ユーザー登録(無料)
ログイン

ニュース

【Pixel 4aは3.7万円,5は7.5万円か】Pixel 4a,5の追加情報!Pixel 4aは実機画像が生産ラインから流出!?


投稿日:2020年5月19日 更新日:

Pixel 4aの流出画像1

発売日を目前にして、様々な情報が流れている、Googleのミドルレンジスマートフォン、Google Pixel 4a。

さて、今回も、PIxelシリーズに関する様々な情報がリークされました。どれもかなり重大な情報を含んでおり、外せない内容です。
それは、Pixel 4aの価格変更と追加スペック情報、Pixel 4aの生産ラインからの画像リーク、Pixel5の価格情報、の3つです。
1つずつ順番に、追っていきましょう。

まずはじめにお伝えするのは、PIxel 4aの(価格を含む)追加情報についてです。

Appleの新型iPhone SEの発売以前から、その対抗馬になりうるとされてきたPixel 4a。
しかし実際に発表されたiPhone SEは、高性能ながら4万円台という圧倒的なコストパフォーマンス。
そのため、カメラ以外はミドルレンジとなる予定のPixel 4aは、iPhoneと比べて劣勢であるとの見方が強くありました。

しかしここにきて、Pixel 4aが価格改定され、以前の情報よりも価格が下がったということがわかりました。

リーク元によると、Pixel 4aはストレージ128GB版で$349(約37500円)になるとのこと。新型iPhone SEは$399からのモデル展開で、128GB版は$449(約48300円)であることを考えると、これはかなりの低価格です。Pixel 4aは64GB版と128GB版があるとリークされていることから、もし64GB版が存在すれば、それはさらに安くなることが期待されます

また、価格に比べると衝撃度は薄いですが、Pixel 4aにはActive Edge機能が搭載されない、ということもわかりました。
Active Edgeとは、Pixelスマートフォン本体の下半分を手で握ると、Googleアシスタントが起動する機能のことです。それ以外も一部機能を割り当てることができ、アラームやタイマー、着信音や通知音を消すこともできます。この機能はPixel 2シリーズから全てのPixelシリーズに搭載されてきましたが、今回初めてその機能が廃止されることになります。

2つ目の重大情報は、Pixel 4aの追加画像です。これはベトナムの生産ラインからリークされたもののよう。Pixel 4aの化粧箱の画像と、2種類のPixel 4aの背面の画像があります。

Pixel 4aの箱の画像
ベトナムの記事によると、この画像はベトナムの工場で働く社員からもたらされたもののようです。企業は台湾の企業であるとのことですが、Foxconnであるか否かについては伏せられていました。ただ、同じ工場ではiPadやiPhoneが製造されているということなので、これはFoxconnの工場と見て間違い無いでしょう。

次の2枚の写真は、完全に異なる2端末のようです。

Pixel 4aの流出画像2
2つを並べているわけでは無いためサイズ感などはわかりませんが、カメラモジュールに大きな違いがあります。黒の方が白の方よりモジュールは小さく、以前の情報からも順当に考えればこちらがPixel 4a。とすると、こちらはPixel 4aのもう1つの試作機、もしくはPixel 4a XLであると考えられます。これに関する情報は皆無で、今まで無いとされてきたPixel 4a XLが実は存在するのか。それともこの大型モデルはただのプロトタイプなのか。真相は不明です。
すりガラスのような加工で高級感のあったPixel3や4とは異なり、Pixel 4aはザラザラとしたプラスチック製のようです。こういうところで、Googleはコストカットをはかっているのでしょう。

このベトナムでの生産はまだ始まったばかりでラインの規模は小さく、これはテストラインであるとのこと。生産が軌道にのるにはあと1ヶ月ほどかかりそうです。

そして最後は、Pixel 5についての未確定情報です。

ソース元によると、あるRedditのユーザーが突然、Googleからアンケート調査を受けたというのです。その画像を得られたので、下に示します。

Pixel 4a、5の価格情報
調査の内容は簡単です。表の右と左、どちらを選ぶ?というものです。

表の左は、プラスチック製でイヤホンジャックがあって$349のスマートフォン。右は、素晴らしいカメラとワイヤレス充電、そして防水であり、Googleの最新の技術を得られる$699のプレミアムなスマートフォン。

勘の良い方はもう気づいているかもしれません。
これは、Pixel 4aとPixel 5のことを表しているのではありませんか?
Pixel 4aの情報はすでにお伝えしている通りです。Pixel 5についてはまだ情報が不足していますが、コストカットのためにSoCをハイエンドからミドルレンジに切り替える予定だということがわかっています。これを考慮すると、$699という価格は、あり得ないものでは無いはずです。

しかし、調査についてはもちろん、懐疑的な見方が多いです。本当にGoogleはこんな調査を行うのだろうか?そもそもなんのために?
人気を測るために行うにはリスクが大きく、やはり不自然です。鵜呑みにするのは危険でしょう。

未発表のスマートフォンの中でも特に注目度が高い、Pixel 4a。先日も紹介したように素晴らしいカメラを搭載しながら新型iPhone SEを超える低価格が実現できれば、かなりヒットするでしょう。
ただ、発表は当初より遅れており、6月3日に正式発表の予定になっています。期待は高まるばかりですが、気長に待ちましょう。
また今回、Pixel 5の情報も明らかになりました。今のSoCは性能の上昇が著しく、たとえミドルレンジであっても普段使いでは不満はありません。そういう意味では、SoCのスペックを下げて価格を下げるというのは、懸命な判断かもしれませんね。Pixelの将来が楽しみです。

source(1)(2)(3)(4)
スポンサーリンク

-ニュース
-, ,