ニュース

【業界最高水準】OnePlus 8は、120Hzのリフレッシュレートの2K OLEDディスプレイを搭載

投稿日:

2020年1月13日、OnePlusは中国深センで開催されたイベントにて、同社のスクリーン技術分野の開発を発表し、120Hzディスプレイの完成を明らかにしました。

OnePlus 8の120Hz
イベントでは、OneOlusが発表予定の次期フラグシップ機「OnePlus 8」の特徴が明らかになりました。
OnePlus 8は、リフレッシュレート120Hz、画面サンプリングレート240Hzの2K OLEDディスプレイを搭載し、スマートフォンのディスプレイとして最高峰。

OnePlus 8の色精度
また、JNCN < 0.8の色精度を備えており、業界基準の JNCN < 2 を優に上回り、iPhone 11 Pro Maxの JNCN < 0.9 をも上回る。( JNCDはDisplayMateによる色精度の独自単位。低いほど良い。 )

OnePlus 8のディスプレイ
さらに、同社は滑らかさ、正確さ、快適さの3つの主要な特性を備えた120Hzのディスプレイに対して、次のような最適化を行ったと述べています。

  • スムーズチェーンの最適化
  • MEMC独立チップ( motion estimation / motion compensation:動き予測・動き補正 )
  • 最大120フレーム
  • 240Hzのサンプリングレート
  • JCND < 0.8
  • 製造中のスマートフォンの色調整
  • 4096段階の自動輝度調整
  • 10bitのカラー表示効果
同社は、OnePlus 7シリーズ以降、ディスプレイを重要視するようになり、今や業界の先頭を走るまでになりました。
リフレッシュレートが高いと、"バッテリーの減りが心配"という声もありますが、先日「Optimized Charging」とよばれるソフトウェア制御により、バッテリーの劣化を防ぐ新機能を発表しています。

ユーザーエクスペリエンスの向上のための同社の努力が垣間見れます。
最高のクオリティーになるであろうOnePlus 8シリーズに期待したいです。

source
スポンサーリンク

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.