ニュース

【2ヶ月連続1位】HUAWEI、2020年5月も世界シェア1位!制裁下でもSamsungを抜き連覇

投稿日:

HUAWEI
2020年4月、HUAWEIはスマートフォンの世界シェアでSamsungを抜き、制裁下にも関わらず1位を獲得した記憶は新しいと思います。

そして、なんと2020年5月の世界シェアもHUAWEIが1位を維持したことが明らかになりました。

市場調査会社 Counterpoint Researchのレポートによると2020年5月のスマートフォン世界シェアでHUAWEIは19.7%を獲得
一方、Samsungは19.6%にとどまり僅か0.1%の差ではあるもののHUAWEIが世界シェア1位の座を維持しています。


ただし、HUAWEIの先月の世界シェアは19%、Samsungは17%(※2種類のデータが発表されており、そちらはHUAWEIが21.4%、Samsungが19.1%)

先月比でデータを比較すると、Samsungの追い上げが凄まじいのは明白です。


この要因としてSamsungが5月の米国市場で840万台のスマートフォンを販売し、米国の市場シェア33%を獲得したことが大きかったと挙げられています。


一方、HUAWEIは先月同様、中国国内での買い支えによって世界シェア1位を維持しており、この購買がいつまで続くか不安定です。


また、制裁下であることは変わらず国際市場でのHUAWEIの今後も不透明な状態が続きます。



2020年6月の市場シェアは、Samsungが首位奪還するのでしょうか。
はたまた、HUAWEIが耐えて3ヶ月連続1位を達成するのでしょうか。

順位メーカー世界シェア
1HUAWEI19.7%
2Samsung19.6%
3Apple13%
4OPPO8%
4Xiaomi8%
4vivo8%
7その他23%
余談ですが、OPPO、Xiaomi、vivoはいずれも8%の世界シェアを獲得し、同率4位。
TOP争いも熾烈ですが、TOP4としての地位をどのメーカーが確立するのか三つ巴の戦いにも注目です。

source(1)
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.