ニュース

【Apple Cardの対抗馬】米Googleがデビットカードを開発中か

投稿日:

米Googleが仮想兼物理式のデビットカードを開発中であると、アメリカのメディアサイトTechCrunchにて報じられました。


画像の表面からは、ユーザー名とGoogleの「o」を彷彿とさせるデザイン、銀行名、そしてICチップが見て取れます。
Apple Cardと同じように、カード番号は刻印しない形ですね。


同カードはペイメントサービス「Google Pay」と連携し、アプリ内で管理・運用できるとされています。
カードはGoogleとCITIなど提携金融機関の共同ブランドになります。

Google Pay デビットカードでは、アプリ内での番号と物理カードの番号を区別し、よりセキュアな支払いが可能になります。

また、物理カードが盗難や紛失した場合、カードの使用をアプリ内ですぐに停止できます。
オンライン決済で悪用された場合でも、仮想カードの番号を即時変更できるようです。
こういった機能は今までのカードにはなく、Googleだからこそ可能な所業だと感じました。


今回の情報についてTechCrunchがGoogleに問い合わせたところ、否定はされず、かなり信憑性の高い情報となっています。

検索エンジンやAndroid OS、Play ストアなどユーザーが直接利用するサービスを多数運営するGoogleにとって金融サービスは非常に親和性が高く、マーケティング次第では一気にシェアを伸ばすことが推測できます。

Apple、HUAWEIに次いでGoogleの金融サービスへの進出
もはやハードやソフトに留まらずフィンテック分野でも3社の競争が激化しそうです。



source
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かふぇいん

スマートフォンをこよなく愛す学生。 iPhoneは嫌いだけどiPadとMacは好きです。 2月より執筆しております、よろしくお願いします。

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.