ユーザー登録(無料)
ログイン

ニュース

Samsung、「今年はGalaxy Noteの新モデル発売を見送る可能性がある」半導体不足も影響


投稿日:


世界的に半導体不足が深刻化していることから、Samsungは今年「Galaxy Noteシリーズ」の発売を見送る方針であることを明らかにしました。


Samsungは3月17日(現地時間)、年次株主総会を開催し、同社モバイルコミュニケーション部門トップ DJ Kohこと高東眞(コ・ドンジン)氏は株主に対して「Noteシリーズはハイエンドモデルとして位置づけられている。我々にとって(Sシリーズと合わせて)1年に2つのハイエンドモデルを発表することは負担になる恐れがあり、今年はNoteシリーズの発売は困難になる可能性がある。来年にはNoteシリーズの発売を目指したい。」と語りました。

高東眞(コ・ドンジン)氏は、「世界のITセクターでは、半導体の需要と供給に深刻な不均衡が存在しています。厳しい環境にもかかわらず、当社のビジネスリーダーはこの問題を解決するために海外のパートナーと会っていますが当社の半導体不足が100%解決されたとは言い難い。」と述べており、世界的な半導体不足がNoteシリーズの発表見送りの理由であるとしています。

また、もう一つの理由として「ラインアップの合理化が重要だ」とも語っています。

Samsungは今年1月に同社ハイエンドモデル「Galaxy S21シリーズ」を発表。最上位モデル「Galaxy S21 Ultra」ではSシリーズとして初めて「Sペン」に対応しました。

Noteシリーズの特徴であったSペンを「Galaxy S21 Ultra」にも対応させたことで、ラインナップの合理化が重要であると考えるのも必然です。

ただし、「Galaxy S21 Ultra」のSペン対応でNoteシリーズ自体の消滅が噂されていましたが、来年の2022年には次期Galaxy Noteシリーズの発表を目指すとのことです。
公式としてGalaxy Noteシリーズの続投を明言したのは今回が初めてです。

source(1)
スポンサーリンク