ニュース

Huawei Mobile Services(HMS)は、Google Mobile Services(GMS)と連携して機能することが明らかに

更新日:

Huawei Mobile Services
HuaweiはGoogle Mobile Services(GMS)の代替品となるHuawei Mobile Services(HMS)およびHMS Coreアプリケーションのテストを開始しました。
そして、一部のスマートフォンでHMSとGMSの両方が並行して機能できることが明らかになりました。

2019年12月25日、HMSはMate 30シリーズ・Nova 6シリーズ・Honor V30シリーズなどのオープンソースAndroidを実行しているスマートフォンに加え、デフォルトでGoogleサービスがインストールされているHuaweiおよびHonorのスマートフォンにもインストールできることが分かりました。

上記は、HUAWEI Mate 30 Pro(左)とHonor V10(右)にインストールされたHMSを示しています。

筆者が所有しているHUAWEI Mate 30 Pro 5G(中国版)でも確認しましたが、「Huawei Mobile Services」の項目がありました。
(購入時のデフォルトではGMSがインストールされておらず、HMSのインストールのみ)

また、Huawei Mobile Servicesは以下を含むアプリケーションをプリインストールします。

  • Huawei AppGallery
  • Huawei Browser
  • Huawei Mobile Cloud
  • Huaweiテーマ
  • Huawei Music
  • Huawei Video
  • Huawei Reader
  • Huawei Assistantなど
HMSはHUAWEIがデバイスエコシステム用に開発したアプリケーションとサービスで、Huawei ID(アカウント)・支払いサービス・メーッセージ通知・仮想ウォレット・セキュリティ検証などが含まれています。

HMS Core
一方、HMS Coreテストパッケージには、ゲーム・ユーザーデータ認証・アプリ内購入・ID検証・スキャン・機械学習など6つのHMS基本サービスが含まれています。

これらのサービスはバックグラウンドでインストールされ、ショートカット/プレースホルダーアイコンが表示され、ユーザーはインストールしてテストするアプリを選択できます。アプリケーションをインストールするには、アプリのアイコンをクリックする必要があります。
しかし、Huaweiはまだマップ、位置情報サービス、IoTサポートなど、他のHMSベースのアプリを導入していません。

これらのHMSベータテストは2019年12月23日より中国国内にて開始されたものであり、日本で利用可能になるには少し時間がかかりそうです。

via
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.