ニュース

HUAWEI、自社SoC Kirinを他のメーカーに販売開始

投稿日:

HUAWEIの子会社 Hisiliconが開発・製造を行うSoC「Kirin」は今までHuaweiおよびHonor端末でのみ搭載されていましたが、今後は他のメーカーにも供給を行うようです。

HiSilicon社は1991年に設立され、今やモバイル向けSoCとして世界有数の半導体メーカーに成長しています。

Kirinは既に5Gモデムが搭載された「Kirin 990 5G」を発表しており、5G時代のモバイル向けSoCとして業界をリードする存在でもあります。

また、SoCのパフォーマンスに関してもKirin 990 5Gを搭載した「Mate 30 Pro 5G」のAntutuスコアは約47万点とQualcomm社の現行の最新SoC「Snapdragon 855 Plus」と同水準に迫る勢い。

さらに、HUAWEIが様々な価格帯のスマートフォンを展開しているため、Kirinも様々な性能のものが用意されており、既にHUAWEIのスマートフォンとして販売されているため実績も十分です。

なぜ、いきなり自社SoC Kirinを販売するに至ったのでしょうか。
おそらく米国による禁輸措置の影響だと考えられます。

実際、HUAWEI 副会長が「2020年は厳しい年になるだろう。」と語っており、会社として売上を安定させるためにKirinを外販するという選択を取ったのでしょう。

現時点で、Kirinを採用するメーカーなどは発表されておりません。

source
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.