ニュース

HUAWEI、売上高が1,000億ドルに減少すると予想。ただ、研究開発への投資は続ける!

投稿日:

HUAWEI
HUAWEIは昨年、2021年までに世界第1位のスマートフォンブランドになるという目標を設定しました。
しかし、最近の米国を拠点とする企業との取引禁止は、この目標を遅らせるほど大きな影響を及ぼしました。

また、深セン本社で行われたHUAWEIのイベント中にて、Huawei Technologies Co. Ltd のCEOであるRen Zhengfei氏は、同社は今年および2020年の売上高が約1,000億ドルまで減少すると予想していると述べました。

2018年,HUAWEIは7,212億元(約104.16億ドル)の収益を記録し、2017年と比較して19.5%増加しました。
Ren氏はHUAWEIの事業は2021年には復活すると見ており、財務状況を厳しいが今後も研究開発に投資し続けると語っています。

Google、ARM、Qualcomm、Intelなどの大手企業はHUAWEIとの関係を断ち切っていますが、最近の報告によると、この状況は米国内のHUAWEI事業だけでなく、ヨーロッパやアジアの各地域にも影響を及ぼしています。

HUAWEIは独自OSである「HongMeng OS」の開発中であることが伝えられていますが、果たして2021年までに売上を立て直し、今後、世界第一位のスマートフォンブランドになることができるのでしょうか。


source
スポンサーリンク

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.