ニュース

HUAWEI、武漢での新型コロナウイルス発生を受け、開発者会議を延期

投稿日:

Huawei HDC2020
中国、武漢にて新型コロナウイルスによる肺炎が発生し、中国全土に感染が拡大しつつあります。
中国当局は、約1100万人の武漢市民に市外へ出ないよう指示を行っていますが、その影響が思わぬところまで及んでいます。

Huaweiは、1年に1度の大規模な開発者会議こと「HDC.2020」を2月11日から12日にかけて深センにて開催する予定でした。
しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を危惧した同社は、開催を3月27日から28日へと延期することを発表しました。

「HDC.2020」は、HuaweiがIT開発者向けに開催する会議であり、昨年は新OS「Harmony OS」が発表されたイベントです。
アメリカからの禁輸措置を受けているHuaweiとしては、独自のエコシステムを構築するために少しでも早く開催したかったのが本音なのではないでしょうか。

想定外の出来事で、出鼻を挫かれてしまったHuawei
また、2月はHuawei以外にも多くのメーカーが新製品発表会などのイベントを控えています。
今後も感染が拡大するようなら、同じようにイベントを延期する企業も出てくるかもしれません。

source
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.