ユーザー登録(無料)
ログイン

ニュース

HUAWEI、独自アプリストアからテンセントのゲームアプリを削除!現在は和解


投稿日:


中国最大のスマートフォンメーカー HUAWEIと世界最大のゲーム会社 テンセント(Tencent)との間で対立が生じました。



HUAWEIは、2020年12月31日に独自アプリストア「HUAWEI AppGallery」からテンセントのゲームアプリを削除。
既にインストール済みのユーザーの場合は引き続きゲームをプレイすることはできましたが、新たにゲームをインストールすることができなくなりました。


HUAWEIのゲームコミュニティに投稿された公式発表によると、
「Tencent Gamesは一方的に両当事者間の協力に大きな変更を加えました。その結果、継続的な協力に大きな障害が生じました。」としています。

ほとんどのスマートフォンは、GoogleのAndroid OSを搭載し、アプリストアとして「Google Plyaストア」を利用することができます。
しかし、HUAWEI端末には「Google Playストア」がインストールされておらず、「HUAWEI AppGallery」からアプリをインストールする必要があります。

また、Counterpoint Researchの統計データによると、HUAWEIは2020年第2四半期において中国市場で43%を占めるスマートフォンを出荷しており、テンセントからすると「Huawei AppGallery」からの削除は死活問題となるわけです。


お互いに詳細について明らかにしていませんが、情報筋によると、HUAWEIが要求する手数料にテンセントが合意せず、売上の収益分配契約を締結できなかったためとしています。

テンセントはその後、「HUAWEIと積極的に交渉を行い、できるだけ早期に問題を解決できるよう努めます。」と声明を発表。



そして、問題が生じた翌日の1月1日には、再び「HUAWEI AppGallery」にテンセントのゲームアプリが復活しました。

テンセントは、交渉の末、ゲームはアプリストアに復活したと述べ、「双方が協力して、消費者により良い体験とサービスを提供し続けます」と発表。

昨年も、AppleとEpic Gamesとの間で収益分配を巡り対立が生じ、App StoreからFortniteが削除されることがありました。

今後も、アプリ提供元とアプリストア運営元との対立は継続しそうです。

source(1)(2)

スポンサーリンク