ニュース

HUAWEI、Googleマップ代替サービスへ。TomTomと提携

投稿日:

HUAWEI
Huaweiは、Google Mobile Servicesの代替に取り組んでおり、Play Storeの代替となるApp Galleryなどが存在します。
そして、Googleマップの代替となるサービスの提供のため、オランダのナビゲーションシステム開発会社 TomTomと提携したことが明らかになりました。

TomTomは、日本ではあまり馴染みがないですが、北米と欧州でカーナビ市場で2位のシェアを持つ会社であり、Appleとも2012年より提携し、iOSに標準搭載される地図アプリにデータ利用されています。

HuaweiとTomTomとの提携は、しばらく前に締結されており、契約内容は非公開となっています。
Huaweiが独自の地図アプリをいつリリースされるかは不明ですが、グーロバル展開が予想されるHuawei P40シリーズにてプレインストールされる可能性が高いです。

Huawei P40シリーズは既にGoogleサービスが使用できないことが決まっており、Huawei P40シリーズの発表会にて地図アプリなどのGoogle代替サービスの詳細も同時に発表されると予想しています。

source
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.