブレット需要は、ニッチなものなのです。


そんなズルトラ難民、ファブレット好きに朗報です。
Samsungの次期Sシリーズ、Galaxy S21 Ultra(仮称)が7.1インチの超大画面を搭載するのではないか、と言う情報が入りました。

Samsung Galaxy S20 Ultra
ソース元によると、Samsungは、すでに次期Galaxy Sシリーズ(以後S21シリーズと呼称します)のディスプレイサイズを決定し、開発を進めているとのこと。

それによると、最上位モデルのGalaxy S21 Ultraは、7.1インチの超大画面を搭載するとのことです

にわかに信じ難いですね。
実際、この情報は確定情報ではありません。

しかし、前作のS20 Ultraが6.9インチであったことことを考えると、
7.1インチと言う数字は、あながちデマではないのかもしれません

Galaxy U
また、別ソースによると、Samsungは次期Sシリーズ(S21と仮称)のコードネームをすでに“Galaxy U”と名付けているとのことです。。
さらに、SamsungはSシリーズ内での3モデルの明確な差別化に取り掛かっているようです。

どういうことかと言うと、
S21シリーズ最廉価のGalaxy S21はスペックを若干下げた低価格化路線にシフト。ディスプレイを解像度がフルHD+の60Hz駆動にするなどの措置によって、ユーザーが手に取りやすい価格にするようです。

対して、S21シリーズ最上位のGalaxy S21 Ultraは、最上位の性能にした高価格路線を維持。ディスプレイはもちろん、カメラにも妥協しないスペックになることでしょう。


PCやタブレットと比べ、デザインやスペックの特徴が出しにくいスマートフォン。各社は自社スマートフォンに独自性を持たせようと、かなり苦労をしていることでしょう。
そんな中Samsungは、自社のスマートフォンについて、サイズや性能で差別化を図ろうとしているようです。

特に、ハイスペックと大画面を追求したGalaxy S21 Ultraは、Samsungのカラーを強く出せそうですね。

ファブレットが大好きな筆者としては、激アツな情報でした。

source(1)
スポンサーリンク

-ニュース
-, , ,